<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
震災後初、宮城県入りをしました。
そしてカラオケ→美容院→買い物→映画鑑賞と堪能して参りました。
その映画を今日はご紹介♪

映画「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」HP←クリック♪

この映画は、2011.4.16~全国公開されております。

私がいつも行く映画館も、先日の日曜日に再開され、全国のワーナー・マイカル・シネマズの
お客さんからの復興コメントボードが通路に掲げられてて、それを見ながら歩いて、
胸が熱くなりました。日本は本当に繋がっているのだと思いました。
映画館は、半分しか開いておりませんでした。
多分半分は震災の影響を受けているのだと思います。

さて話がそれました。本題です。
物語は、都知事に脅迫状が来た所から始まり、早速事件が起こります。
今回は15周年だけあって「15」と言う数字にこだわって作っていらっしゃいました。

物語の詳しい内容はHPを参考にしていただいて、観た感想です。
やはり、映画館の大迫力で観るコナンは圧巻ですね。
今回は「ハラハラ・ドキドキ」は、昨年の映画よりは少なかったのですが、
その分、何か人間愛と言いましょうか、仲間との絆を訴えかけたような内容で、
震災を意識して作られたかのようで、その部分で胸を打たれました。

来年も映画が作られると言う事で、来年も楽しみです。
そういえば、昨年も「来年楽しみ」と思ってて、それがこんな雰囲気の中観るだなんて
誰が想像したでしょう。

もれなく会場の中はオール大人でした(笑)夜でしたしね。
大人ももちろん、子供も楽しめる、そんな映画だと思います。
震災後復活第1作目の映画鑑賞として、最高の映画でした!
映画は映画館で観るといいですね。改めて実感しました。

観れるうちに観る。
美容院も1年に1度しか行かなかった私ですが、今回の震災を機に、
行けるうちに行くと言う気持ちに切り替わりました。
震災のストレスも加味されて抜け毛が尋常じゃなくて、トリートメントで栄養補充。
サラサラの髪の毛になりました。皆さんも、行ける時に行った方がいいですよ。
映画も美容院も。

コナンくん、宜しかったらどうぞ♪オススメです。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-28 22:33 | えいが | Comments(2)

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
さりげなく業務が増えている毎日ですが、足を棒にする勢いで、今夜も頑張ってきます。
経営者が分かってくれなくても、分かってくれる人がいる訳ですから、頑張れます。
今日は、顔がニヤけてしまう位、可愛い曲をご紹介します。(ニヤけるのは私だけかも…)

T.W.L /イエローパンジーストリート(通常盤)

関ジャニ∞(エイト) / インペリアルレコード


01.T.W.L
02.イエローパンジーストリート

このシングルは、2011.4.20に発売されました。
3ヶ月連続シングルリリースの第1弾です。

「T.W.L」は「クレヨンしんちゃん」の主題歌です。
そして「イエローパンジーストリート」は「劇場版クレヨンしんちゃん」の主題歌です。
「T.W.L」は、ゆずの北川悠仁氏が作ってくれた曲です。

この曲をMステで見ましたが、もう可愛らしくて、元気いっぱいで、
ただただ愛おしくなってしまいました。三十路も混じってるはずなのに…(笑)

2曲ともタイアップなんて、凄いなぁ。今年は超活動的なんだな。
彼らが頑張ってるから、私も頑張らばらないとなって思えます。

この2曲を車で流している間は、顔がニヤけっぱなしです(笑)
自衛隊の災害派遣の車とスレ違う時には気をつけていますが、気を抜くとニヤけてます。

毎日普通に生活をしていると、先月の震災がなかったかのように思えてくるのが怖いです。
もう少し広く深く目線をやって、生活していかないといけませんね。
今日も余震が続きました。だけど以前のような恐怖感はありませんでした。
自分の心境の変化も、体調の変化もあるんでしょうかね。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-26 14:41 | おんがく | Comments(0)

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は旦那さんは会社の仲間とカラオケに行かれ、私は一人の休日を過ごせました。
とは言っても、殆ど寝て終わりました。今日は、夕方買い物の梯子をして、
最後に寄り道をしたTSUTAYAで見つけた曲をご紹介します。

さよなら傷だらけの日々よ(初回限定盤)(DVD付)

B'z / VERMILLION RECORDS


01.さよなら傷だらけの日々よ
02.Dawn Runner

このシングルは、2011.4.13に発売されました。
ペプシのCMの曲でもお馴染みであります。
とは言っても、見た記憶が、うっすらとしかありませんがね(笑)

この曲を4/1のMステSPで、3年ぶり以上に出演して歌ってくれました。
稲葉さんは、年を重ねても尚カッコイイ。
顔のシワひとつも色気にしか見えないし、全ての要素が稲葉さんを素敵に魅せます。

この曲をそのTVで初めて聞いて、その時は震災から1ヶ月も経っていない頃で、
気を張って仕事をしている時で、そんな状態でも、この曲からパワーをもらいました。
レンタル開始したら絶対に借りるぞ!と強く思ったのを記憶しています。
歌声にも歌詞にも、何か勇気付けられたのだと思います。

最近、清水翔太クンに癒されていた心に、明日約1ヶ月ぶり以上になる日勤業務を前に
この曲を聞いてパワーとパンチをガツンと入れて、乗り切ろうと思います。
明日は給料日。つまりは会議ラッシュ。怒涛の会議。怒涛の議事録地獄。
これも元に戻りつつあることとして喜ぶべきなんでしょうね。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-24 20:40 | おんがく | Comments(0)

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今日も生憎の曇り空。寒いですね。もうじき5月がやってくるのに寒いです。
休みでも出掛ける場所もなく、家でのんびり過ごすことが常になってきました。
そんな日に是非やってみようと思ったことが掲載されている本をご紹介します。

いろんなことがラクになる!断捨離セラピー

あいかわ ももこ / 青春出版社


この本は、2010.11.4に発売されました。

今流行の「断・捨・離」です。
それを行う人のことを「ダンシャリアン」と言うそうです。

1つ1つのモノをむやみやたらと捨てるのではなく、
1つ1つモノと対面して、向き合って、今必要か、必要でないか見極めて、
不必要となれば、感謝して捨てる作業の繰り返しが、「断・捨・離」に繋がると思います。

モノが減れば、片付けも楽になり、掃除も楽になる。
全てがスムーズで、すき間収納等とおさらば出来て、余分な収納道具も不必要となる。

頭では分かっているのですが、中々出来ないのが私。
しかし震災後から、本当に少しずつではありますが、整理を始めております。

大好きな文房具も1/3まで減らし、懸賞道具も、使っていない物は欲しい人に差し上げて、
出ないペンはさっさと捨てて…等、少しずつですが行っております。
収納道具も新たに購入せず、あるもので、入るスペースで納めるようにしております。

元々片づけが大嫌いな私ですが、出来る限り、キレイをキープしようと、
リビングだけは散らかさないようにしております。

そして、少しずつ「ダンシャリアン」への道が開けて行けたらなぁと思います。
「ダンシャリアン」になっても、物欲は減らないのだそうです。
それを読んで安心しました。

ただ購入するときに考えるようになるのだそうです。立ち止まれるといいましょうか。
衝動買いが減るのだそうです。それは有難いお話ですね。
衝動買いの塊だった私なので、少しずつ衝動買いを減らして、必要なモノを購入する。
そんな日々を送れたらいいなぁと思います。ではまた。

今日のMステ、ユニコーンも出るんです。日曜日のMJにもユニコーンが出るんです。
絶対に録画ですよ。土曜日のCDTVにもユニコーン。素敵なオッサンを見て元気もらおう。
[PR]
by jyubon | 2011-04-22 14:53 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんにちは。今日は休みのじゅぼんです。
完全に昼夜逆転生活なのですが、今日は本当に良く眠れました。グッスリです。
そんな今日は、先週BOOK OFFで買った本の中の1冊をご紹介します♪

青春、手遅れ

益田 ミリ / 角川学芸出版


この本は、2010.4.21に発売されています。

著書さんが、10代でやっておきたかった「青春」が、哀愁のエッセイ&コミックです。
「わたしの青春は、手遅れなのである」
このキャッチコピーに胸を打たれ、思わず購入していましました。

目次は以下の通り。

ファーストフード店でデート
彼の制服を借りる
ティファニーをもらう
放課後の告白
ペアルック
制服のほつれを縫ってあげる
自転車にふたり乗り
手作りチョコレート
第2ボタンをもらう
制服男子と立ち話をする
タコさんウインナーを作る
夏休みにプールでデート
調理実習の差し入れ
お姫様だっこ
ふたりで観覧車
男子と一緒に勉強する
きんちゃく袋のプレゼント
修学旅行の自由時間に彼氏に電話
校門で待たされる

いかがですか?
「憧れた~」と言う人。「そんなこともしたなぁ」と言う人。
「いつの時代の話?」と言う人。年齢によってその時代の生き方によって捉え方は様々。

私は、著者さんと同じ「青春、手遅れ」派であります。
↑の事を10代にやっておきたかったし、その旬の時代に経験をしないで今に至ります。
その分、今やろうとしても痛々しいだけだし、今やっても意味がない事なんです。

自分の中で色々感じていたことや思っていたことを、淡々と懐かしいエピソードと共に
この著書の中で語ってくれているので、読み終わった後にスッキリしました。
スッキリしつつも寂しい気持ちは拭えませんが、だからと言って悲観的にもなりません。

こんな状況下で、こんな時だからこその、コーヒーブレイクに丁度良い読み物でした。
何だか偶然とは言え、1年前の今日に発売された著書を1年後に紹介できて嬉しいです。
これも何かの縁なのでしょうね。ウフフ。

明日のMステ。関ジャニ∞が出ます。絶対に予約忘れないぞ!ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-21 15:22 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした。
いつも行くイオンでお客様感謝デーで、ワクワクして買い物しました。
そしたら元同僚に会って、彼女も津波にあと少しでのまれたかもしれない場所にいたと判明。
みんな運であったり、ほんの少しのことで今があるのだと痛感。
そんな中、張り切って作ったつもりのチーズケーキに砂糖を入れ忘れたバカな私…。
断面はまるで蒲鉾(笑)そんな私を勇気付けてくれる本を今日はご紹介♪

ほっとする論語70

杉谷 みどり / 二玄社


この本は、2007.12.10に発売されました。
定価は1200円+税ですが、BOOK OFFで650円で買いました。
もしかしたら、もっと安価で手に入るかもしれません。

被災して1ヶ月と10日近くが過ぎ、大きな余震からも少しずつ遠ざかって、
毎日普段通りの生活を続けている日々。
だけど、心にある不安は払拭できない。これではいけないと思う。
どうしたら前に進める気持ちになれるか模索しても、
今まで経験したことのない気持ちをシフトチェンジしたくても、
今まで通りの心のシフトチェンジでは太刀打ちできない。

そんな中、BOOK OFFで見つけた1冊がこれでした。
以前から「論語」が幼児教育でも導入されていることは知っていましたが、
改めて向き合おうとは思っていませんでした。

慣用句や四字熟語、漢字の羅列や言い伝え。
全てに疎い私が、果たして「論語」を読んで理解出来るチカラがあるのだろうか?
大人に分かりやすい「論語」の本があるものか、本気では探していませんでしたが、
心のどこかに小さなアンテナは張っていたように思います。

タイミングってあるものなんですね。
震災後、BOOK OFFも相当な量の商品が落ちて、それを棚に戻す作業をしたんです。
しかし整理して棚に戻すことは出来なかったんですね。
場所や、種類、上下逆さ、そんなのはお構いなく、とりあえず本棚に詰め込んである。
そんな状態で営業を再開されました。これは私の家の近所のBOOK OFFの話です。

本来ビジネス本や自己啓発本が置かれている場所にダイエット本。
そしてその逆等、色々乱雑に棚に置かれている中に、この本に出会いました。

前置きが長すぎましたね。本題に入ります。
この中には70の選ばれた「論語」が掲載されております。
見開き2ページに解説と、意味。そして石飛博光さんの書も同時に掲載されております。

1.爽快に生きるには
2.知ることは愉しい
3.そうだったのか、世の中
4.人とつきあうコツ
5.幸せを呼ぶ習慣

上記の5つの項目に沿った内容が、70の論語の中から選ばれて掲載されております。
各項目で1番いいなぁと思った論語が以下の通り。

1.天を怨みず、人をとがめず(運命を怨んだり人のせいにしない)
2.学べばすなわち固ならず(知識があなたを柔軟にする)
3.人の己を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患(うれ)う
 (認めてもらえない、そういうあなたは?)
4.言(げん)を知らざれば、以て人を知るこよ無きなり
 (言葉を理解しなければ人を知ることは出来ない)
5.性は相近し、習いは相遠し(習慣が人をつくる)


学生時代、こんな良い言葉に出会っていたはずなんですが、
学ばなければいけない時には、頭に入らないものです。
だけど、この本に出会って、何気ないときに開いて眺めているだけで、
前向きに、少しずつ前に進もうと思えます。

字も大きく読みやすく、そしてスゥっと心に入ってくる内容です。
大人でなく子供でもある程度理解出来る内容かと思います。
中学生なら理解出来るでしょうね、きっと。

これからも何が起こるかわかりません。天災には人間は勝てません。
あの津波で誰もが知った紛れもない事実です。
だけど天災に勝てなくても、そこから元通りする術を人間は模索しながら生きています。
1人でなく、沢山の人のチカラと想いが、復興へと元通りへと導いています。

この本を読んで、この本に今だからこそ出会えたのだし、今出会った意味を強く感じました。
嬉しいことは毎日起きます。些細なこと、大きなこと。

あの震災で生き延びた私達は生きていかなければいけない運命であり、
前に進む道を託された人間でもあります。

心が折れそうになる前に、この本を読み、くじけそうになる時に、この本を開き、
元気になりすぎた時も、省みるために、この本を見る習慣が出来たらいいなぁと思います。

宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-20 23:23 | ほん | Comments(0)

COLORS   清水翔太

みなさん、こんばんは。今日も休みでした、じゅぼんです。
今日は、旦那さんと福島市にある花見山公園へ行って、桜の花見をしてきました。
平日なのに、風評被害で足が遠のいているとは言え、結構な人だかりでした。
運動不足なので、30分コースで根をあげて帰って来ました。
さて今日は、最近の私の車中の中で必ず流れているアルバムをご紹介します。

COLORS(初回生産限定盤)(DVD付)

清水翔太 / SMR


01.GOODBYE
02.flower
03.YOU&I
04.Party All Night
05.Forget-me-not
06.空
07.君が暮らす街
08.So Good
09.Winter Love Song
10.Midnight Flight
11.Eclipse
12.Tears
13.let go ~maison de m-flo~
14.Summer Time
15. “Be With You” duet with JOE

このアルバムは、2011.3.9に発売されました。

ずっと待ち望んでおりました。
このアルバムの5曲目に入っている尾崎豊のカバー「Forget-me-not 」をフルで
車の中で早く聞きたかったからです。

震災前から、この曲を着うたにして、メールの着信音にしている程、大好きなんです。
翔太クンの優しく甘い声で、尾崎の曲を歌う。なんともいい感じ。
心がささくれても、やさぐれても、この声を聞くと心地よくなります。

その他の曲でも、癒されます。テンポがある曲は元気が出ます。
こんな時だからこそ、癒されたい。そして癒すべき存在でいなければいけない。
2連休で心も体も癒されたので、明日からの仕事、頑張ろうと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-04-18 19:42 | おんがく | Comments(0)

今日は休みでした、じゅぼんです。
旦那さんの弟クンが、仙台から実家を見にやってきました。
そして私の弟から友人からもらったお下がりを渡し、彼は帰っていきました。
今日は先週の木曜日にゲットした本をご紹介します。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

金子 みすゞ / JULA出版局


この本は、1984年8月に出されたそうです。

ACのCMで「こだまでしょうか」で話題になった本でもあります。
気になってはいたものの、たまたま近所のBOOK OFFが営業するようになって
足を運んだところ、たまたま見つけたので、速攻手に取って買いました。

読んでみて、心が癒されつつ、洗われる様な、なんともいえない気持ちになりました。
大人が読んでも良いですし、子供が読んでも良い本だと思います。
読み聞かせにも非常に良いかと思います。

この時代に口語体で読みやすいと思ったら、彼女を研究している方が、
今の人達に読みやすいように訳して、出版してくれたようです。

彼女は本が大好きで、西條八十と言う作家さんに認めてもらい、
何度も何度も投稿をします。10ヶ月で二十二編が掲載されております。
凄い才能ですね。

そんな彼女の才能溢れた作品集。こんな時期だからこそ、読んでみてはいかがでしょうか?
[PR]
by jyubon | 2011-04-17 19:18 | ほん | Comments(0)

よく頑張ったで賞

今日は夜勤明け。

いつも行くジャスコで、先日お邪魔した南相馬の友人と待ち合わせ。
そして我が家へ。
彼女は「ふぐこ」との再会に感動していた。
まるで子供をあやすかのように、見る度に声をかけていた。
私より愛情を注いでいたのではないか?偉いなぁ。

そんな彼女との会話の際に、思い出したことがあった。
4/8付けで「賞与」が入っていたことだ。
約7万円。

しかし何も聞かされておらず、自分だけに入っていても嫌なので、
誰にも口外せずに、給与計算の担当者に聞こうと思っていても、
そんな時に中々いない。

そしたら夜勤の時に、その話題になって、初めて自分以外ももらっていたと判明。
ただし額は個人差があると。
だが、誰もその明細ももらっていないし、理由も知らない。
ただ賞与が通帳に入っていたことだけが事実として、みんなが分かっていた。

そして先月分の給料明細ももらえていない私は、一緒に賞与の明細ももらった。
経営者から、震災後の頑張りを形として出したと言う話だった。
ただ額は、その人によって違うと。

この件に関して、旦那さんから「時間外の分は給与だから、ちゃんと聞いてらっしゃい」と
釘を刺されていたので、耳の穴をかっぽじって聞いていた。
今度の給料では、震災後のハードワークの分を出せるだけは出すが、
出せない分は、この賞与で勘弁して欲しい…と言う内容だった。

私自身、24時間勤務を2回やっていて、夜勤も多くこなしていて、休日も返上していて、
どう計算していいものか、よく分からなかった。
しかし大体は計算してみようと思っていた所の話だったので、
「出せるところまでは」の最大限度を知る良い機会だと思って、前向きに捉えようと思った。

ただ本当に、本当に「よく頑張ってくれました」と言う気持ちが経営者の中にあるのなら、
震災後から一度も利用者が生活する場に足を運ばないと言う態度を貫いてはいけないと
つくづく思う。

総理大臣が被災地に足を運ばないのと同じ。
天皇陛下が被災地へ早く足を運びたいと願っている中、
利用者が生活している場所へ足を運んで「大丈夫でしたか?」と上っ面の言葉でも
かけてもらえるか、そうでないかだけで、全く違う。そして職員の気持ちも変わる。

いただいたお金は有難く頂戴しますが、経営者が事務所にまで来て
私達に顔を出さずに帰るスタイルを貫く限り、私達が心底感謝出来ない事は否めない。

みんなにもらえた賞与は、ひとまず経営者からの「よく頑張ったで賞」であること。
それは有難く想い、有難く頂戴して、復興に向けて前に進もうと思う。
[PR]
by jyubon | 2011-04-13 23:50 | 東日本大震災 | Comments(2)

雑誌でお腹がいっぱい。

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。

昨日の夕方の余震から、何度も揺れて、今日も揺れて。
最近は地鳴りがなく、突然「ドン」と音が鳴って揺れるパターンの地震が多く、
「来るな」と言う心の準備が出来ない状態で(地震が)来るので嫌です。

そんな中、高校の同級生から宅急便が届きました。
義理の弟クンに生まれた甥っ子のためのお下がりのお洋服と、
私への雑誌の差し入れでした。

この震災のため、自粛ムードが世の中に漂っている中、
過度な自粛が経済には逆効果だと、専門家達が嘆いておられます。
最終的には、私達被災者のためにならないと。

過度な消費もいけませんが、今まで通りの日常を過ごすことが
一番大切で必要なことなんだと、あやゆるメディアで言われております。

私もコンビニに出向いては、コンビニの営業状況を調べるついでに、
欲しいものがあったら買うようにしております。

ただいつも雑誌をコンビニで買っていた私ですが、雑誌がないのが現状。
せめて「日経エンタテイメント」だけでも欲しい!と友人に懇願。
そしたらそれ以外にも計3冊も送ってくれました。

以前なら自分で買って読み漁っていた雑誌。
同じ額の雑誌でも重みと価値がぜんぜん違います。
自分の中で被災後、飢えていた分野だったと、改めて気づかされました。

旦那さん的には「雑誌なんか買わなくたって」と言う人なので、
私のこの飢えにはスル~されていたのですが、妻には一大事なのです。

エンタメ情報。しかも新ドラマが始まり、公開される映画も目白押し。
でもいつも行ってた映画館の再開の目途は一切立たず…。でも映画情報は知りたい!!!

様々な情報が目から習得できた喜びには変えられません。
本当に感謝です。

今までと同じ生活を送り始めている私達ですが、
同じ職場でも家がない職員が数名おり、更に放射能の兼ね合いで、出勤できている職員も
いつ出勤できなくなるか分からない状況ではありますが、
大震災から1ヶ月経過して、今日から職場も完全平常運転になりました。

そんな日に届けられた品々。
そして気合を注入して、被災を言い訳にしないように、
前に少しずつ歩めていければと思います。

冬に豪語していたダイエットも挫折。体重は増加もせず減少もせず、維持。
でも利用者に「太ったな」と笑顔で指摘され、ダイエットを再始動する決意が固まりました。
肌の露出が増える前までに、少しは元の体重に戻れるように、コツコツ努力しなければ。
今日の夜勤、気合を入れて頑張ります!
[PR]
by jyubon | 2011-04-12 13:07 | 東日本大震災 | Comments(2)