カテゴリ:らいぶ( 46 )

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今月は色々、本当に色々ありすぎて、ブログをUPする気持ちになれませんでした。
しかし、昨日12年ぶりに生aikoを見て、元気をもらってきたので、大丈夫です。

昨日、「aiko Live tour LOVE LIKE POP vol.15」に行ってきました。
平日、グッズ販売は14時から。
会場から徒歩数分の場所でランチして、10分前に行ったら、あり得ない長蛇の列。
結論からすると、売り方に問題あり。スタッフさんにメールで問題定義しました。
あんなに沢山買ってくれるaikoファンの大切な時間を無駄にしているからです。
全員の並んでいる時間の短縮が可能だと感じたので、もっとちゃんと仕事をして欲しいと
苦言を呈してみました。

結果、2時間並んでTシャツとステッカーとタオルをゲット。
最後まで3000円のバッグ悩んだのですが、辞めました。
ステッカーは、トイレのカレンダーの下に、ビニールのままポスター感覚で貼りました。
イラストも可愛くて、本当に、天は二物以上与えていますね。

そして思いの外、炎天下の2時間待ちが体に堪えたらしく、
電車で1駅分、いつもなら歩くのに、今回は電車を使わせてもらいました。
往復280円で体力温存出来たので、有難かったですし、仙石線初乗車でした、私。

ライブ前に、夕方5時に夕食を済ませ、買い物をして、ライブに行くと、
トイレの長蛇の列。あらかじめ駅で済ませた私たちは、「会場でトイレは無謀」と痛感。

そしてライブの始まりです。
幕が降りた瞬間、私達の場所からaikoは見えなかったけど、歌声は聞こえて、
それだけで感極まって、泣いてしまいました。
「♪泣いてしまうなんて もったいない」と歌ってるaikoに反して号泣。

12年前、名古屋ダイアモンドホールで彼女のライブに行った以来のライブ。
お互い年を重ねました。25歳になる年だった私達は37歳になる年になりました。
でもaikoは、12年前と変わらず元気いっぱいにステージを駆け回ってました。

即興で歌を作ってくれたり、MCも面白かったり、サービス精神旺盛だったり、
「時間大丈夫?」と、本気で心配したりして、結局3.5時間のライブでした。

そして何より驚いたのが、アンケートを書く人の多さたるや。
あらかじめ記入しておいて、ライブの感想だけを書くだけにしていた私たちは、
早く書き終えたのですが、会場の外に、あんなに机とカゴがあって、
そして人だかりで、本当にビックリしました。aiko愛なんだろうね。
そしてaikoが読んでくれると信じているから、みんな一所懸命書くんだろうね。

いいことだけをスポンジのように吸収して、
嫌なことや辛いことは会場に全部置いていって下さい。

そう言った彼女の心意気が、本当に嬉しかった。
人の心は、そうやって前へ向けて、リセットみたくしながら、生きていくものなのだと、
改めて考えさせられました。

ハラワタが煮えくり返るような想い、口からエイリアンのように毒々しいものが
出そうな感情、拉致があかなくて、もがき苦しむ想い。
今月はそんな感情から始まった月でした。
そしてそれを乗り越えて、ライブに挑み、ライブで心が浄化されました。

また機会があったら、aikoのライブに足を運べたらと思います。
本当に楽しい時間をありがとう。aiko、私も頑張るわ。

セットリスト(ネタバレですので、見たい方だけどうぞ)
[PR]
by jyubon | 2012-09-19 10:42 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。

今日は待ちに待った「ap bank fes '12 Fund for JAPAN みちのく」に行ってきました。
セットリストは、後日色々調べたりしてUPするとして、
まだ興奮冷めやらぬ心を持っている間に、感想をUPしようかと思います。

bank band登場。
ナオト・インティライミでボルテージは最高潮。
全力疾走しました。飛んで跳ねて、タオルをブンブン振りまくりました。
息も上がり、だけど、ナオトから最高のチカラをもらいました。

スキマスイッチの番。大橋クン痩せた?顔が…首がちゃんとある(汗)スッキリしてました。
「全力少年」「奏」と来て、もう「奏」のイントロで一気に自分の世界に浮遊。
最後のサビで涙が頬を伝い、改めて「奏」の名曲ぶりに脱帽。歌のチカラ圧巻。
そして自分たちで「ap bankの準レギュラー」と言い(←全く悪気もなく大橋クンらしい)、
「ミスチルの代表でここで歌ってます」と言い放ち、ミスチルの「いつでも微笑みを」を歌い、
最後に新曲の「ユリーカ」を歌いました。

続いてはポルノグラフティ。新曲は曲名が聞いたことがあるのにわからない私。
そして「アゲハ蝶」「ハネウマライダー」で終わりました。
「僕たちは野外でのライブで雨を降らせてきました」とMCした頃から小雨が…。
自分たちを卑下して「雨は僕たちのせいです」と、なんとまぁ低姿勢なアーティストでした。

そして最後に吉川晃司!!!今日が誕生日。47歳おめでとうございます!
COMPLEX時代の曲「BE MY BEBY」「1990」を歌うとは!(音源は↓)

最後に「モニカ」で〆。
「1990」を代表でUPしておきます。職場の今日夜勤頑張ってる同僚がこの曲好きなので。

そしてBAND Actは「ACIDMAN」「くるり」は殆ど聞けなかったので、スル~。

最後のミスチル。
名曲から始まり、名曲で終わりました。渾身のチカラを込めて歌い腕を振り続けました。

最後の最後は、ポルノと吉川氏以外のアーティスト総出で「to U」を熱唱。
女性パートを歌う女性アーティストがいなかったので、会場のみんなで歌いました。
この曲は、やはり反則です。泣きながら歌ってました。
昨年の震災後に、この曲を聞いて号泣してたのを思い出します。


かいつまんでではありますが、サラッと感想を書きました。
最後に、bank bandで紹介された「奥野敦士さん」について、少し話をします。

1990年代のバンドブームの中にいたバンド「ROGUE (ローグ)」
そのボーカルをしていたのが奥野さんでした。
毎年この曲がap bankで歌おうと出るのですが、最終的に選考から落ちていました。
それが今年、桜井さんが色々調べたら、奥野さんは数年前に事故で半身不随になっていて、
その状態でも歌手として懸命に生きている事を知って、ある曲を会場で一緒に歌いたかったと。
でも奥野さんの体調が優れないので、ネットでUPされてる今現在の奥野さんの歌と
bank bandがコラボして歌い、最後に歌った曲が↓

ROGUE (ローグ)「終わりのない歌」


この曲を聞いて懐かしく、当時聞いたことがあったと痛感しました。
縁やタイミングとはすごい絆でつながっていますね、本当。

今日、行けてよかった。神様からの誕生日プレゼントだと思って明日から頑張ります。
ではまた。

セットリストはこちら…
[PR]
by jyubon | 2012-08-18 23:43 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は、待ちに待った「久保田利伸氏」のライブに行って参りました!

行ったのは、ライブ自体人生で初体験の職場の9コ年下の男の子と2人。
彼は昨日から腰を痛めていて、本調子での参戦ではありませんでしたが、
非常に大満足して行って帰ってきました。

まずミラーボールに心奪われて、DJの音にボルテージが徐々に上がり、
演奏者やコーラスの方々がステージに出られて、久保田氏登場!
ファンキーでした。もう一気に魅了されました。

25周年と言う事もあり、新旧織り交ぜて歌ってくださいました。
(曲名は「セットリスト」をクリックすれば見ることが可能ですが、
 今後にライブ参戦を控えていらっしゃる方はご遠慮下さいまし)

もっと体を全部使ってノリノリで踊りたかったのですが、
与えられているのは限られた座席のスペースのみ…。
心は、体一杯でノリノリでおりました。

アカペラで歌いながら、お客さんに着席を促したり、全てがカッコイイ!
ダンサーさんも「劇団四季?」と思う程、ミュージカルさながらの全身運動がハンパなく、
手拍子も忘れ、ダンサーの踊りに夢中になってしまう一幕もあったりしました。

トータルで3時間弱。
あっと言う間の非現実的なファンキーナイトでした。
素敵な時間をありがとう。
しばらく「久保田サウンド」で、私の毎日はファンキーな毎日を送れそうです。

40代が元気に活発に活動されている姿を見ると、
30代で元気を失いそうな私は、自分で自分をムチで叩いて覚醒せねば…と思います。
沢山の元気と勇気と優しさと愛情を今夜のライブで注いでもらったので、
少々のことで落ち込んだりしないようにしようと思います。
ではまた。

セットリスト(ネタバレですのでご注意!)
[PR]
by jyubon | 2012-01-09 23:28 | らいぶ

2011年 ライブ参戦記録

■2011年のライブ参戦■

2/18(金)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Tour 2010-2011「VIBRATION OF THE MUSIC」
Zepp Sendai

2/19(土)
HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-
東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)

5/26(木)
WORDS OF HOPE FOR TOHOKU SUPPORTED BY GIP
ゴスペラーズ/ナオト・インティライミ
仙台Rensa

7/17(日)
ap bank fes'11 Fund for Japan パブリックビューイング at仙台
あすと長町 89ERSドーム

9/17(土)
LIVE福島 風とロック SUPER 野馬追 in郡山
磐梯熱海スポーツパーク

10/4(火)
JUN SKY WALKER(S)
TOUR 2011「Walk to TOHOKU」
仙台 darwin

11/20(日)
ゴスペラーズ坂ツアー 2011~2012“ハモリズム”
仙台サンプラザホール
[PR]
by jyubon | 2011-12-31 23:55 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
昨日は日差しが温かく、だけど日が翳ると一気に寒く、仙台は強風で、
気分はT.M.Revolutionでした(笑)
そんな昨日、待ちに待ったゴスペラーズライブに行ってきました!

思えば、震災から2ヶ月あまりで、5/26復興支援ライブでスタンディングで彼らを見て
もう半年の月日が流れていたんですね。

開演ギリギリに滑り込み、汗だくで呼吸を整えていると、始まりました。

古代ローマを思わせるようなセット。
カーテンもキレイなライトで美しく、その中からナレーションが始まり、
アカペラが聞こえ始め、ゴスペラーズが登場します。

アカペラで3F席まで包み込み、一気に彼らの世界観の中に誘われ、現実を忘れました。
多くを語らない彼らの歌声が、逆に胸に沁みてきました。

一緒に行った元同僚で友人の彼女は、復興支援ライブで初めてゴスペラーズを見て、
アカペラ以外の彼らを見るのが初めてで、彼らが軽快に踊り、歌い、舞う姿に
かなり驚きを隠せないでいました。


大人のライブ。大人の恋愛。大人の世界。

言葉はいらない。

そこに彼らの歌があれば、それでいい。


そんな印象すら受けました。
歌って踊れる素敵なお兄さん達は、昨日も最高でした。

低音ボイスの陽ちゃんは、ドSキャラだと思っていましたが、
ジャニーズ所属かと目を疑うほど、投げキッスの連続でした。

MCで「今までで初めてこんなに愛を感じたライブはありませんでした」と言ってました。
更に「二度とこんな恥ずかしいMCはしないと思います」と付け足されましたが…。
低音でない陽ちゃんの声が好きな私は、更にメロメロになりました。

基本、黒沢さんの歌声が大好きな私。
昨日の黒沢さんは、いつも以上に声量が凄かった。
聞いている私は、鳥肌も立つし、感極まって涙が出るぐらい、本当に魂が揺さぶられた。
これだからゴスペラーズライブは、「なんどでも」行きたくなるんです。

ずっとずっと、何十周年になろうとも、
「永遠に」のキーを下げずに歌い続けると言って下さった黒沢さんの言葉を信じて、
彼らのライブに「なんどでも」足を運びたいと思います。


昨日は、最高のライブに行けて本当に良かった。
テンションがMAXだった私達は、2時までライブの後にカラオケで歌いまくりました(笑)
ではまた。

セットリスト
[PR]
by jyubon | 2011-11-21 17:27 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
昨日のLIVEの疲れが多少残っていましたが、今日は美容院へ出かけ、
好きな文房具のお店にも行けて、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

さて昨日、Jun Sky Walker(s)のライブツアー「Walk to TOHOKU」に参戦してきました。
お客さんは、同世代~お兄さんお姉さん世代。
青春をJ(S)Wの曲を聞いて過ごした人たちの集まりでした。

ライブハウスは小さく、会場の真ん中で見ていたのですが、非常にステージが近い!
肉眼でドラム以外の3人は確実に大きく見える位置でした。

震災後、1組のアーティストだけのライブには行っていなかったので、
今回がそんな意味では、私にとって「復活第1弾」のライブ参戦でした。

感想は、とにかく最高!
感動あり。涙あり。大声で叫びまくり、歌いまくり、体力の限りジャンプして、
あっと言う間の2時間でした。

今まで楽しく懐かしく聞いていたナンバーが、突然泣けてきたりもしましたが、
それも良い思い出です。

新曲も2曲も聴けて、You TubeにもLIVEの映像が流れるらしく、今から楽しみです。
今までの復活ライブでは聴けなかった懐かしいナンバーも多々聞けて、
一気に気分は中高校生に戻りました。
肉体は30代後半ですが、頭の中と心の中は10代に戻り、青春してきました!

完全復活宣言をしてくれたので、また彼らのライブに足を運ぼうと思います。
前回のライブで一緒に行った子が今、入院しているので、今度のライブには、
昨日一緒に行った同僚と、今入院してる子と3人で是非、足を運びたいと思いました。

生きていれば、どうにでもなる。(いい意味で)
純粋に音楽を楽しんでいられることが、こんなにも素敵で素晴らしいなんて、思わなかった。
震災に遭ったからこそ、感じられる境地に立てて、同僚と感無量な想いで帰って来ました。
新曲がCDで発売される日、そしてまた仙台に来てくれる日を楽しみにしています。
J(S)W最高!ではまた。


[PR]
by jyubon | 2011-10-05 18:14 | らいぶ

みなさん、おはようございます。今日は休みのじゅぼんです。
しかし午後からアルバイトに行って来ます。職場の入浴介助のバイトです。
つまり時間外勤務って事です(笑)今日は寒い。
日曜日35度近くあって、昨日は20度前後。今日も20度前後。
体がついていかない感じが否めませんが、頑張ってます。

さて先日、9/17(土)に朝2:30(夜中か)に起床して、4時に自宅を出発して
「LIVE福島 風とロック super 野馬追 in郡山」に行って来ました。

色々愚痴もありますが、mixiで述べたので、ここでは割愛させていただきます。


感想は、もう最高でした。福島最高!
シークレットゲストの内田裕也さん、名古屋から生中継でユニコーン。
もう驚きの連続でした。

福山雅治さんは生の姿が拝めず(背が低いから見れなかった)
更に大画面でも、殆ど見れなかったのですが、最後の方で少し拝めました。
でも人間諦めちゃいけない。最後の最後で、生のましゃを拝めて…(涙)
オーラがキラキラしてました。違うわ、本当。


少しですが、自分が見たアーティストの方々の感想を述べさせていただきます。

まず、RIP SLYME。
6月に仙台サンプラザホールでライブがあるはずでした。
でも震災の影響で、会場使用不可で払い戻しされました。
現在は仙台のライブ会場は殆ど使用可能で、どんどんライブも行われておりますけどね。

話がそれました。
そんな彼らのライブをまさか見られるなんて、本当に嬉しかったです。
ただ私、大興奮だったのでしょう。体力のおよそ7割をここで費やしてしまいました(笑)
「ONE」のようなメロウなナンバーは1曲だけで、あとはノリノリな曲で元気をくれました。
セットリストは…
「GOOD TIME」「楽園ベイベー」「熱帯夜」「ONE」「バンビーナ」「JOINT」

RIP最高!RIPありがとう!


さて次に、ユニコーン!
実はシークレットゲストで、名古屋のガイシホールから生中継でした。
誰もいないガイシホールで、ライブさながらの演出。
テッシーとEBIさんがワイヤーアクションで、天井からつるされて演奏して…。
中継トラブルで音声が途切れまくっていましたが、
ご好意で、福山雅治さんの後に再放送がされました。2度美味しかったです。
セットリストは…「レディオ体操」「WAO!」「ヒゲとボイン」

まさか、ここでユニコーンを見れると思わなかったので、本当に嬉しかったです。
周囲でノッて歌ってるのは私くらいでしたが、楽しかったからいいんです。
多分若い子は曲を知らなかったのでしょうね(汗)


そして、私が一番泣けたのは、サンボマスター。
CMでお馴染みの曲など、もう激しくて泣ける曲ではないのでしょうが、泣きまくりました。
山口クンの、魂の熱い叫び。訴えかけ。県民の心を鷲づかみ状態。




そして福山雅治さんですよ。あの歌声は最高でした。
最後に聞いた「家族になろうよ」は何度も聞いているのに、
生で聞くと違いますね。涙がポロポロこぼれてしまいました。
話し声にも癒し効果があるんでしょうか。彼にはもの凄いオーラがありまくる!
ましゃ、ありがとう!


大トリは「猪苗代湖ズ」。
RCサクセションの「トランジスタラジオ」を歌ってくれました。
また山口クンの問いかけに泣いてしまいました。

アンコールで全出演者で「Ilove you & I need you ふくしま」を熱唱。

会場も一緒になって歌ってました。 この曲は本当に泣けてきます。


今↑の映像を見ても、泣けてしまいます。
パブロフの犬状態なんですかね。

本当、このイベントに参加できて良かったです。
このチャンスをもらえた事を感謝して、福島で頑張ろうと思います。
「あきらめないで どんなときも」ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-09-20 10:46 | らいぶ

みなさん、こんにちは。今日は休みのじゅぼんです。

昨日は夜勤明けで、だめもとで「ap bank fes'11 パブリックビューイングat仙台」へ
向かいました。そしたら、オープニングのBank Bandだけ見れないだけで、
あとは全部見れました。奇跡です。
途中、熱中症になりそうでしたが、水分補給で最後まで楽しむことが出来ました。

無料で、過去にチケットは取れたけど台風で行けなかった「ap bank」を見れて
全てに感謝する1日でした。

諦めなかった自分。平和だった夜勤。頑張ってくれた夜勤の面々。
おかげで定時に上がれました。そんな自分を連れて出かけて付き合ってくれた旦那さん。
会場のお客さん。スタッフさん。そしてわざわざ来てくれた一青窈さんなど。
本当に全てに感謝でした。

感動して泣けたのは一青窈さんの歌った「時代」。中島みゆきさんが作ったこの名曲。
過去に何度も何度も、色々なアーティストの方々が歌われていたのですが、
生で、感情を思い切り込めて魂の叫びとも言える歌声で歌われて、
歌っていた本人も涙で歌が詰まる程の「時代」涙が溢れてしまいました。
改めて「歌の力」を痛感しました。

そして一番初め、既に泣きそうになったのは、ナオトでした。
ナオト・インティライミの「今のキミを忘れない」を聞いて、5月の復興支援ライブが
シンクロして、更に歌の力も加味して、涙ぐんでいました。
初めて聞いた旦那さんも「ナオト面白いね」って言ってました(笑)

最後の最後、泣いた曲は総出演者で歌った「to U」でした。
旦那さんが「震災後に作った曲みたいで、震災後からこの曲は何度聞いてもダメだ」
と言ってました。私は会場で休憩中に流れていても、頭に入ってこないで、共感できず。
しかし、みんなで歌っている姿と歌詞を再度聞き込んで涙がポロポロ。夫婦で泣いてました。

トータス松本さんが、自分の出番の時のMCで言っていた言葉があります。
「歌を聞いて元気が出ましたとかもらうけど、自分は歌って元気が出んねん。
 聞いて元気の出る人は聞いて、歌って元気が出る人は歌ったらいいねん。」と。

アーティストと言う立場の方々が、今回の震災で自分の無力さや
「歌を作っている場合じゃない」などと立ち止まってしまったりと、
様々な葛藤と戦って見えたのを、皆さんの言葉から感じました。

だけど、私の場合、震災後数日間は「歌なんて聞いている気分じゃない」と思いましたが、
やはり救われたのは「歌」でした。「歌が聞けるんだ」と思えました。
歌を口ずさめて、歌えた自分に喜べました。

そんな頃を、トータス松本さんの話を聞いて思い出しました。
そして昨日のパブリックビューイングに参加させてもらって、痛感しました。
「歌の力は凄い。繋がりを感じられる。みんなの熱い想いが伝わるモノが歌なんだ」と。

平穏な毎日が過ぎていく中で、今朝の「なでしこJAPAN 世界一」と
元気のない日本を背負って、日本に元気を送ってくれる方々が日本に、世界に沢山いるのだと
本当に感動しました。

私は昼に起きたので、起きて旦那さんに聞いて全身の毛穴が開いたかと思えるくらい
ビックリしました。そして目が覚め、感動しました。

世の中3連休最終日。私は今日しか休みじゃないけど、色々考えさせてもらえて、
そして感じる事が出来た、良い休日でした。本当に全てに「ありがとう」です。

皆さんにも、良い1日1日が過ごせますように、お祈り申し上げます。ではまた。

ap bank fes'11 Fund for Japan パブリックビューイングat仙台(2日目)
[PR]
by jyubon | 2011-07-18 14:15 | らいぶ

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
昨日は朝の8時~夜中の12時まで、友人と濃厚な休日を過ごして参りました。
気づけば、朝はココスで、昼はシダックスで、夜はサイゼリアでドリンクバー制覇です(笑)
あまりに沢山の予定を詰め込みまくったので、達成できるか多少自信がありませんでしたが、
無事達成!最後に夜にライブ参戦と、もう最高の思い出の5/26でした。
今日は、その参戦したライブのお話を紹介します。

『WORDS OF HOPE FOR TOHOKU SUPPORTED BY GIP』
このイベントは、5/25.5/26.5/28の計3日間行われます。
司会に、古坂大魔王で仙台放送で毎週土曜にやってる「あらあらかしこ」の代打司会者、
最近では「雑学王」でもお馴染みかもしれませんが、生で彼を見て、前のお姉さんと興奮。

東日本大震災復興イベントの1つとして、ゴスペラーズとナオト・インティライミの
2組のアーティストが出演。チケットも3000円と破格。
全て復興支援のための義援金になります。
値段も安価ですし、いくら大物アーティストでも、たっぷりはやらないと思っていました。
そしたら結局約3時間のライブでして、興奮で胸もお腹もいっぱいでした。

まずは、ナオト・インティライミ。
彼を生で見るのは初めて。曲は有線で流れているのや、TVからや、You Tubeで聞く程度。
根っからのファンの方からしたら、ひよっこです。
セットリストは順番も曲名もよく分かりませんが、自分の記憶どおりだと以下の通り。

01.タカラモノ~この声がなくなるまで~
02.今の君を忘れない
03.おまかせピーターパン
04.Brave
05.カーニバる?
06.マワセ マワセ

ナオトは、熱い男で、色々な経験をしているからなのか、言葉1つ1つに重みや想いが
凝縮されていて、彼のMCの言葉に泣けてきて、更にアコースティックver.で歌った
「Brave」にも涙しました。
彼のワンマンライブ、いつか仙台でやったら、絶対に行きたいと強く思いました。

そしてゴスペラーズの登場です。
会場の大半がゴスペラーズ目的ではありましたが、
ナオトがMCでゴスペラーズの酒井さんに自分が似ていると、言っていたので、
酒井さんが「ナオト・インティライミです」と登場!本当に似ていました(笑)
バンドもなく、5本のマイクと5人の体だけでアカペラでライブでした。
もう最高でした。曲順やタイトルも覚えている限りですがUPしますね。

01.いろは
02.ひとり
03.さらば涙と言おう
04.あの鐘を鳴らすのはあなた
05.Armonia
06.NEVER STOP
07.終わらない世界
08.星屑の街
<アンコール>
01.Stand By Me feat.ナオト・インティライミ


アンコールでは、会場のみんなも一緒にハモりました。
私は低音で、友達は高音で、丁度分けられた場所だったので、
つられないように頑張りましたが、多分つられてました(笑)

ゴスペラーズの中で歌っても、ナオトは存在感を放っておりました。
パワーと歌声の力強いこと。
そして、昨日の素敵な空間だったことを、ナオトはブログで更新してくれたので、
そちらも宜しかったら、ご覧下さい。

ゴスペラーズは、本当に凄かった。生歌、アカペラが本当に凄かった。
私、過去にゴスライブに行った事がありますが、「ひとり」を聞いて涙したのは初めて。
鳥肌も立ちっぱなしだし、生の凄さを体感しました。

生だからこそのアクシデントも所々にありましたが、それがまた嬉しかった。
一緒に行った友達も、初めてゴスペラーズの生歌を聞いて、感動しておりました。

歌を届けてもらえて、自分達で足を運んでみて、本当に行って良かった。
足や手が痛みや疲れで限界に近かったのですが、休めば治りますし、
心にかなりの潤滑油をたっぷり注入してもらった感じです。
心のコラーゲンがたっぷりな感じですかね(笑)

素敵な1日は、自分次第で可能な事が、改めて実感しました。
小さな勇気と小さな一歩の繰り返しで、成立するものなんだと思いました。

今までは「いつでも出来る」と思っていたことも、確かにいつでも出来るけど、
せっかくするのなら、思い切りしてみようとか、気持ちに変化が出てきたことも事実です。
しばらく、遠出はしなくても良いくらい、沢山のお買い物も出来たし、
カラオケも行ったし、ココスのモーニングバイキングもデビューしたし、
最後に最高のライブに参戦したし、この上なく幸せです。

ただ今から職場に行ったら、一気に現実に戻されますけど(笑)
素敵な1日を過ごせた友人と、ナオト・インティライミとゴスペラーズに感謝。
またいつか生歌を聞きに行きたいです。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-05-27 14:54 | らいぶ

みなさん、おはようございます。今日は日勤のじゅぼんです。
朝時間、少しだけ過ごせそうです。
今から急いでシャワーを浴びて、準備して、マック経由で出勤しようと思います。
さて今日は、土曜日に参戦したライブの感想をUPします。

2/19(土)
秦基博クンのライブに初参戦。
連れと現地で合流と言う形になりながらも、会場に着き、席に着いてから、
私は本を読み始め、気づくと40ページくらい15分位で読んでおりました。

ライブが始まって思ったことは、意外に後ろの方なのに、近く感じたこと。
秦クンの若干ぽっちゃりな体つきが、旦那さんに似てるなぁと思ってしまったこと。
照明の加減で、客席が明るくなったりして、多彩な雰囲気のライブでした。

サポートメンバーの方はベテランの方なのでしょうか、
私より年上な感じがしましたが、秦クンの人柄に似たお兄さん達の集まりで
ほっこりとして、良い雰囲気でした。

静かな曲調が多い秦クンなのですが、結構活気溢れた曲も沢山やって、
沢山泣くつもりで行った私は、驚いてしまいました。

ただ、生で聞いた「鱗」は泣けました。「アイ」は鳥肌が立ち続けました。
あの独特の素敵な歌声は、良い意味でズルいなぁって思いました。

客層がかなり幅広くて、カップルや夫婦で来てる人も多数で、
彼の歌声を聴きながら、旦那さんと来たかったなぁと思っておりました。
今度、ボードの時期じゃない時にライブがあったら、旦那さんと是非来たいと思いました。

隣の席が家族さんだったのですが、子供さんに「○○って言って」と頼んでるお父さんが
何だか可愛くて、微笑ましかったです。
子供の声は会場に通って、爽やかで、あの感じがいいなぁって思いました。

実は、私間違ってチケットを1枚余分に購入していたのですが、
その1枚を買ってくれた友人が、セットリストをUPしておりました。
凄いなぁ。私の方が秦クンファン歴長いはずなのに、セットリスト全然覚えてないし。
彼にも感謝致します。セットリストは「More」に入れておきます。ではまた。

More
[PR]
by jyubon | 2011-02-21 06:17 | らいぶ