「ほっ」と。キャンペーン

少しは復活

みなさん、ご心配おかけしております。じゅぼんです。
今日は今から夜勤です。

午前中、朝も早くから仙台まで行き、「接遇」の講習を受けてまいりました。
帰りの電車では爆睡。

講習中も時折咳をしてしまいましたが、無事終えました。
充実した内容でした。

今日夜勤頑張れば、2連休です。休養に当てたいと思います。
今夜「ハモネプ」録画して、明日にでも見ようと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-31 15:28 | ひとりごと

完全にダウン

風邪を引きました。
咳が止まりません。
昨日の夜勤前に医者に行ったのですが、
まだ体は「休め」の信号を送り続けているようです。

元気が出るまで、少しブログをおやすみします。
                   じゅぼん。
[PR]
by jyubon | 2010-08-29 19:00 | ひとりごと

みなさん、おはようございます。今日は遅番のじゅぼんです。
昨日から鼻水が垂れております。鼻炎の到来か?それとも風邪か?
疲れが残っている証拠かもしれませんね。昨日に引き続き、今日も早く寝よう。
って起きて30分くらいで、もう寝ることを考えては早すぎですね(笑)
さて今日は、待ちに待った、アルバムをご紹介します♪

ALL COVERS BEST(完全生産限定盤B)(オリジナルピック付)

コブクロ / ワーナーミュージック・ジャパン


【DISC1】
01.奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)
02.I LOVE YOU(尾崎豊)
03.いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)
04.Superstition(Stevie Wonder)
05.Alone again(Gilbert O'Sullivan)
06.遠い恋のリフレイン(T-BOLAN)
07.もうひとつの土曜日(浜田省吾)
08.The Thrill is gone(B.B.KING)
09.Lovin' you(渡辺美里)
10.こんな風にして終わるもの(小谷美紗子)
11.The only thing that(Bryan Adams)
12.California Sun(RAMONES)
13.ANSWER(槇原敬之)

【DISC2】
01.What a wonderful world(Louis Armstrong)
02.三日月(絢香)
03.DESPERADO(EAGLES)
04.Pink Prisoner(UNICORN)
05.気球に乗って(THE BOOM)
06.ON MY BEAT(BOФWY)
07.If it makes you happy(Sheryl Crow)
08.Layla(Derek & the Dominos)
09.卒業写真(荒井由実/ハイ・ファイ・セット)
10.運命船サラバ号出発(ザ・コブラツイスターズ)
11.The Love We Make(SING LIKE TALKING)
12.しあわせのランプ(玉置浩二)

このアルバムは、2010.8.25に発売された、コブクロ初のカバーアルバムです。
何と2枚組。完全生産限定で、40万枚限定だそうです。
私はピック付きのBタイプを購入しました。

元々彼らのカバーアルバムの発売を聞いた時は買う気はなかったのですが、
収録曲を見て「買いだわ」と思って買いました。

特にユニコーンの「Pink Prisoner」をカバーするなんて、驚きでした。
あまりメジャーでなく、でも私は大好きな曲なんです。未だにカラオケで歌うくらい。
後は、織田哲郎さんや、T-BOLAN、BOФWY等、コブクロが歌ったら…
と思うとワクワクする内容だったので、購入を決めました。6月のことです。

そして昨日届いて、レポートを作成しながらB.G.M.として聞いておりました。
最初の「奇跡の地球」で鳥肌が立ち、「カッコイイ!」と何度も口にしてました。

コブクロアレンジが全曲に施されているのですが、そのアレンジがまたカッコイイ。
洋楽音痴な私ですが、耳なじみの曲もあった訳で、
特に「DESPERADO」は、superflyがカバーしたモノと違って、妖艶な雰囲気で
でもサラリと歌われてて、素敵です。
あとアコギ1本で歌い切ってる「ON MY BEAT」はコブクロならではかも?

各曲の思い入れ等含め、コメントが歌詞カードに掲載されております。
私の1学年下な彼らですから、青春時代も同時期な訳で、
影響された曲も似通っているんですよね。それが嬉しかったり、思わずうなづいたり。

このアルバムは聞く価値アリアリだと思います。
選曲から見て分かるように、他のアーティストと違う曲をカバーされていますし、
このアルバム製作に800時間費やしたのも納得の内容です。
宜しかったらどうぞ♪CD屋さんで視聴してみるのもアリですよ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-26 06:13 | おんがく

みなさん、おはようございます。今日は休みのじゅぼんです。
休みでも夕方から職場で会議なのです…(涙)まともな休みまであと5日…。
今日は給料日。予定が山積み。1つ1つこなせば、何とかなる!?
さて今日は、誕生日に自分へのご褒美に買ったビジネス本をご紹介♪

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

山崎拓巳 / サンクチュアリ出版


この本は、2010.8.23に発売でした。
本には2010.9.15ってあって、更に私が購入したのは8/22なので、いち早いゲットですね。

まず、この本の帯に、こうありました。
やるべき事に囲まれて、
やりたい事に手が届かないあなたへ。
 


この本は4つのチャプターから構成されております。
目次は以下の通り。

CHAPTER1:ひとり会議をはじめる
01.ひとり会議のチカラ
 ・やるべきこと→やりたいこと
 ・できない→できるかも?
 ・これが自分→これも自分か!
02.じゃあ「ひとり会議」は具体的になにをするの?
03.ひとり会議の時間と場所
04.ひとり会議の道具
05.ひとり会議をはじめます
06.ひとり会議の基本「質問」を覚える

CHAPTER2:5つのひとり会議
01.テーマ会議
02.役割リストを書き出す
03.問題対策会議
04.フリー会議
05.スケジュール会議
06.人との約束
07.スケジュール帳の使い方
08.ワクワクは仕込むもの
09.誰かにお願いする
10.情報収集会議

CHAPTER3:ひとり会議後の仕事術
01.メモのしかた
02.自分の動かし方
03.返事のしかた

CHAPTER4:自分を見つめるひとり会議デラックス
01.自分の枠を取り払う
02.月に一度のひとり会議デラックス
03.夢をかなえる採点
04.やるか、やらないか

本が苦手な人でも大丈夫!
横書きで、かわいいイラストが付いていて、重要な所には色がついています。

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書のHP←クリック♪

昨日まだ始めたばかりですが、「朝時間」を設け始めた私にはもってこいなんです。
10分。たった10分。されど10分。
導入し始めには10分では難しいかもしれませんが、
この「ひとり会議」を設けることによって、どんどん溢れ出してくるものを感じます。

仕事だけでなくプライベートも充実できる。
プライベートだけでまずやってみてもいいかもしれません。

早速職場の年下の男子に教えました。
サラリーマンの子にもオススメメールをしようと思います。是非買って読んでみたら?と。

1400円+税。
高く感じるかもしれませんが、1400円以上の価値を見出せる予感がしております。
私にまた「楽しみ」をくれた本です。
今後、毎日を楽しく、充実した仕事をするためのアイテムかもしれません。

この本、毎日持ち歩くと思います。多分BOOK OFFにはあげません(笑)
私の大事な本になりました。宜しかったら店頭やネットでお探し下さいな。
手に取って見てみることをオススメします。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-25 08:11 | ほん

みなさん、こんにちは。今日も夜勤のじゅぼんです。
35歳になって初の夜勤です(ってオーバーですね)
今日は私以外全員メンズなのに、生理…。猛暑だけど腹巻は欠かせない。
そんな中ですが、頑張ります。

さて今日は、ずっと気になっていたけど、中々探せずに、やっと手に入れて読み終えた本をご紹介。

ルームメイト (中公文庫)

今邑 彩 / 中央公論新社


この本は、2006.4.25に発売されております。
ハードカバーの方は、もっと先なんだと思います。

今年に入って、よく行く書店の文庫本コーナーで多く目にすることがあって、
更には、讀賣新聞の本の広告欄でも見かける事が多くて、気になっていた本でした。

ミステリー本です。本の帯にこうあります。
 
 ミステリー好きはぜひ!   
 ミエミエな展開だなあと思っていたら、意外な方向に話は進んで、
 いやあ まんまとされました。 


この帯や広告を読んで、「まんまと騙されるの?」「騙されないぞ!」等と
自分の気持ちも湧き上がって、読みたい衝動に駆られておりました。

本当であればTOLで発注して、購入する所だったのですが、在庫切れの日々。
いざ欲しい!時にないものなんですよね。
そして良く行く書店に昨日行ったので、探しました。ありました。あと数冊。

気になると早く読みたくなりますよね?
昨日から読み始めて、昨夜読み終えるつもりでしたが、連続勤務6日目の夜。
睡魔には勝てず、部屋の電気も煌々とついたままで朝を迎えてしまいました(汗)
そしてやっと先程読み終えました。

感想。
…私も、結局まんまと騙された…(涙)まさかの展開ですね、本当。
えぇ?そこ?その人?そうなっちゃいます?って感じです。
タイトルの「ルームメイト」と言う言葉も、ある意味キーワードになります。

物語は以下のように構成されております。

 モノローグ1
第1部

 モノローグ2
第2部

 モノローグ3
第3部

  文庫版あとがき
 モノローグ4

ハードカバーであれば、あとがきは最後なのだと思います。
文庫本では、ここで作者が「モノローグ4」を読むのを読者の判断に託しております。
私は読みました。読んで「フフフフフ」と不敵な笑みを浮かべてしまいました。
「そうきましたか。そうでしょうよ」と。

今回「今邑 彩(いまむら あや)さん」の作品を読むのは初めてでした。
ボリュームも多かったのですが、続きが知りたいですし、誰が犯人か知りたくて、
ほぼ半日で読み上げました。

物語は、高校を卒業して上京する前に、部屋探しをしていた主人公が、
初めて会った同じ境遇の少女と出会い、ルームメイトになる所から始まります。

そして世の中では酷い事件が起きていて、ルームメイトも帰らない日々が続いて、
そういえば彼女のこと何も知らない…と気づいた主人公は、大学の異性の先輩と
彼女を探す旅を始めて行きます。そしてルームメイトは遺体で発見されて…。


宮崎死刑囚でしたっけ?幼児バラバラ殺人事件のことも触れていました。
あれだけ騒がれたのに、時間が経つと風化してしまうんですね。
読んで思い出せたのも良かったのですが、実際このような事が起きたら
解決できるのでしょうか?

これで私、「今邑彩ワールド」の虜になりそうです。
また読みたくなる作家さんが1人増えました。
こうやって読む作家さんを広げていく作業は楽しいですね。
では連続7日目、8日目勤務していきます。明日は委員会開かないとな。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-23 13:18 | ほん

35歳になりました。

今日は夜勤明けのじゅぼんです。
誕生日の朝ごはん(利用者の)が、私の大嫌いな納豆だという始末(笑)

しかし旦那さんは優しいので、「ランチを食べに行こう♪」と誘ってくれました。
確かに私が行きたかった所です。確かにそうです。

35歳にして、初「餃子の王将」デビューしました。
でも、ランチってイメージではないですよね?

仙台に1件出来てから、ずっとずっと行きたくて今まで行けずじまい。
初めての感想は、ボリュームが凄い!餃子も超美味しい!行列で並んで食べる価値はある。
そして何度も何度も行きたくなりました。

11:30~22:30までの営業。
我が家から約70分くらいの場所にあるのですが、多分足繁く通う事、間違いなさそうです。
職場でも自慢しまくろう。

アラフォーの仲間入りをしましたが、私らしく、1年元気良く過ごせたらと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-22 18:31 | ひとりごと

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
昨夜は、疲れと睡魔に襲われ、結局22時には熟睡。10時間も寝たら覚醒しますよね?
それからずっと起きてます。朝8時から活動開始で、今頃眠いです(笑)

今日夜勤。明日明け。明後日夜勤。明々後日明け。そして休み。でも夕方から会議。
8/17~毎日職場に顔を出してる毎日。
8/16に休んだ以来、まともな休みは8/30までお預けのようです(涙)
今日は、そんな私に優しい空間を、癒しの時間をくれたマンガをご紹介します♪

ルミとマヤとその周辺(3) <完> (講談社コミックスキス)

ヤマザキ マリ / 講談社


このマンガは、2009.6.12に発売しております。
全3巻。昭和40~50年代の設定な感じです。

ルミちゃんとマヤちゃんと言う姉妹を中心に描かれたお話。
彼女たちはママと3人暮らし。パパは亡くなっていない。
シングルマザーとして、ママはバイオリニストとして、一所懸命。
そんなママを尊敬し、支えあってる良い娘達、ルミちゃん・マヤちゃん。

彼女達が徐々に成長しながらも、色々やっちゃう姿とか、心意気とか、
本当に癒され、笑わされ、「昭和って良かったな」って思う風景が、そこにはあります。

このマンガを描かれたヤマザキマリさん、エキサイトブログをなさっている模様。
驚きました。この話の続編も出ているようですし、実生活を描かれた話もあるようですし、
これからも読んで行きたいと思った漫画家さんです。これからの楽しみが増えたぞ!

ではボチボチ準備でもして、夜勤前に昨日の研修のレポートでもまとめて(マックで♪)
夜勤に行こうかと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-21 13:29 | まんが

ハラッド 原由子

みなさん、おはようございます。今日は日勤扱いのじゅぼんです。
有給でなく、施設見学に行くと言う研修なんだそうです。
立派な肩書きがある方ばかりの中、一人、平社員。3/4は肩書きあり。フフフ。
でも聞ける事は色々聞いてこようと思います。
さて今日は、職場の栄養士さんから借りたアルバムをご紹介♪

ハラッド(通常盤)

原由子 / ビクターエンタテインメント


【DISC1】
01.京都物語
02.恋は、ご多忙申し上げます
03.鎌倉物語
04.私はピアノ
05.流れる雲を追いかけて
06.Loving You
07.そんなヒロシに騙されて
08.I Love Youはひとりごと
09.シャボン
10.横浜 Lady Blues
11.いちょう並木のセレナーデ
12.あじさいのうた
13.ためいきのベルが鳴るとき
14.ナチカサヌ恋歌
15.愛して愛して愛しちゃったのよ(歌:原由子&稲村オーケストラ)
16.第三の男(bonus track)

【DISC2】
01.ハートせつなく
02.恋の歌を唄いましょう
03.じんじん
04.花咲く旅路
05.少女時代
06.ポカンポカンと雨が降る(レイニー ナイト イン ブルー)
07.みんないい子(わるい子ヴァージョン)(歌:桑田佳祐・原由子)
08.唐人物語 (ラシャメンのうた)
09.涙の天使に微笑みを
10.いつでも夢を(歌:桑田佳祐・原由子)
11.リボンの騎士
12.夢を誓った木の下で(歌:ハラフウミ)
13.潮風のエトランゼ
14.夢をアリガトウ
15.想い出のリボン

このアルバムは、2010.6.23に発売されました。
原由子さんのベストアルバムでございます。2枚組。
ソロの曲から、サザンでメインボーカルで歌ってる曲まで収録されております。

私が好きな曲はこちら…




まだまだありますが、昨日から聞き始めて特にヘビロテしてるのは「ハートせつなく」です。
原さんの声は癒されますね。

では準備して、研修に行ってきます!ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-20 05:31 | おんがく

みなさん、おはようございます。今日も日勤のじゅぼんです。
金曜日に行く、施設見学の内容が徐々に見えてきました。私は乗車してるだけで良さそうです。
昨日は、40分早く出勤して、2時間定時オーバーで働きました。今日はどうなることか?!
さて今日は、昨日の朝、車の中で流して気合を入れたナンバーをご紹介♪

Break It / Get Myself Back【ジャケットA】

安室奈美恵 / avex trax


01.Break It
02.Get Myself Back
03.Break It(Instrumental)
04.Get Myself Back(Instrumental)

このシングルは、2010.7.28に発売されました。
この曲を引き下げて、Mステにも出演されましたね。実に3年ぶりだそうです。

私が好きな曲は「Break It」です。コカ・コーラのCMの曲です。
カッコイイですよね?来月で33歳になるなんて、見えないですよね?
お子さんも12歳なんですよね?何だか、この間産休に入ったイメージです。
あんなカッコイイ素敵なママなら、お子さんも自慢のママでしょうね。

さて音源はこちら…↓


彼女のシングルを久しぶりにレンタルしました。
ノリノリな「Break It」は朝に行くと元気をもらいます。
しっとりな「Get Myself Back」は、イライラしてる気持ちを鎮静してくれる作用があります。
まぁ、私の場合ですがね(笑)宜しかったらどうぞ♪では、また。
[PR]
by jyubon | 2010-08-18 06:18 | おんがく

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今日から怒涛の8日連続勤務です。倒れないように、自分を大切に頑張ります。
今日は、先日TSUTAYAのレンタルコミックで見つけたマンガをご紹介します♪

高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)

柳原望 / メディアファクトリー


このマンガは、2010.1.23に第1巻が、2010.6.23に第2巻が発売されてるマンガです。

高杉温巳(はるみ)31歳男子。地理学の博士号を持っているが、就職できずにフリーター。
そんな彼の元に、突然中学1年生の女の子の保護者となる。
彼女は叔母で、7歳年上の美哉ちゃんの娘。美哉ちゃんも亡くなり、娘は1人ぼっちに…。
娘の名前は、高杉久留里(くるり)。

美哉ちゃんは、温巳の家に遊びに行った帰りに、温巳の両親に送ってもらい、
その帰り道交通事故に遭い死亡。温巳が大学生になるまで面倒を見て、突然失踪。
そしてシングルマザーになり、女手ひとつで久留里を育てていた。

そんな経緯があった上での久留里との共同生活。
周囲に怪しまれながらも、徐々に「お弁当」と言うアイテムで二人のコミュニケーションが
図れるようになる。

久留里ちゃんは、特売品に目がなく、節約の鬼。しかし料理の腕はなく、只今勉強中。
ぎこちなく、不器用な彼女だが、学校等にも友人が出来ていく…。

まだ、完結していないお話ではありますが、非常にほのぼのしたお話でした。
久留里ちゃんは、温巳クンを異性として意識しているのですが、
温巳は保護者として必死。今後の展開が楽しみです。

宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-17 00:04 | まんが