「ほっ」と。キャンペーン

ハプニング続きの1日

みなさん、こんばんは。大変ご無沙汰しております、じゅぼんです。
今日は今月最後の休みでした。

元同僚と、彼女の高校時代の先輩でもあり、元同僚でもある子の家に遊びに行きました。
その前に、イオンモール名取エアリが全館フロア復活したので、買い物に行ってきました。

節電モードではありましたが、やはり全館開いていると、震災前に戻った感じになります。
調子に乗って、買うつもりのなかったサンダルまで買ってしまいました。

丁度セールもやっていたので、服もいつも買う店(axes)で
6930円のワンピースを1980円で購入したり、2480円のストールを525円で購入したり、
お得なお買い物を楽しんでおりました。

最後の締めに、スタバでカフェしていた頃、元同僚の子と連絡を取って、
会いに行くことを決めました。
その前に大荷物を車に置きに行こうとした入り口で、スタバで買った飲み物を落としてしまい、
私と友達の服がカフェでダラダラに…。私は上着を脱げば良かったのですが、
友達は白い服が茶色に染まり…。それでも大ハプニングでした。

そして友達は水洗いで汚れを落としてくれて、自然乾燥で対応してくれて、ただただ感謝。
お茶菓子を買い、元同僚の家に行き、色々職場のことや、彼女の被災した状況など
色々教えてもらったりして、まったりと、あっという間に時間は過ぎたので、帰宅しました。

帰り道、「浜街道」と地元のみんなで呼んでいた道(途中まで開通)を通って帰りました。
しかし、私が知っている部分以上に、みんなどんどん車をかっ飛ばして進んでいくのです。
友達と2人、進むことを決めました。

そして福島県に突入した所で、道は完全に津波にのまれており、道路がない所まで到達。
Uターンして、横道に反れて、国道を目指して進みました。
そんな時に、石が道路の真ん中にあって、迂回して走ったら、泥沼にタイヤがはまりました。
泥まみれで、どうしたものかと途方に暮れかかっていた時に、軽トラックが…。

くわえタバコのおじさんは、軽トラックから降りてきて、事情を説明した所、
「よし!本気出してやっから」と友達と2人で私の車を救出くれました。

私はオシッコがもれそうで、草むらに隠れて用足しをしようかとしていた所だったのですが、
そんな尿意も引っ込んで、おじさんに旦那さん用に買ったお茶菓子をお礼にお渡しして、
更に国道までの道まで誘導してくださり、最後の最後までただただ感謝でした。

私の車も友達も私も泥だらけ。そして帰宅。
途中洗車目的にガソリンスタンドに寄りましたが、もう洗車は終了していました。

そして私も友達も我が家の玄関先で足を洗い、友達は帰っていきました。
我が家は夕食。夕食を食べ終え、旦那さんがコイン洗車で泥を洗い流そうと提案。
一緒に(私にとっては)初めてのコイン洗車に雨の中行ってきました。

帰り道にコンビニに寄り、コインランドリーが24時間か確認して、帰宅。
反対車線から、我が家と同じ方向で来る車があることは分かっていましたが、
アパートの住人か友人だと思って、スル~していました。

そして自宅に入ろうと鍵を持ったときに、友人の携帯電話を車の中にあるのを発見!
旦那さんに「○○ちゃんちに行ってくる!携帯忘れてってるから」と話している所
「○○○さん」と呼び止められて、見ると90分前に我が家を出た友達がいました。
携帯電話を取りに来たとの事。

私達がコンビニから戻ってきた時に、反対車線から私の車の後ろについてきた車が
友達の車でした。

もう今日は最後の最後の最後までハプニングで、
そんな意味で忘れられない1日になりました。

宮城県の亘理~山元までの被災状況も目の当たりにして、言葉にならずに、
何にもなくて、本当に何にもなくて、道路がかろうじてあるのが不思議なくらいの状態で
ただただ海がもの凄く近く感じる道のりでした。

もうじき震災から4ヶ月。
確かに復興はしている毎日ですが、被害を受けた場所が復活するのは、
まだまだまだまだず~っと先の事だと痛感。

バカな話が出来るのも、バカな体験が出来るのも、命があったからこそ。
無茶苦茶なことかもしれないけど、それでも、また1つ知らない事が知れたし、
自分の目で、自分達が使っていた「浜街道」の被災状況も確認できて、
更に優しいおじさんに助けられて、人の温かさを知れて、本当に本当に良かった。
みんなに救われた、非常に貴重な体験が出来た1日でした。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-27 23:32 | ひとりごと

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
今日は昨夜観終わって、仕事のモチベーションが一気に上がったDVDをご紹介します。

枠からはみ出す仕事術

美崎 栄一郎 / サンマーク出版


この本は、2011.3.14に発売されております。
私は、この本のDVDをTSUTAYAでレンタルして見ました。
本は手にしておらず、読んでもおりません(汗)

TSUTAYAには「ビジネス・カレッジ」といったコーナーがあって、
ビジネス本になっているものをDVDに収録して、レンタルしております。
初めてそのタイプのモノをレンタルしたのが、美崎さんのDVDでした。

美崎さんが初めて書いた本↓を手にしてから約2年。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

美崎栄一郎 / ナナ・コーポレート・コミュニケーション


美崎さんは、DVDで見ることの出来るスーパーサラリーマンになっておられました。
TVでも見ましたけどね。

現役サラリーマンだからこそ伝えられるスキルを教えてくれております。
この本では、そもそも自分の『枠』と言うものは、自分自身が作ってしまうモノである。
と言う所から始まります。

美崎さんがおっしゃる「スイッチ」は①~⑯まであります。
中でも、私が共感した「スイッチ」をあげます。

スイッチ① 会社で学んだこと⇒世の中で役立つスキル
スイッチ② 雑用⇒自分に100%決定権のある仕事
スイッチ③ 成果が出ない⇒給料をもらいながら修行する
スイッチ⑤ 気が進まない仕事⇒「はずみ」がつくものを探す
スイッチ⑥ 文房具を選ぶ⇒プロのサラリーマンになる
スイッチ⑧ 嫌いな人⇒ノウハウの宝庫
スイッチ⑨ 自己流にこだわる⇒自分を買える柔軟性を磨く
スイッチ⑩ 失敗⇒好奇心をくすぐる遊び
スイッチ⑭ 過去の成功体験⇒今の心の燃料
スイッチ⑯ 頼まれた仕事⇒自分を成長させる宿題


久々にビジネス本を読みたい気分になり、だけど買いたい本屋さんがまだ再開しておらず、
モチベーションが下がっていた時に、このDVDに出会いました。
徒歩5分で行けるTSUTAYAに「ビジネス・カレッジ」なるものがあったのです。
この出会いは最高でした。そして私の仕事へのモチベーションをあげてくれました。

偶然は必然

そう思わずにはいられません。
やはり震災後、環境が日々変わり、精神的にもいっぱいいっぱいで、
気が滅入る毎日で、だけど元気で生きているのには変わりなくて。

働く場所は全く変わりないはずなのに、毎日出勤すると知らない顔が増えていて、
気づくと知らない顔に占領されているような感覚に陥ってました。

だけどこのDVDを見て、メモして、共感したりして、嬉しくなりました。
自分がやってきたことが無駄じゃなかったと思わせてくれたのです。

文房具が大好きな私は、使いやすい文房具を追い求めておりますし、
人にも勧めたりプレゼントしたりしてました。
そして雑用も、業務に支障がない程度に、気づけば沢山やっていたんです。
そして抱えきれなくなって、パンク寸前でした。
でも振り返れば「100%決定権」が自分にあったんですよ、確かに。

「目からウロコ」とでも言いましょうか。本当に救われた瞬間でした。
自分でどうモチベーションをあげるか。
自分で勝手に作り上げた『枠』をはずして、自分の世界を限界を広げるか。
仕事に対するモチベーションが上がってきました。

美崎さんに感謝です。そして私的にはTSUTAYAにも感謝ですね。
これからも「ビジネス・カレッジ」を上手く活用しながら、ビジネス系のDVDを見て
学んでいこうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-19 19:47 | DVD

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
職場はナースが完全不足状態。入っては辞め、入っては辞めていく日々。
シフト表も作っては、作り直し、打ち込み直したり…。
でも負けません。大丈夫、何とかなる。とりあえず、頑張ります。
さて今日は、昨夜から今日にかけて読みきった本をご紹介します。

ナニワ・モンスター

海堂 尊 / 新潮社


この本は、2011.4.21に発売されました。
「チーム・バチスタの栄光」シリーズの著者さんである、海堂尊さんの最新刊です。

物語は、新型インフルエンザ「キャメル」患者が浪速府に発生。
そこで、ナニワの風雲児・村雨府知事は、経済封鎖による壊滅的打撃や陰謀の危機を
打開できるのか?

初めて、関西が主体の物語でしたが、何のことはありません、
「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」「イノセントゲリラの祝祭」
「アリアドネの弾丸」「極北クレイマー」など、過去の物語に登場する人物も
チラホラ出てきます。

そして途中から出てきた、彦根新吾。
↑の作品の中で「イノセントゲリラの祝祭」「アリアドネの弾丸」に出てきている
グッチーこと、田口先生の後輩で、キレ者の「大ぼらふき(スカラムーシュ)」と
言われている彼が、この物語の核を握っています。

政治も立法も、教科書で出てくるような事を、医療のチカラを使ってやってのけようと
目論んでいるお話。

大体、彦根先生が出てくるお話は、最後がハッピーエンドで終わらないのが私の印象。
今回も、最後に謎と言うか、煙と言うか、火種を残して、物語が終わった感じがありました。

ただ、海堂マジック。
本の中盤(半分位)を読み進めると、誰にも読むことを止められないチカラがあります。
昨夜睡魔に負けて、途中で終わった私でしたが、残り2/3を目覚めてから一気に読みました。
夜勤前で寝ていたい時間だったのに、もう手遅れ(笑)

彦根先生が結構な割合で登場する物語は、高尚な内容が多くて、
所々何となくしかついていけていない部分もありますが、読み進めたいという
強い欲がどんどん押し迫ってくるので、血眼になってしまいます。

この物語の内容を読んで、一部は事実としてありそうだなぁと思ってしまいますが、
物語のことが全部本当になったら、大パニックだろうなと、寒気がしてしまいました。
でも、そんな世の中も見てみたいとも思います。
海堂先生の世界の中で、その世界をどんどん繰り広げていって欲しいです。

7月から、新ドラマの時期ですね。
↑にもあげた「アリアドネの弾丸」が「チームバチスタの栄光」シリーズの第3弾として
始まります。物語に彦根先生は出てくるのですが、ドラマには出ないようですね。
映画でもいいから、一度、彦根先生を誰か演じてくれたらいいなぁと
「ナニワ・モンスター」を読んで思いました。

ますます、「海堂ワールド」から目が離せません。次回作も楽しみにしております。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-17 14:42 | ほん

姉の結婚  西 炯子

みなさん、こんにちは。今日は休みのじゅぼんです。
昨日は夜勤明けに元同僚と会いました。家に戻ったらバタンキュ~。
2日前に旦那さんが作ってくれたカレーも夫婦で食べ飽きたため、
急遽、旦那さんが帰ってくるまでの30分の間に、夕食作りをして、
何とか夕食にありつけました。最近は「クックパット」頼みです。
さて今日は、そんな夕食後にレンタルしてきたマンガをご紹介します。

姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)

西 炯子 / 小学館


このマンガは、2011.5.10に発売されました。
現在「月刊 flowers」で連載中であります。

主人公は、岩谷ヨリ。アラフォーになり、地元に戻り、図書館司書の仕事をして
永住を決める。ひとりで生きていこうとしていた矢先に、イケメン精神科医に出会う。
そのイケメン精神科医は、肉体関係に半ば強引に持っていかれた後、
自分が「ホワイトポーク」とあだ名をつけて呼んでいた同級生だったことに気づかされる。
あまりの変貌ぶりに、動揺を隠せず、自分のマンションに妹も転がり込んできて、
どんどん「ひとりで生きていく」と言う決意が崩れていっているお話。

地味でそつなく生きてきた主人公が、ブンブン周囲に振り回されていく様が、
可愛くて、憎めなくて、ハラハラドキドキして、見守っていきたくなる感じです。

「甥の一生」から西さんのマンガのファンなので、これからも楽しみにしたいです。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-16 14:33 | まんが

ちょんまげプリン

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
朝早くから、何度も何度も目覚めてしまいました。寝苦しかったのでしょうか。
今週は夜勤ばかりの週でした。フフフフフ。
今日は、夜勤の割に早起きしてしまい、空いた時間で見たDVDをご紹介します。

ちょんまげぷりん [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル


この映画は、2010.7.31~全国公開された映画で、2011.2月にDVD化されました。

物語は、180年前の江戸時代からタイムスリップした木島安兵衛が、
現代の東京に来て、シングルマザーの遊佐ひろ子親子の前に現れる。
夕食をご馳走した後、別れるも、安兵衛は江戸時代と平成時代との時代錯誤に悩み
最終的に遊佐家の居候となる。恩義として家事全般を受け持つこととなる。
そんな中、お菓子作りに目覚めた安兵衛は、ケーキを作りまくり、
それをもてなしたママ友が勝手に応募したコンテストに参加する事となり…。


NEWSで関ジャニ∞の錦戸亮ちゃんが、映画初出演・初主演で話題の映画でした。
結局映画館に足を運び損ねてしまって、見ないまま今までおりました。

しかし「マルモのおきて」で福ちゃんに夢中になって熱弁してた私に、
「ちょんまげプリン」で出た子だよね?と友達が教えてくれて、
速攻TSUTAYAに借りに行きました(笑)

確かに福ちゃんは、今よりは幼いけど、舌足らずな話し方と、泣きの演技の凄さは健在。
存在感もちゃんと放っておりました。
楽しくもあり、切なくもある、見ごたえのある映画でした。

ただ、あまりに美味しそうなスイーツの数々に食べたくなりますが、
ブラックコーヒーを飲んで我慢しました(笑)

福ちゃんが気になる方で、この映画を見ていない方は、是非ご覧下さい。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-14 13:09 | DVD

大変ご無沙汰しておりました。今日は休みのじゅぼんです。
旦那さんが週4日休みの生活も馴染み、私の不規則勤務との波長も合い、
生活をする事を中心になりすぎておりました。すみません。いたって元気です。
さて今日は、先週ゲットしたCDをご紹介いたします。

ハモリズム(初回生産限定盤)(DVD付)

ゴスペラーズ / KRE


01.NEVER STOP
02.愛のシューティング・スター
03.BLUE BIRDLAND
04.なんどでも
05.Shall we dance?
06.Oh Girl
07.見つめられない
08.恋のプールサイド
09.明日
10.冬響
11.Dreamin'

このアルバムは、2011.6.8に発売されました。
アルバムタイトルのように「ハモリ」に重きをおいたアルバムになっております。

先月、足を運んだライブでこのアルバムの存在を知り、
ゴスペラーズのアルバムを収集している私としては、初回盤をゲットせねば!
と言う血も騒ぎ、買ってしまいました。散在だ(涙)
でも買って良かったです。

シングル曲は、「NEVER STOP」「愛のシューティング・スター」「冬響」。
その中でも「NEVER STOP」は、今のゴスペラーズの熱い想いが詰まっています。
生で聞いたこともありますが、何度も何度も聞けば聞くほど、元気をもらえます。
スルメのような感じですかね。噛めば噛むほど味が出る…みたいな。

そしてアルバム曲に名曲があるのがゴスペラーズ!(と勝手に私が言っている…)
今回も名曲がありました。
私が好きな黒沢さん作詞作曲の「なんどでも」です。
ラブソングなんですけど。黒沢さんの素敵な歌声が胸に響くのです。
歌詞も歌声もいい曲です。
ゴスペラーズの曲で似た雰囲気の曲を挙げれば「One more day」ですかね。
是非覚えてカラオケで歌いたいと思います。

ゴスペラーズの曲は聞くのもいいのですが、是非ライブで聴いていただきたいです。
生の彼らの歌声は最高です。
先日、ライブでしかもアカペラで聴いて、再認識しました。
皆さん、機会があれば、今年ツアーをされるので、是非足を運んで下さい。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-13 02:56 | ゴスペラーズ

震災から3ヶ月

もう3ヶ月も経つのか…。

あの震災から早3ヶ月。
それを機に、特別番組もやっていた。
市内の小学校の話は録画して見たら、オープニングの映像で舅の船が写ってた。
もれなく流された船。そして私の住んでるアパートも写ってた。棚からぼた餅だ。


この3ヶ月が経って、見えていなかったものが見えてくる時期に、
一番聴きたくない話を聞いてしまった。
経営者が、本当に心無い人だったと言う話。

医者として、診療も行っている人間が、
震災の3月の、あの地獄のような、戦場だった日々を過ごしている中、
「私、○○○がもうやってたから、行って来たの」と丁寧に写メまで撮って、
それを見せながら、自分が居酒屋で飲み食いしてきた話を、
主任会議の場でしていたそうだ。

ありえない。

そして納得がいった。

そんな人だから、一度も利用者の顔も、職員の顔を見に、
利用者が生活する場に足を運ばなかった。
足を運ぶ訳がなかった。期待した私達がバカだった。

そんな人だから、震災の中、通常業務に戻せない状況で、
ありえない人事異動をしまくり、現場を更に窮地に追い込んでいく訳なんだと、
本当に納得がいった。

そんな人に立ち向かう気が起こらない。
だけど利用者には関係ない。

最近思うことがある。
利用者も職員も、心理カウンセラーのような方々に、
話を聞いてもらう時期にさしかかってると私個人は思う。

心の中を、思いの丈を、十二分に吐ききる場所が必要なのだと。
そして「Re:STRAT」すれば良いのではないかと、思う。

それが出来るのが、生かされた私達だからこそだし、それをせねばいけないと思う。
何かを始めるにも、辞めるにも、心を整理しないと進めない。
復興ばかり目が行きがちだが、足元を見つめ直す時間も必要だと思う。

人間、器用な人でも、案外不器用で、同時に何もかもこなせない。
ましてや未体験ゾーンに踏み入ってると、尚のこと。

私は、家族や友達に話せている分、楽だけど、そうでない人は酷いと思う。

何か良い方法はないものか…。



震災から3ヶ月。
平凡だけど、平和な毎日が暮らせていることに感謝。
[PR]
by jyubon | 2011-06-11 03:34 | 東日本大震災

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
最近頭痛が酷く、頭痛薬が手放せません。ブルーデー目前なのも理由の1つかもしれませんが。
そんな私の頭痛を読んでいる間、解消してくれたマンガをご紹介します♪

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

ヤマザキマリ / エンターブレイン


テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)

ヤマザキマリ / エンターブレイン


テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)

ヤマザキマリ / エンターブレイン


現在3巻まで出ているマンガ「テルマエ・ロマエ」。
映画化も決定し、主役は阿部寛さんだそうです。

紀元前ローマ帝国で、浴場の設計士をしていたテルマエ氏が、風呂に溺れて
覚醒すると、何故か日本の浴場にタイムスリップするという設定なのです。

設定も面白いのですが、みんな基本は真面目なので、そのギャップが本当に面白い。
昔もローマでは入浴が重要視されていて、人の癒しになっていたのだとも学べますし、
色々考えさせられます。

映画化になったら観に行きたいですが、このマンガ、レンタルコミックは著者さんが
許可されていないマンガなので、購入させていただきました。
今後も購入して行こうと思います。

気になる方は是非ご覧下さいまし。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-06-04 10:44 | まんが

腑に落ちない。

仕事のモチベーションが日に日に落ちていく。
過去最高急加速。

私自身、今の職場は、開設当初からいて、完全に古株。
「利用者さんのことがどうでも良くなったら辞める」と決めていました。
そして今、まさにその状態。色々原因を考えました。

考えた原因(経緯)は以下の通り。

01.震災後、色々ありすぎて、疲労が蓄積していて、正常に思考が機能していない

02.震災の影響で、人材の移動が激しすぎて、利用者も職員も落ち着かない環境

03.そのような環境下でも、それなりに落ち着いて来た矢先に、中途採用者に上司がお熱

04.上司がお熱と言っても、恋愛ではなく、資格や経験者であることに、有望視してるだけ

05.その人間の言う事を全て鵜呑みして、今までの職員の事や、業務を完全否定しているだけ

06.更に、その中途採用者は津波で職場を失った人間

07.その中途採用者を中心に、経営者が「業務改善委員会」なるものを一方的に発足

08.「業務改善委員会」のメンバーに何故か自分も任命される

09.委員長は中途採用者が立候補

10.委員会も中途採用者と上司の中で、秘密裏に作戦を練られてた感も否めない

11.そのためか、疎外感を自分自身感じている

12.疎外感を持ちながらの委員会でも、委員長が発していることを理解は可能

13.ただ理解出来ても、腑に落ちない。

14.結局、今まで自分達がやって来たことを真っ向から全否定されている

15.否定しただけでなく、バカにしているようにしか感じ取れない

16.結果、自分がいなくても良いと言う気持ちになった



こんな「負の連鎖」なんですね。
辞めるのは簡単だけど、逃げている感じもする。
だけど、前向きに笑顔で「頑張ります!」とは言えない。
自分で表情がなくなっていくのがわかる。血の気が引いていく。
無表情で、無気力で、無感動。

自分が能天気に職場に行っているのも馬鹿馬鹿しい。
自分の仕事ぶりも、行動も全てチェックされて、罵られないだけで、バカにされて終わり。
勝手に盛り上がってやりたい人達でやれば?って言いたくもなる。

「どうせバカにするんでしょ」「どうせ笑っているんでしょ」
「どうせ」「どうせ」とマイナスしか産まないオーラを解き放ってしまうだけ。
職場でも家でも。

初めて「実家に帰って出稼ぎするかなぁ」とまで考えております。
ここまで考えるのは初めてですし、そこまで今の職場に対して情がなくなっています。
「業務改善」する前に、職場を去るのが早いのかもしれません。

「今の職場の良さ」を探そうともせず、伸ばそうともせず、
「外の空気を入れて、良い所は吸収していきましょう」と、上司は浮き足立っている。

今すぐ辞表は出さないにしても、自宅で休んでいても悶々としてしまうので、
自分の今後を真剣に考えようと思う。
[PR]
by jyubon | 2011-06-02 00:34 | おしごと