「ほっ」と。キャンペーン

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
今日は完全に安静日です。何故ならば、昨夜バービーボーイズのライブ参戦で疲れた体を癒す為。

昨日は最高の日でした。
生憎の雨模様。ある意味、雨女じゅぼんの威力満載でした(笑)
グッズを買う為に少しだけ早目に行ったら、あと30分で買える時間。
そのまま並んで待っていたら、何と!一番のりで買えました♪
この快挙は、レミオロメンの2005のZEEPツアー以来のことです。

そして開場時間までロッテリアで待機。私はTシャツを買ったので、それを着込みました。
開場が始まって、テレビカメラの存在に気づきました。更にインタビューを受けてる人もいて。
カメラをよく見ると「NHK」のステッカーが…。
そうです、3/3の「SONGS」のための撮影だったのです。凄い。幸先が良すぎる。
自分がインタビューを受けた訳でもないのに、感動してしまいました。

そしていざ会場へ。
参戦者は私達世代より年上な感じ。もちろん若者もいましたが、少なかったです。
そして私と同僚は会場の真ん中よりエンリケ側へ。更に前の方へ。
中央より少々前辺りに落ち着きました。カップルが目立ちました。会社帰りのサラリーマンも。
そういえば、グッズを買う列で並んでいた時、後ろの男性2組が関西弁でした。
関西から参戦されたのでしょう。凄いなぁと思いました。

そうそう、さすがバービーボーイズ。男女の割合が半々な感じでした。
私の前には180cmはあるであろう旦那さんが(隣に奥さんがいた)立っていましたが、
その隣の隙間からステージが見えたのでラッキーでした。

さて開演です。(ネタバレあります。ご注意あれ♪)
[PR]
by jyubon | 2010-02-27 03:54 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
最近、夜勤明けでの睡魔がハンパないです。春はあけぼのなんですかね?
さて今日は、火曜日から読み始めた本を読み終えたので、紹介します。

ジーン・ワルツ

海堂 尊 / 新潮社


この本は、2008.3.20に発売された本です。
今回の主役は女医さん。産婦人科医。不妊治療のエキスパート。

何気に、「極北クレイマー」とリンクしていたり、徐々に本質が見えるあたり、ワクワクします。
今回の問題点は「代理出産」。更にお国(厚生省)に対して、反逆を静かに行うお話でもあります。

この本の存在は知っていましたが、読もうと思ったのは、今年秋に映画化されるのを知ったからです。
主演は菅野美穂ちゃん。「冷徹な魔女(クール・ウィッチ)」と呼ばれた主人公:曽根崎理恵。

小説だけど、現実をつきつめて書いてある話で、産婦人科医療に対して警鐘を鳴らしています。
そして色々考えさせられる部分もあります。
何より、話を読みながら「妊娠とは?」等の生物学が学べてしまうのが凄いです。

話が進むに連れて、「クール・ウィッチ」が動き出し、彼女の過去も見えてきて、
更には「医学のたまご」と言うお話にリンクしていると言う感じ。
海堂作品は、読み出したらキリがない。いや、全て読まなきゃ気がすまなくなります。
だって、どこかで、誰かが、何かが、物語が繋がっているんですから。

話は本題に戻って、曽根崎医師が行ったことが、良いか悪いか?
答えは「わかりません」となる。それは現実。それがリアル。だけど、それでは前に進めない。

失ったものが彼女を変えた。産み落とす行為の手助けをしながら、厚生省に楯突いて、
更には自分の思い描いたように動かそうとする。彼女は若干32歳。凄いパワーだ。
ただ賢いだけではない。医学を学び、医療を全うに遂行しようとした結果、
厚生省に立ち向かわなければいけなくなった。私が彼女ならどうしただろう?
是非とも映像化された映画を早く見たい気持ちになりました。宜しかったらどうぞ♪

明日はバービーのライブ。思い切り楽しんできます!ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-25 23:59 | ほん

恋するベーカリー

みなさん、こんばんは。今日は夜勤のじゅぼんです。
さて、昨日観て来たもう1本の映画をご紹介♪

恋するベーカリー←クリック♪

この映画は2010.2.19~全国公開されています。
昨年「マンマ・ミーア」を見て、一気に大ファンになった、メリル・ストリープ主演です。
ちなみに彼女が「プラダを着た悪魔」に出てた人だと知ったのは、つい最近です(汗)

バツイチのシングルマザーでベーカリーの経営者ジェーン(メリル・ストリープ)。
3人の子供も巣立って行き、虚無感のような、心にポッカリ穴が開いたような、
何か物足りない生活を送っていた。そんな矢先、元夫と偶然に何度も出会い、
行きずりの一夜を共にした所から、彼女の心も生活も変わっていく…。

R-15指定の映画でしたが、確かに大人な部分は含んでいました。
でもそれよりも、軽快に話が進んでいき、時に胸がときめき、ドキドキ鼓動が聞こえそうな位、
情熱的な視線を送られたり、嫉妬してみたり。本当に若者の恋愛より純愛な感じ。
だけど、思わず笑い声を上げたくなる場面も多々あり、本当に面白かったです。

今、映画界は40代以上に観てもらう為の映画を沢山作ってるように思います。
だからターゲットも40代以上の大人だったりする訳で。
実際、私が見た時も、私の母世代の方々が多く、共感しながら笑っていたように思います。
だからと言って私世代の人が見ても、もれなく楽しめます。

ただ、純愛映画のような分かりやすいハッピーエンドではなく、本能と現実との狭間で揺れて、
その上で結果をより前向きに出していく術は、大人だなぁと思いました。
産みの苦しみのようなものが出ていたと思います。産んだことない人間が言うのもなんですが(笑)

胸をはだけていても、いやらしくなく、かっこよく素敵なメリル・ストリープに乾杯♪
そんな感じです。あんな素敵な大人になれたらいいなぁ。そう思える映画でした。

実は昨日、もう1本映画を観るつもりでいました。1日3本の映画鑑賞。
だけど集中力も切れて、諦めました。でもいつかやってみたいなぁと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-24 00:38 | えいが

人間失格

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
映画を2本観てきたうちの1本を今日はご紹介♪

映画「人間失格」HP←クリック♪

この映画は、2010.2.20~全国公開されている映画です。
太宰治生誕100年を記念して作られた映画です。

主演が初で、歌でデビューもしたことないジャニーズでは異例な存在:生田斗真クンが主演です。
それも話題のひとつでした。プロモーション活動も大変そうでしたね。

彼の美しさを前面に出した映画だと知り、それを目的に観に行きました。
昭和の戦争を感じる時代のお話で、いい所のお坊ちゃまが、堕落して、精神破綻していくお話。

人は人生に於いて、1度は必ずモテ期が来るのだそうだが、この主人公:大庭葉蔵は、違った。
女にはモテた。それを糧に、金にして、欲しいものを手にしていた。
だけど彼の周りでは、彼の心が追いつかない程の環境の変化が起こる。
そしてどんどん心の中で負の連鎖が繋がり続けて、彼に「死」がまとわり付くようになり、
そして…。

非常に斗真クンは美しくて、繊細で、儚い人を演じておりました。
葉蔵像をリアルに演じていたのでしょう。大先輩相手に動じないで凄いなぁと思いました。

途中、物語が見えなくなりそうでしたが、復習して理解できました。
さすがに「人間失格」を読んでから映画鑑賞する気力は持ち合わせておりませんでした。
すみません。気が向いたら読もうかな?向いたらですけど。

そういえば今回予告で見た来月公開の「NINE」、もの凄く豪華で楽しみになりました。
予告で見れば見る程、そう思いました。楽しみが1つ増えました。
明日は夜勤。また今日見たもう1本の映画を紹介できればと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-23 19:16 | えいが

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
過去最高に疲れた夜勤でした。色々な意味で当たりまくり。
多分今日が「平成22年2月22日」と言うゾロ目の日だからではないでしょうか?
ある意味記念日みたいな。もう、あまりに色々ありすぎて…。
久しぶりに「夜勤、嫌っ!」って心底思いました。週末の楽しみなんて忘れるぐらいでした。

でも今日は土曜日から読みかけていた本を読破したので、それは嬉しかったです。
その読破した本を今日はご紹介♪

ブラックペアン1988

海堂 尊 / 講談社


この本は、2007.9.21に発売された本です。
文庫本は、2009.12.15に上下巻で発売されております。私はそちらを買いました。

元々この本の存在は知っていましたが、手にするまでに至りませんでした。
「チーム・バチスタの栄光」シリーズのように、黄色、青、赤、緑…とカラフルでない表紙。
もれなくタイトル通りの「黒」。暗黒の闇のようで、重々しいイメージが先行していました。

しかし先日、本屋でこの文庫本を手にした時に「下巻」には、吉川晃司さんと海堂先生の対談が
掲載されていると知って、TOLで購入いたしました。THE ミーハーです(汗)

そして先に対談を読みました。
吉川さんは「チーム・バチスタの栄光」より面白いと申しておりました。
私としては「マジですか?」と思わず本に向かって聞き返してしまいました。
過去の海堂作品。全て物語に引き込まれていくのですが、
私の中で一番テンポよく読めたのが「チーム・バチスタの栄光」だったので、驚きました。
それよりも面白いですと?ある意味挑戦状を受け取ったような気持ちで読み始めました。

物語の舞台は、タイトルにもあるように1988年です。バブル崩壊の頃ですね。
その頃の東城医大の医師免許合格発表を待つばかりの研修医:世良雅志と言う人をキーに
物語は進められます。

研修医が、超個性的な外科医2人に翻弄されながらも成長していくお話。
更に物語の中で、「白鳥・田口シリーズ」でお馴染みのグッチーこと田口先生、
「ジェネラル・ルージュの凱旋」で英雄の速水先生が実習生で、
グッチー外来でコーヒーを入れてくれる藤原さんがICUの婦長として、
「ジェネラル…」で速水先生のサポートをする花房看護師長が新人で、
「ナイチンゲールの沈黙」で出てきた猫田看護師長が主任で出てきます。

過去の話を読んだ方には分かる「ここと繋がっているんだ」と言う感覚。
そして一番は、病院長の高階氏がバリバリの新参者としてこの病院にやってくる所から
この物語が動いていくのが、また面白い。
今では病院長と藤原さんは仲良しなのに、当時は藤原さんは嫌ってるし、歴史を感じます。

そして最後にタイトルの意味が分かってきます。感心してしまう感じ。
医学用語が分からなくても、内蔵のことが分からなくても、面白いと思います。
ましてや分かる人なら尚面白いと思います。約2日間で読破しました。
興味を持たれた方は是非どうぞ♪
吉川さん、確かにある意味「チーム・バチスタ」より面白かったですよ。

明日は休み。観たい映画が目白押しなので、観てきます♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-22 23:34 | ほん

√5    BARBEE BOYS

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
久しぶりの認知棟の夜勤で、若干緊張してます。もの凄く疲れるか、疲れるか。どうなんでしょう。
今週末に控えたバービーボーイズライブに向けて、バービーの復習中(予習中)な私。
過去で一番聴いたアルバムを今日はご紹介。

√5

バービーボーイズ / エピックレコードジャパン


01.ト・キ・メ・キ
02.目を閉じておいでよ
03.Y~ゆがむ~
04.chibi
05.Late Again
06.さぁ どうしよう
07.噂ばなしはM4
08.せまって day by day
09.君を見てるとしょんぼり
10.もうだいじょうぶヒステリー

このアルバムは、1989.2.1に発売された、バービーボーイズ5枚目のアルバムです。
この頃彼らの音楽に夢中で、「目を閉じておいでよ」はシングルカセットを買いました。
シングルカセットってのが時代ですよね?

この中で当時よく聴いていたのは、「目を閉じておいでよ」「chibi」でした。
今↓の音源も兼ねて聴くと、「ト・キ・メ・キ」「さぁ どうしよう」「せまって day by day」
とかもいいですね。このアルバムは、全体的にイイ感じだと思います。
では、お時間があったら↓の音源も良かったら聴いてくださいね。











個人的に↑の「せまって…」の杏子さんが可愛くて好きです。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-21 10:25 | おんがく

あの企画はいいかも?

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
昨日は慣れない遅番で、慣れない受診介助で、1日終わりました。

さて昨日Mステにギリギリ間に合って帰宅して、録画していたのですが、
新企画がありました。題して、「Birth Year Song」。
自分の生まれた年のヒット曲を聞いてもらって、感想をもらう企画。

第1回目の今日は、1993年でした。
女優の志田未来ちゃんや、Hey!Say!JUMPの4人など、沢山いるんですね。
街角の同じ学年の子に曲を聞いてもらって、感想をもらってましたが、面白かったです。

「アイドルだよね」と言われていたのは、中山美穂。曲は「世界中の誰よりきっと」

「今CD化してもおかしくないんじゃない?」と言われていたのは、B'z 「裸足の女神」
その時点でCDで出してたんですけどね。って突っ込んでいたのは、私だけでしょうか?

「なんかB'Zっぽい」と仕切りに言われていたのは、WANDS 「時の扉」
全然違うと思うのですが、改めて聴くと、似てるんですね。でも違いますけどね。

「この曲ダウンロードした!」「カラオケで歌う」などと男子に人気だった「ロード」
ただ女子は「カラオケで歌われると長いよね?」と男女間で違う印象なのが意外でした。

他にも色んな反応があって、面白かったです。まぁ、若者だったから反応が面白かったのかも?
私が生まれた1975年だと、岩崎宏美さんの「ロマンス」とか、あとは何だろう?
確かに生まれた時に覚えてなくても、成長するにつれて覚えていく曲はありますよね?
でも今の子は、10曲中、かなりの曲数知っておられて、驚きました。
この企画、今後も楽しみにしてます。

来週は、やっと春が近づいてくる模様。高校生も卒業ですよね。
あぁ、春休み者が増えると、平日の穏やかな買い物時間や映画時間がなくなるんですよね?
今月中に、見たい映画を観ておこう。そして、あまり会わないようにしよう。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-20 00:26 | ひとりごと

BLACK LIST  BARBEE BOYS

みなさん、こんばんは。今日は遅番のじゅぼんです。
最近、旦那さんが眼精疲労でお疲れです。明日は今日よりもっと遅いんだろうなぁ。
私の遅番なんて目じゃないくらい。
今日は来週の今日参戦するバービーボーイズのアルバムをご紹介♪

BLACK LIST

バービーボーイズ / エピックレコードジャパン


01.C'm'on Let's go!
02.Blue Blue Rose
03.でも!?しょうがない
04.暗闇で DANCE
05.瞳の奥でまばたくな
06.チャンス到来
07.小僧-cryin' on the beach
08.もォ やだ!
09.MIDNIGHT CALL
10.帰さない
11.負けるもんか
12.ダメージ

このアルバムは、1988.3.21に発売された、バービーボーイズのリミックスアルバムです。
懐かしいです。最近時々車の中で聴いておりました。

この中で好きな曲は「C'm'on Let's go!」「チャンス到来」「負けるもんか」「ダメージ 」
でしょうか。
何曲か音源を捜したのでどうぞ♪

















いつになったら杏子さんのような色気が醸し出せるようになるんだろう…。
永遠の謎?&テーマです(笑)ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-19 00:17 | おんがく

みなさん、こんばんは。今日は休みでした。一日寝ておりました。
寝て過ごす休日はいいですね。誰にも邪魔されずに、グ~グ~グ~。

さて、私先日のMステ1000回記念を忘れてしまった1人。
ここでUPしたので録画したつもりやったんですよね。
職場の子のブルーレイをいつか見にいってやりますとも(笑)

なので忘れないためにも、録画予定。
明日のMステは東京事変が出ます。
日曜日のMusic Loversには久保田利伸が出ます。
3/3のSONGSにはバービーボーイズが出ます。

今の所、忘れていけないのはこんな所です。
んでは、バービーの予習として、DVDを見て踊っておきます。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-18 17:59 | ひとりごと

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
元同僚とランチをして、本の貸し借りをシマシタガ、ランチで満たされたお腹には勝てず、
睡魔に襲われ、志半ばでリタイア。しかし、色々お土産までいただいて、申し訳ないです。
今度はリベンジですね(笑)その後にTSUTAYAに行ってレンタルしてきたものを今日はご紹介♪

春~花鳥風月~TSUTAYAレンタル限定CD←クリック♪
01.花鳥風月
02.Sakura(オーケストラver.)
03.3月9日
04.春夏秋冬

このCDは、2010.2.10~レンタル開始となっております。
もちろんTSUTAYAでしかレンタルされておりません。
3/3発売のアルバムに収録されてる「花鳥風月」をはじめ、春の曲が収録されております。
今後「夏」「秋」「冬」バージョンも出るのかな?って感じです。
期間限定だと思うので、気になった方は、是非TSUTAYAに足をお運び下さいまし。

明日の休み。元お隣さんに会う予定です。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-17 19:45 | レミオロメン