2010年 ライブ参戦

2/26(金)
BARBEE BOYS
LIVE TOUR「Bcc:from BARBEE BOYS AD2010」
ZEEP SENDAI

4/18(日)
flumpool
flumpool tour 2010「What's flumpool?Love&Piiiiss Kids Show!!」
仙台サンプラザホール

5/16(日)
toshinori YONEKURA
concert tour 2010-gotta crush on…volum.eleven-"super"
仙台・darwin

10/9(土)
鈴木雅之
Masayuki Suzuki taste of martini tour 2010 THE ROOTS~visit your town~
仙台市民会館

11/12(金)
レミオロメン 
10th Anniversary Tour 2010“花鳥風月”
仙台サンプラザホール

12/12(日)
KANJYANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS
宮城セキスイハイムスーパーアリーナ


今年は昨年に比べて少なかったけど、その分映画や本代に回った印象。
来年は2月に2つライブに行く予定が既に決まってます。
どうなることやら。

みなさん、良いお年を。
[PR]
by jyubon | 2010-12-31 16:36 | らいぶ | Comments(4)

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
昨日は呼び出しがあるかも?と思いアルコールフリーの飲み物で宅呑みをしてました。
その効果でしょうか、午前中も眠っていました。久々に体力を温存しました。
今日は<眠り>にちなんだ本を読み終えたので、ご紹介します♪

モルフェウスの領域

海堂 尊 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


この本は、2010.12.16に発売されました。
“バチスタ”シリーズに連なる最先端医療ミステリー!
と本の帯に書かれております。

今回のお話は、「コールドスリープ」が中心に描かれております。
「コールドスリープ」とは、人工的な眠りにつける、つまり人口凍眠機械であります。
9歳の男の子が、片目だけでなく、もう片方の目も「網膜芽細胞腫」と言う小児ガンになり
両目を失う状態に陥っていた。しかし、特効薬の認可が下りるまでの間、
彼は「凍眠」する事を、自らの意志によって選んだ。そして5年間の眠りから覚める頃、
大きな問題が立ちはだかる事を知った主人公:日比野涼子が、彼を守るために戦い始めるお話。

医学的だったり、パソコンの話だったり、所々高度すぎて、専門用語が多くて、
読み流すのにも時間がかかってしまいましたが、改めて海堂尊氏を尊敬しました。

過去の物語に出てくる出演者と言いましょうか、登場人物が
さりげなく出てくるではありませんか。鳥肌さえ立ちました。
その登場人物が出てくる話を上げると、以下の通り。

・チーム・バチスタの栄光
・ナイチンゲールの沈黙
・ジェネラル・ルージュの凱旋
・医学のたまご
・ジーン・ワルツ
・マドンナ・ヴェルデ

私が記憶するのに、上の6作品が上げられます。
そして、この物語の要になる「スリーパー」こと、眠り続けた少年:佐々木アツシを知るには
「ナイチンゲールの沈黙」をもう一度読み返す必要が見えて来ました。
一気読みしたのですが、同時期に読んだ「ジェネラル・ルージュの凱旋」のインパクトに
「ナイチンゲールの沈黙」の細かい記憶が、私の中で抜け落ちているのです。

よくここまでのお話を作りなさった。
弱者である立場の人間でも、節穴を見つけ、突き詰めれば、勝者に成り得る。
最初から白旗を揚げなくても、もがき続けることに意義がある。
でもそれは、人間の大事なモノである<感情>と言う分野を使わなければ、
真っ直ぐ進めることは出来なく、諦めない気持ちへと繋げていけない。

主人公の日比野涼子さんは、過去の海堂作品に出てくる人物にはいないタイプの女性でした。
そしてこの物語には、様々な愛情を含んだ<情>が渦巻いています。
法律、マスコミ、政治、医療、色々な角度の事柄に縛られながら、
その中から<抜け目>を探し出し、実行へ移して行くお話でもあります。

切なくもあり、明るい未来が待っているのかもしれないという、ささやかな希望が見える
そんな気持ちに、読み終わった私はなりました。

年末年始。忙しいとは思いますが、特番しかやらないTVに飽き飽きした方には、
読んだことのない分野の読書をオススメ致します。世界観を新年早々広げてみませんか?
なんて。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-27 22:53 | てれび | Comments(0)

相棒-劇場版Ⅱ-

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした。
M-1、やっと「笑い飯」が優勝でしたね。おめでとうございます!
さて今日は、待ち焦がれていた映画を観てきたので、ご紹介します♪

相棒-劇場版Ⅱ-←クリック♪

この映画は、2010.12.23~全国公開されています。
12/22のドラマから、話が繋がっています。

もうずっと待ちわびていたんです。楽しみにしていたんです。
夜勤連続勤務して、自分へのご褒美として、旦那さんと一緒に見に行きました。

内容は、伏せておきますね。
感想は「more」で述べておきます。
これから見られる方への、せめてもの配慮です。
見られた方の意見も伺いたいなぁと思います。

一人で「兄弟で映画に出てるじゃん!」と思ったのが、
原田龍二さんと本宮泰風さん。一人で感動しておりました。

これからの相棒、どうなっていくんでしょう。あぁ。まだ心の整理がつきません。
ではまた。

More(ネタバレあります!)
[PR]
by jyubon | 2010-12-26 21:41 | えいが | Comments(2)

光GENJI    光GENJI

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
もう時間外勤務の地獄から打破したようです。体調も随分と元に戻りました。
栄養ドリンク様々です。今日も介護職の相方が疲れているので、元気良く頑張ります。
さて、今日は23年ぶりに聞いて感激しまくっているアルバムをご紹介します♪

光GENJI

光GENJI / ポニーキャニオン


01.THE WINDY
02.Hurry Up
03.ガラスの十代 (LPバージョン)
04.RAINY GIRL
05.STAR LIGHT(LPバージョン)
06.BAD BOY
07.ほのかに甘くHOLIDAY
08.Graduation

このアルバムは、1988.1.1に発売されました。

当時、小6で転校したての私にとって、「光GENJI」ほど有難い存在はありませんでした。
友達が出来る、話が出来るキッカケになった共通項が「光GENJI」だったのです。

このアルバムは、とにかくテープが伸びるまで聞き込みました。
そして自分が小学校卒業の時に、公民館でクラスごとの打ち上げ会の時に
「Graduation」を歌ったように思います。

このアルバムを、とにかくずっとずっと探しておりました。
先日、近所のBOOK OFFで見つけた時には感動しました。
私が手にしたのは通常盤でしたが、それでも良かったんです。
この8曲と再会できた喜びといったら。

愛知県から岐阜県へ引っ越したのが、1987.12.24でした。
あれから23年。23年ぶりに、このアルバムに再会できたんです。
発売日は1988.1.1とありますが、確か年内に発売されたんだと記憶しております。

23年ぶりの再会。車の中で歌いまくりです。
歌詞って覚えているもんですね。当時の記憶力を今いただきたいって思います(笑)

今日はクリスマス。そんなイベントとは関係なく夜勤。
希望が欲しい人には、お休みを差し上げております。それで良いのです。
旦那さんも仕事ですし、我が家には全く「クリスマス色」ゼロではありますが、
皆さんにとって、素敵なクリスマスになりますように…。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-25 13:09 | おんがく | Comments(0)

THE BEST BANG!!  福山雅治

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
MステSPで、AKB48が出てた時に、キャ~キャ~言ってました、じゅぼんです。
若者のパワーで元気を分けてもらいましたよ。ウフフ。
今度カラオケで歌えるようになりたいな。
そんなMステSPで最後を飾った、ましゃのベストアルバムを、今日はご紹介♪

THE BEST BANG!!(Best inst集6曲CD付)(DVD付)(初回限定盤)

福山雅治 / ユニバーサルJ


【DISC1】
01.追憶の雨の中
02.逃げられない
03.約束の丘
04.HARD RAIN
05.Good night
06.MELODY
07.All My Loving
08.遠くへ
09.恋人
10.Marcy's Song
11.IT'S ONLY LOVE
12.HELLO
13.Good Luck
14.Message
15.Heart
16.you


【DISC2】
01.HEAVEN
02.Peach!!
03.Squall
04.Gang★
05.桜坂
06.蜜柑色の夏休み
07.虹
08.ひまわり
09.それがすべてさ
10.泣いたりしないで
11.RED×BLUE
12.あの夏も 海も 空も
13.milk tea
14.東京にもあったんだ

【DISC3】
01.THE EDGE OF CHAOS 〜愛の一撃〜
02.明日の☆SHOW
03.最愛
04.想 -new love new world-
05.化身
06.はつ恋
07.KISSして
08.少年
09.蛍
10.群青 〜ultramarine〜
11.vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜
12.覚醒モーメント
13.でんでらりゅうば
14.99
15.Revolution//Evolution
16.アンモナイトの夢


【DISC4】
01.心color 〜a song for the wonderful year〜
02.石塊のプライド
03.道標 2010
04.心color 〜a song for the wonderful year〜 (Original Karaoke)
05.石塊のプライド (Original Karaoke)
06.道標 2010 (Original Karaoke)

【DVD】(初回限定盤のみ)
01.MELODY
02.HEAVEN
03.桜坂
04.HEY!
05.Gang★
06.虹
07.ひまわり
08.心color 〜a song for the wonderful year〜


このアルバムは、2010.11.17に発売されました。
福山雅治が選んだベストアルバムです。私は初回限定盤を購入しました。

年の瀬が押し迫ってくると、音楽特別番組でましゃの姿を見る日が多く感じます。
今日もMステのラストを飾っていましたね。

このベストアルバム聴き応え満載なのですが、好みが出るように思います。
私はDISC1~2を主に聴いてしまいます。懐かしくて、そして元気が出るので。

あの頃(10代後半)は、30代半ばになっても、ましゃの曲でキャ~キャ~と言っているとは
思いもしなかったですし、誰もましゃのここまでの活躍を想像出来ていなかったと思います。
時の流れは残酷なときばかりでなく、素敵な時間をも運んでくれるんですね。
まだDVDを見れていませんが、年末年始や、時間がある時に見てみようと思います。

今日は、クリスマス・イヴ。「クリスマスの約束」お忘れなく。
明日の夜勤に備え、眠気が突然来てもいいように録画済です。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-24 23:23 | おんがく | Comments(4)

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今日から夜勤連チャン。見たい番組も盛り沢山。録画忘れないようにしなきゃ♪
今日は、昨日往復2時間の運転をサポートしてくれたアルバムをご紹介します♪

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

いきものがかり / ERJ


【DISC1】
01.SAKURA
02.うるわしきひと
03.青春ライン
04.茜色の約束
05.KIRA★KIRA★TRAIN
06.ノスタルジア
07.未来惑星
08.夏・コイ -2010 version-
09.タユムコトナキナガレノナカデ
10.今走り出せば
11.花は桜 君は美し
12.ソプラノ
13.月とあたしと冷蔵庫
14.ホットミルク
15.コイスルオトメ

【DISC2】
01.気まぐれロマンティック
02.ブルーバード
03.じょいふる
04.心の花を咲かせよう
05.YELL
06.キミがいる
07.ちこくしちゃうよ
08.Happy Smile Again
09.ありがとう
10.雪やまぬ夜二人-2010 version-
11.くちづけ
12.スピリッツ
13.風と未来
14.残り風
15.なくもんか
16.帰りたくなったよ

このアルバムは、2010.11.3に発売されました。
いきものがかりの初のベストアルバムです。
いきものがかりのメンバーが過去に出した曲をセレクトして2枚組のベストアルバムにしました。

私自身、いきものがかりのシングルやアルバムを熱心に聞き込む訳ではありませんでしたが、
CMやドラマや映画の主題歌だったりして、耳馴染みだったと思います。

実際聞いてみて、懐かしかったり、聞き覚えがある曲が盛り沢山でした。
中には初めて聞く曲もありましたが、長距離運転や、憂鬱な気分な時には
非常に癒してくれるアルバムだなぁと感じました。

昨日、福島県・宮城県は暴風雨警報が発令されておりました。
更に竜巻の発生もあったりと、中々な天気だったんです。
ただ、午前中の暴風雨が嘘のような午後の快晴。虹も見える中、私は出かけました。
暗雲立ち込める宮城県に。

案の定、宮城県は暴風雨でした。
そんな中、このアルバムは嫌な天気もなんのその、元気や癒しで吹き飛ばしてくれました。
やはり、天気が悪いと気分まで落ち込みがちですが、その気分も跳ね除ける
そんなチカラが、このアルバムには宿っているように思います。

聖恵ちゃんの聞き取りやすい歌声。いきものがかりが作る曲。
その相乗効果で、良い曲が生み出されるのかと思います。
まだ、聴いたことがない方は、是非お聞き下さい。

明日夜「A-studio」と言う番組で、彼らが出た回の模様がダイジェストで流れる模様。
是非合わせてご覧下さい。

昨年「クリスマスの約束」の22組のアーティストで作り上げたメドレーの最後を飾ったのも
いきものがかりの「帰りたくなったよ」でした。あれからもう1年なんですね。
「A-studio」の後に「クリスマスの約束」が明日やります。
今年はどんな内容なんでしょうか?楽しみです。

若干話が反れましたが、ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-23 14:23 | おんがく | Comments(2)

LOVE SO LIFE   こうち楓

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
先週の木曜日から、時間外勤務が13.5時間に達してしまった、じゅぼんです。
ブログを見る時間がなく、体力温存をしておりました。
今日は、そんな私を癒してくれる作品をご紹介します。

LOVE SO LIFE 5 (花とゆめCOMICS)

こうち 楓 / 白泉社



このマンガ、以前から気になっていたのですが、中々手に取れないでいました。
人気が高すぎて、いつもレンタル中だったんです。
そして先日、やっとレンタルする事が出来ました。

お話の内容は以下の通り。
主人公は、16歳の中村詩春(しはる)ちゃん。児童福祉施設で生活する女の子。
彼女は施設に隣接する保育園でアルバイトをしています。
そこの利用している双子の松永葵クンと茜ちゃんに慕われています。

そんな双子の身元引受人なのが、人気アナウンサーの松永政二(25)。
双子の叔父さんに当たります。お兄ちゃんの子供の双子を置いて、お兄ちゃんは蒸発。
仕事をしながら双子の面倒を見るのには限界があり、
個人的に詩春にベビーシッターを頼みます。

そして毎日を過ごしていくお話なのですが、16歳と25歳の恋愛模様もハラハラドキドキで
純愛で、もうたまりません。早く引っ付いて欲しいような、そうでないような…。
まだ物語は続いているので、今後も応援しながら見守って行きたいです。

久々に心を癒してもらえるマンガに出会いました。宜しかったらどうぞ。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-22 02:18 | まんが | Comments(0)

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
頭痛が酷いですが、早めに寝て、明日の仕事のために、体力を温存したいと思います。
今日は、今日届いた本を読んだので、そちらをご紹介します♪

超訳百人一首 うた恋い。

杉田 圭 / メディアファクトリー


この本は、2010.8.4に発売されております。

歴史ブーム。歴女ブームの昨今。
超分かりやすく、マンガ付きで、百人一首を基に物語が描かれた本の登場です。

百人一首自体、私自身全く頭に入っていないものの、
あれを理解できたら素敵だなあとは思っていました。

それが今の言葉で、誰もがわかりやすい訳文まで付いて、掲載されております。
物語になっているのは、代表の数首だけですが、巻末に100首訳されていて、
有難いことになっております。

1000円の品。学生をお持ちのママさんから、10代の方まで、読める本だと思います。
「これで勉強しなさい」なんて親から言われたら嬉しいかも?
私が娘だったら「どうしたの?」と突っ込んでしまいそうですが(笑)

歴史モノの本への興味が、最近著しく、だからと言って専門的な本が読みたい!とまでは
いくわけもなく…。

本への興味の幅が今年は広がった1年だったように思います。
また面白い本があったら紹介しますね。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-17 21:41 | ほん | Comments(0)

ノルウェイの森

みなさん、おはようごいざいます。今日は夜勤のじゅぼんです。
朝から起きてしまいました。多分明日の夜勤明けは爆睡でしょうね。
ちなみに明後日の休みは、休日返上でアルバイトしてきます。
イベントがあって、私はイベントの介助でなく、1日入浴介助に追われようと思います。
さて今日は、昨日見て来た映画をご紹介します♪

映画「ノルウェイの森」HP←クリック♪

この映画は、2010.12.11~公開しております。

私、映画鑑賞中に体調を崩してしまって、途中トイレへ駆け込んで、
しばらく出れなかったんです。何度も席を外すより、1度長く外したほうが良いと思って。
お腹の調子が悪くて、更に睡魔に襲われて、1/3は観れていないのです(涙)

あまりに美しく、静かな映像の数々には、やはり日本人にはない感性が詰まっているのだと
思えてしまいました。(あの森が外国に見えたし…。JAPANなんだけど…)

1/3見れていない分、ちゃんと感想が述べられませんが、
原作を読んだものとして、イメージには近いように思えました。
ただR-12指定でいいのかなぁと思った部分もありましたが、文学作品だからいいんですかね。

人が抱えている闇。その闇から出してあげたい人。その人をも苦しめる。
そんな闇が、美しく、切なく描かれていたように思います。
今度時間があったら、映画鑑賞、もう一度リベンジしたいです。

予告で「相棒」を見て、ますます早く映画館で彼らに会いたくなりました。
そちらも、観たらここで紹介しますね。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-16 09:21 | えいが | Comments(2)

武士の家計簿

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
様々な仕事が若干山積み傾向なのですが、今日は思い切り遊んで来ました。
今夜から、仕事を片付けてまいります。
さて今日は、久々に映画館に行ってきて、そこで観た映画をご紹介♪

映画「武士の家計簿」HP←クリック♪

この映画は、2010.12.4~全国公開されています。
加賀藩の猪山家の家計簿を基に描かれたお話です。
実在する話ですので、本当に楽しめました。

今の不況の日本と相通ずるものがあって、何が正義で何が悪かとか、
節約(倹約)の大切さとか、躾の難しさとか、江戸時代だろうが、平成だろうが、
根本は変わらないのだと言う事が学べました。

私自身、そろばん塾に通ったことがないので、そろばんをはじくことは不可能ですが、
この映画を観て、そろばんが出来る人を改めて尊敬してしまいました。
最後まで指を使うので、頭もボケないでしょうね。

江戸、幕末、明治と私の好きな時代背景と共に、物語も進んでいくので、楽しかったです。
面白かったのは、映画鑑賞してるお客さんの年齢層。
職場の利用者にいそうな年齢のおじいちゃんが沢山。
杖歩行も怪しいようなじいちゃんもいて、年齢層の高さにビックリ。
でも同じ映画で同じ場面で一緒に笑っていたので、老若男女問わずに楽しめる映画です。

歴史が苦手な人も、この映画がキッカケに歴史モノが好きになるやもしれません。
堺雅人さんと仲間由紀恵さんが演じる猪山夫妻は、非常に微笑ましく、素敵な夫婦でした。
あんな夫婦になれたらいいなぁと思います。

この映画は何度観ても飽きそうにありません。宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-12-15 20:54 | えいが | Comments(4)