カテゴリ:ほん( 236 )

任せる技術 小倉 広

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
最近12時間以上職場に滞在している事が多々あって、第二の我が家化してます。
さてそんなダメダメな私のモチベーションを上げてくれた本をご紹介します♬

任せる技術―わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん

小倉 広 / 日本経済新聞出版社


この本は、2012.1.25に発売されております・

「わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん」が掲載されております。
分かりやすいように、表や例などもあって、導入しやすい内容であります。
この本をこのタイミングで見つけられたのはラッキーでした。

先月の事、上司に「もっと意見を(部下に対して)言っていけばいい」みたいな事を
指摘されました。

元々性格がハッキリしている上、ハッキリ言っているつもりでしたが、
上司の前で、あからさまに「私やってますオーラ」を一切出さずに、
上司がいない所で、指摘や、注意を行なっていました。

しかし上司の目がない所での話。上司は「やっていない」とみなす訳です。
当然と言えば当然なんですけど、媚売るのも嫌ですし。

教え方一つ、本当に頭を悩ませていました。
同じことを言ってもやれる子とそうでない子の格差。
自分の負の要因を媚びて挽回しようとする子。
自分に対して冷静に見られない子。注意されてても全く何も感じない子。

様々な人がいて組織は成り立っております。
でも本当に、その組織に属した人を、いかに効率良く動かすかに仕事量のこなし方も
大きく変わってきます。

この本、本当に私のような肩書きに慣れていない人間には持ってこいです。
肩書きの有無関係なく、本当に参考になりました。

すぐ導入出来るかどうかは不安ではありますが、1つでも多く導入できるように
自分磨きを頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-03-07 22:57 | ほん

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は美容院へ行き、読んだ雑誌に「下着風水」ってあって、下着を新調しました。
更に初試着。BWHのサイズも全部測ってもらって、自分に合う下着をGET!
明日から下着も新たに頑張ります。
さて今日は、老若男女に愛されるスターが表紙の雑誌をご紹介♬

an・an (アン・アン) 2012年 3/7号 [雑誌]

マガジンハウス



性格を変えるメソッドが68掲載されております。
自分の短所も見えてきます。

表紙のましゃは、友達の子供(3歳女子)をも「カッコイイ!」と言わしめてしまう人です。
「カッコイイ!」と言った3歳児の表情たるや、「女」ですからね(笑)怖いですねぇ。

ましゃのインタビューも萌えですが、性格を振り返られる内容に好感が持てます。
自分が目を背けてしまう分野でもありますので、省みるチャンスでもあります。

性格は簡単には治らないけど、少しずつシフトチェンジは可能。
是非、宜しかったらどうぞ♬ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-03-02 23:57 | ほん

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今日も看護師1人でのやりくりです。様々な課題が山積みですけど、頑張ります。
さて今日は、昨日購入した雑誌をご紹介します♫

日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 03月号 [雑誌]

日経BP社


この雑誌は、2012.2.7に発売になりました。

「折れない心 しなやかな体」

このフレーズは、今の私が最も求めていることで、思わず手にしました。
しかも表紙は松下奈緒さん。
スレンダーで知的。更にピアノまで極めていらして、謙虚だけど自分をしっかり持ってる。
そんな感じがする彼女の表紙にも惹かれました。

今の心の状態。体の状態。ストレスの度合い。
客観的に見えるのが嬉しい。

結構、ストレスが溜まっているように感じてましたが、実際そうでもなかったり、
意外な部分で負荷がかかっていたりと、改めて自分を振り返るのに良い記事でした。

以前は嫌な事があったり、思うようにいかない時は、すぐイライラしていましたが、
最近は「マイナスはプラスに!」と気づくと口走っております。
それが良い方向に向かっているのかわかりませんが、
ストレス回避には繋がっているように思います。


心だけでなく体も曲がり角を曲がり、無理がどんどんきかない年齢になってきました。
でも自分が良いと思ったり、やってみたいと思うストレッチや体操を取りれて、
少しでも体を動かす努力はしていきたいと思っています。

この記事の中に「チベット体操」が紹介されています。
心も前向きになって、体調も整えられるのだそうです。
毎日続けるのが難しそうですが、少しでも今やってるストレッチが継続して効果が出れば
取り入れていけるといいなぁと思います。

情報があまりに多すぎて、どれが自分に合うのかわからないまま、新しい情報に流される。
でも、本当に興味があるものでないと続きません。

「折れない心 しなやかな体」

そんな心と体を持てるように、日々精進したいと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-02-09 00:00 | ほん

みなさん、こんばんは。今日も休みのじゅぼんです。
ただ今日、休みですが、昼に委員会のために出勤して、ついでに時間外勤務もしてきます。
バイトで稼いで頑張ります。自分で自分を褒めて頑張らねば!
そんな私に強い味方!昨日本屋で出会った本を今日ご紹介します♪

「ほめ日記」をつけると幸せになる!

手塚千砂子 / メディアファクトリー


この本は、2011.11.18に発売されました。

イラストは「こげぱん」でお馴染みの「たかはしみき」さんです。
非常に可愛らしいイラストと文字で癒されて、
本文も、まるでノートを読んでいるかのような錯覚に陥る感じな
非常に読みやすく、心がぽかぽかしてくる内容でした。

毎日「自分をほめる日記」を書きつづける。

非常にシンプルだけど難しい。だけど続けると必ずプラスの効果が現れる。
そんな日記なのだそうです。

用意するものは、ノートとボールペン。
以上。

自分の行動から内面から外見から、言動から、全てを毎日褒め続けるのです。
それをPCや携帯などの道具に頼らずに、アナログに自分の頭で褒め言葉を考えながら
書き続ける事に意義があるそうです。

11/28~手帳も新たに変わった私は、別にノートを設けて書き始めようと思います。
毎晩書くのも良いですし、翌日の朝に、前日の「ほめ日記」を書くのも良いのだそうです。

読んでて、少し分かったように感じました。
相手に多くを求めない。受け入れる作業に少し似ているように思いました。

毎日「自分を褒める作業」を新たに追加事項に入れて、
年内に少しでも元気が今以上になっていることを願っております。

自分の中に根付いている「マイナス思考回路」がかなり太くあっても、
「ほめ日記」をつけ続けると、回路も細くなって、「マイナス思考」になりにくいそうです。
忙しい年末に入りつつありますが、皆さんも宜しかったらどうぞ♪

どんな境遇の方でも適しております。
子育て中の方、働きながら子育てしてる方、専業主婦の方、独身の方、学生の方。
どんな方でもOKです。思い立った日が吉日です。
そして必ず毎日続けなければいけない訳ではありません。
気楽にまず3日間でもやってみはいかがでしょうか?ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-11-29 00:39 | ほん

大変ご無沙汰しております。みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
明日から「夜勤」「明け」「夜勤」「明け」+「待機」「休み」「休み」の勤務です。
木曜日、夜勤明けの夜には「施設内研修」で講師役を務める事になっておりますが、
資料を作成できずに、今に至ります。現実逃避、じゅぼん。
そんな私が今日「凄い!」と実感したことをお話します。

NHKの教育テレビ(今はEテレって言うんですよね?)で、毎週木曜22時~25分間
「きれいの魔法」と言う、「美」に関する番組がやっております。

以前、「静脈マッサージ」を紹介してた番組でもあります。
今月初め、「コンディションイングでマイナス10歳ボディー」と題して、
現役整形外科医であられる、中村格子先生が、講師をした回がありました。

中々見れずにいて、今日やっと見ました。(これも現実逃避の一環か!?)
実際やってみたら、猫背で下腹がせり出している私の姿勢が、真っ直ぐになったんです。

そしたら今日イオンの本屋コーナーで↓の本を見つけました。

美ボディ女医の体幹プチトレで即くびれ!DVD付き (マキノ出版ムック)

中村 格子 / マキノ出版



DVD付きで、体験者談も書かれています。1冊1000円です。お手頃です。
でも過去に「骨盤ストレッチ」を継続できなかった過去を持つ私は、
今回は心を鬼にして、購入をやめました。

でも大丈夫。録画した番組があります。
更に皆さんにも朗報。↓の本は購入も出来ますし、図書館でも閲覧できます。

きれいの魔法 2011年 11月号 [雑誌]

NHK出版



呼吸法とストレッチをMixした感じで、痛くも辛くもないのですが、
やり終えると姿勢が良くなっています。
背筋を伸ばして歩けることの快感たるや。

朝に1回、夜に1回やるのがベストらしいです。
生理など、周期とかに関係なく出来るのも有難いです。
更に体重が変化しなくても、ウエストサイズがダウンしたり、見た目が変わっていくのです。

体重を落とせても、美しく痩せるのは至難の業です。
人は見た目で印象が決まります。
太っても見た目が痩せてみえるのは、これからの時期本当に嬉しいことです。
西川きよし師匠ではありませんが、「小さなことからコツコツと」ですね。

時間にしても、15分もあれば終わってしまうと思います。
宜しかったらいかがでしょうか?


明日の朝、寒波が来て、一気に冬到来です。
今夜我が家は「もつ鍋」です。現実逃避で、もう作り終えました(笑)
〆はラーメン♪あぁ、デブ街道一直線…。
でも「美しい姿勢の維持」を見につけて、「万年猫背」を矯正したいと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-11-15 19:15 | ほん

ピカルの定理マガジン

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
しかし午後からバイトに行ってきました。時間外手当がもらえるって言う話ですけどね。
さて今日は、昨日やっと近所のTSUTAYAでゲットした本をご紹介します♪

ピカルの定理マガジン

扶桑社


この本は、2011.10.13に発売されました。

お馴染み、土曜の深夜番組「ピカルの定理」のオフィシャルブックみたいなものですね。
DVD付きであります。「ベストがセレクでションしたコントDVD」であります(笑)
この番組を見ていないと意味が分からないフレーズですね。

1000円ではありますが、DVD付きでカラーの中身で、ピカル好きであれば買いの1冊!

実は今朝、新聞で旦那さんの担当のお客さんが亡くなったこと知った旦那さん。
私は何も知らず、夜にその事実を聞かされました。
大変良くして下さった方で、本当に息子のように可愛がってもらったのです。
相当なショックで帰ってきた旦那さんですが、この本を読んで笑っていました。

そうなんです。
前置きが長すぎましたが、落ち込んだ体や心にも笑いを提供してくれるそんな1冊なんです。
もう表紙をめくった所から、私は笑いました。
あたかもそんな化粧品が世に存在しているかのようにモデルになりきる「白鳥美麗」
もうおかしすぎます。

土曜夜11時の枠と言えば、「夢で逢えたら」「めちゃイケ」等、数々のお笑い番組を
排出している枠であります。
ただ欲を言わせてもらえば、「ピカルの定理」だけは、この枠のままでいて欲しい。
今だから面白い。この枠だからいい。あの味はあの枠だからこそいい。

ゴールデンで「ビバリとルイ」は難しいでしょ?ますます目が離せない展開なのに。
この枠にずっとしがみついていき続けるピカルメンバーでいて欲しいです。

震災後、私が一番見逃さずにい続けた番組の1つでもあります。
あまりにバカらしいと思える時もあるけど、笑って元気がもらえた番組であったんです。
何も考えずに笑えるということは素晴らしいことです。
また懲りずに第2弾とか出して欲しいです。

では今回はこの辺で。
[PR]
by jyubon | 2011-10-20 22:37 | ほん

みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております。今日は夜勤のじゅぼんです。
昨夜無事岐阜から戻りました。県内に入り、高速道路工事渋滞が酷く遅くなりました(汗)
今回は、挨拶回りのみで、友人とも2人会っただけで終わりましたが、
充実した帰省でありました。さて今日は、帰省中に買った本をご紹介します。

るるぶ そこ知り 特捜!板東リサーチ (目的シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング


この本は、2011.3.18に発売されております。

東海地方で放送されている番組「そこ知り 特捜!板東リサーチ」で紹介されたお店が
カラーで紹介されております。
歴代のレギュラーや、番組の歴史も合わせて掲載されております。

毎回、帰省する度「東海ウォーカー」は買っていくのですが、
今回は、この本も気になって、880円とお高めではありましたが、買ってしまいました。

「名古屋めし」も様々。名古屋へ行かれた方は、参考になるお店が沢山載っていると思います。
地元民しか知らないようなお店が載っています。
もちろん有名店もありますが、地元の方でも、少し遠出するのに参考になるかと思います。

宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-10-18 12:04 | ほん

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
今から名取まで出かけてお土産買いに行ってきます。明日朝、岐阜に着く予定です。
帰省前に更新。今朝夜勤中に読み終わった本をご紹介♪

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉 / 小学館


この本は、2010.9.2に発売されております。
来週火曜9時~フジ系で始まるドラマの原作本でもあります。

ずっと気になっていたんです。
表紙は、アジカンのジャケット描いている中村佑介さんだし。
ですが、中々機会を逃しておりました。しかしドラマ化が決定!
ドラマを見る前に何が何でも読みたくて滑り込みで買って読みました。

読み出したらあっと言う間。実質2~3時間以内で読めてしまいます。
1話完結なので、読みやすい。

大金持ちの令嬢が刑事。その令嬢の執事が口が悪いが推理力が抜群。
個人情報「ダダ漏れ」なのだが、令嬢が執事に事件の内容を説明して、
執事が解決(謎解き)してくれるのと言うのが、この本の内容です。

ただ問題解決して、その後逮捕して、供述で新たに明るみになった事などの描写はナシ。
執事が謎解きをした時点でゲームオーバー。
非現実的だけど憎めない。そして殺人事件が起こっているのに、どこかシュールで愉快。

この第2弾が来月発売されます。もれなく予約済みです。
読みやすいので、読書が苦手な方でもイケるのではないでしょうか?
宜しかったらどうぞ♪

今日から月曜日まで留守にします。
ツイッターはやるかもしれませんが、mixiとブログはお休みします。
帰省から戻ったら、またいつものペースで更新できればと思っております。
それまで、さようなら。
[PR]
by jyubon | 2011-10-13 12:23 | ほん

猫鳴り 沼田まほかる

みなさん、こんばんは。今日は夜勤のじゅぼんです。
明日はとうとう帰省の夜です。岐阜に着くのは、14日の朝。
約1年ぶりの岐阜なので、どんな感じになるのか?楽しみです。
今日は以前に読み終えた本をご紹介します。

猫鳴り (双葉文庫)

沼田 まほかる / 双葉社


この本は、2010.9.16に発売しております。
ハードカバーは、2007.8月に発売しております。

物語の内容は以下の通り。(本の裏表紙より)

ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦の元に、一匹の子猫が現れた。
モンと名づけられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、
不思議な存在感で寄り添う。まるですべてを見透かしているかのように。
そして20年の歳月が過ぎ、モンは最後の日々を迎えていた…。
「死」を厳かに受け入れ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。


3章から構成されている内容。各章ごとに、時代が(時間が)経過している。
猫を拾って、どんな経緯で飼い猫となり、そして猫の周囲にいる人間の心の移り変わりを
同時に語れている。

動物をペットとして飼った経験がない私は、よく分からない分野の話ではありますが、
人間の闇を上手く表現されている作品だと思いました。

ある意味素直。でも読者によっては「意地悪」にも感じるかもしれない。
人間らしい人間が登場人物として描かれているように思う。

最近、急激な温度差(寒暖差)で、職場の利用者の容態も悪くなっている人がチラホラ。
「看取り」も行っているので、気を抜けないのが日常だが、それ以上に気を遣う。
「人の死」と背中合わせの職場で働いているので、「死」を目の当たりにする機会は多い。
だけど、「死」を厳かに受け入れれるものだろうか?

この小説は、薄めの小説ではありましたが、色々考えさせられる小説でもありました。
ますます「まほかるワールド」から抜け出せそうにありません(笑)ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-10-12 00:00 | ほん

みなさん、おはようございます。今日は日勤のじゅぼんです。
昨日は遅番で、体をひたすら酷使したので、疲れて帰って来ました。
お腹もあまり減らないくらい。ですが、今から紹介する本を読みきってしまったので、
寝た時間は遅くなって、体に疲れが…。今夜は早寝します。
さて今日は、昨夜読み終えた本をご紹介します♪

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

沼田 まほかる / 幻冬舎


この本は、2009.10.10に発売されました。
ハードカバーは、その3年前に出ております。

今年注目の作家「沼田まほかる」さん。ここに来て、文庫本が沢山刷られております。
12月には「アミダサマ」も文庫本化。楽しみであります。

デビュー作「九月が永遠に続けば」を思えば、そこまでドロドロもしていないけど、
最後になればなる程、昼ドラもビックリな程、ドロドロしております。
内舘牧子さん以上のドロドロさ加減であります。

物語は以下の通り。(裏表紙より…)

八年前に分かれた黒崎を忘れられない十和子は、
寂しさから十五歳年上の男:陣治と暮らし始める。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。
彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。
そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。
「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、
陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。


本の帯で、様々な雑誌や新聞で紹介された文が掲載されています。
「絶望の物語」「愛と突きつけられる」など…。

途中から殺人事件がチラつくのですが、どうも現実味がないんです。
最後の最後まで本当にわかりません。
そして最後に、欠けていたピースがカチッとハマるんです。
ハマった瞬間、また悲しみに打ちひしがれます。
それは、読んでみてのお楽しみにして下さい。

よくここまで、ドロドロとして、人間のえぐみのような嫌な部分が露呈するような
内容が描けるものだなぁと、尊敬してしまいます。
あんな男は嫌だ。って思います。あんな男も、どの男のことかは伏せておきますね。

これを読み終えてから寝るまでは、少し時間を要しました(汗)
昼間に読むのも、朝から読むのも、そぐわない内容だと思います。
出来たら夕方~夜~真夜中と、暗い時間帯が向いている内容だと思います。
なのに、朝から更新してすみません。宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-10-11 07:26 | ほん