みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
明日の月曜日から怒涛の6連勤。世の中の方はそれが普通ですもんね。
皆さんを見習って、月曜日から仕事頑張ります!
さて今日は、そんな私に「喝」を入れてくれた本をご紹介します♪

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

長谷部誠 / 幻冬舎


この本は、2011.3.17に発売されました。
その頃は、本どころではありませんでした。

震災後2ヶ月くらい経過したある日、この本の存在と反響を知りました。
その頃の私は、かなり精神的にやさぐれておりました。
自分で自分の心がどうにもコントロールが出来ずに、持て余している部分もあって、
精神的に肉体的にどこか無理に無理を重ねて、自分で自分をなだめていただけでした。

しかし日々過ごしていく中で、何かが弾けた訳ではないのですが、
以前は腹立たしかったことも、そうでなくなったり、色々受け入れる受け皿が
少し大きくなったような気がしました。

だけど、まだまだで、手探りの日々には何ら変わりありません。
この本の帯には以下のような項目が書かれております。

心のプロフェッショナルがおくる、メンタル新解釈! 
・努力や我慢を周囲にひけらかさない。
・1日30分、意識して心を鎮める時間を作る。
・整理整頓で心の掃除をしよう。
・マイナス発言は自分をも後退させる。
・競争は自分の栄養になる。
・運とは口説くもの。
・遅刻が努力を無駄にする。
・ネットバカではいけない。
・自分が楽な方に流されると、誰かが傷つく。
・外見は自分だけのものではない。


この本は、第1章~第9章、そして最終章から構成されております。
第1章 心を整える。
第2章 吸収する。
第3章 絆を深める。
第4章 信頼を得る。
第5章 脳に刻む。
第6章 時間を支配する。
第7章 想像する。
第8章 脱皮する。
第9章 誠を意識する。
最終章 激闘のアジアカップで学んだこと。

私は、はっきり言って「サッカー音痴」です。
MFだのDFだのFWだの「何のこっちゃ」状態であります。
そんな私でも長谷部選手の名前と顔は認識しておりました。
この本を読むまでの私の感じる長谷部選手のイメージは「甲高い声の人」と言うイメージ。
見た目より思いの他、高い声でお話をされたのにビックリした印象が強かったのです。

キャプテンと言う肩書きを持つ人は、私の勝手なイメージでは「グイグイ引っ張るタイプ」
だと思っていました。しかし長谷部選手からは、そんな雰囲気は見えません。
何故彼がキャプテンに任命され、チームをまとめられたのか、ここには書かれています。
そして、「グイグイ引っ張るタイプ」でない人間が、チームをまとめられる術が
そこにはありました。

私も先日、なんちゃってでも肩書きがつき、訳が分からず毎日が過ぎていました。
同じ仕事でも肩肘張って張り切ってしまったり、空回りしそうになったり。
精神的に落ち込むこともありました。

だけど、この本に今出会って良かったと思います。
それは、今の私だから素直に受け入れる事が出来たからです。

「長谷部誠」と言う人間が形成されるまで。
この本のタイトルのサブフレーズにしてもいいくらい、そんな感じがしました。
彼の美学も哲学もあります。

中でも、「○○さんの本にこう書かれていました。」と言うフレーズが多々あります。
そしてそのフレーズに、また胸を打たれてしまうのです。
その本を読んでいないのに、読めた錯覚にすら陥る。本当にマジックのようです。

彼の哲学が全てではないし、自分にそっくり当てはまる訳ではないですが、
大いに参考にさせてもらって、少しずつ、自分との対話を大事にして、
自分自身高めていけたらなぁと思います。

最後に、長谷部選手も大好きなミスチルのNo.1ソングをUPして、今回はこの辺で。

[PR]
by jyubon | 2011-07-31 23:58 | ほん

ふるさとの花。

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
朝から早起きして、仙台市長町まで美容院目的で出かけました。
睡眠不足もあって、睡魔との闘いでしたが、髪の毛サラサラになりました。

今日は、美容師さんに「○○○さん、髪質本当に良くなりましたよね?別人みたいです!」
と担当さんでない美容師さんに言われました。
その後に担当さんも「本当にそうですよ」と言ってくれました。
社交辞令ではなく、素直な感情で言って下さった感じだったので、本当に嬉しかったです。

抜け毛に悩み、ハゲていくのかと、本当に最近悩んでおりましたので、ビックリでした。
美容院へは適宜通うものなのですね。
私の場合、震災がキッカケで、定期的に通うようになったのですが…。

そして、いつも行く洋服屋さん(axesfemme)で洋服を選んでいた時の事。
「その組み合わせ可愛いですね」と店員さんに言われました。
真剣に重ね着する洋服を色々選んでいた時の話です。
その一言に嘘偽りはないと思い、即買いです(笑)
素直なんです。乗せられやすいんです。バカなんです(笑)

だけど、この2件の出来事。両者ともプロからの一言が決め手になっております。
本当に嬉しかったんです。有難いお話でございます。

そんな私、自分へのご褒美として、切手を買いました。
「ふるさとの花 全国47都道府県の花」と言う切手シートです。
50円×47都道府県分なので、2350円です。
お高く感じますが、とてもキレイで飽きない感じだったので買いました。
A4のクリアファイルに入った状態でいただきました。
しばらく使えそうにないですが、懸賞に役立てないと思います。

一人での有意義な時間。平日休み。超堪能しました。
だけど気づいたことがあります。私…体力低下した。
長時間ウインドーショッピングが精神的に肉体的に疲れる。
その事実を体感して、少々落ち込み気味ですが、
ゆっくり休んで明日からまた頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-28 22:48 | ひとりごと

みなさん、こんばんは。今日は日勤でした。給料日でしたが降ろす時間がなかった(涙)
今日は、眠れない夜に読んで、時に涙した本をご紹介します。

スローグッドバイ

石田 衣良 / 集英社


この本は、2002.5.24に発売されております。
ちなみに、2005.5.20に文庫本化されております。
私はこれもハードカバーの方を、BOOK OFFで105円で購入しました。

この物語は「さよならから始まる恋人たちの物語」10編で構成されてます。
この本も「愛がいない部屋」と同様、本の帯のタイトルとフレーズが抜粋されていたので
↓にUPしますね。

01.「泣かない」…あんな男には、私の涙はもったいないよ
02.「十五分」…初めての人とこんなにいけたの初めてだな
03.「You look good to me」…がっかりしたでしょう。私は醜いから
04.「フリフリ」…つぎの機会なんてないかもよ
05.「真珠のコップ」…ちょっと休んだら、もう一回する?
06.「夢のキャッチャー」…自分が納得できるまで、結婚はしたくない
07.「ローマンホリディ」…年なんか取ったって、なにも悟りはしないものよ
08.「ハートレス」…この三ヶ月、私に指一本ふれていない
09.「線のよろこび」…だってあの人、才能なさそうだもん
10.「スローグッドバイ」…忘れないでちゃんと書いてね

「さようなら」は「はじめまして」の裏返し。
終わりがあれば、始まりがある。
次なるステップへの踏み台とでも言いましょうか。

短編集と侮るなかれ。ハートを鷲づかみされる作品もありました。
「私にはもう無理だなぁ」と涙が出てしまう作品もありました。
みんなが置かれてる立場や、環境によって、感動する作品は色々だと思います。

ベタベタしたドロドロした恋愛モノでもなく、だからと言って薄っぺらくもなく、
ちゃんと厚みがある物語。

眠れない夜に、短編集はオススメです。良い睡眠導入剤であります。
泣けても、その涙が睡眠薬代わり。ぐっすり眠れます。

今朝は震度5弱の地震で起こされて睡眠不足なので、本要らずで熟睡できそうです。
寝静まった頃の大きな地震は、地鳴りが鮮明に聞こえるから怖い。
今夜はぐっすり休もうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-25 23:56 | ほん

みなさん、こんばんは。今日と明日休みのじゅぼんです。
27時間テレビを楽しく見ております。懸賞をしながら夜中まで観ようと思います。
今日は、昼間遊びに行った友達の子供も釘付けになったDVD付きのCDをご紹介♪

マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)

薫と友樹、たまにムック。 / ユニバーサルミュージック


01.マル・マル・モリ・モリ!(フルサイズ)
02.マル・マル・モリ・モリ!(テレビサイズ)
03.マル・マル・モリ・モリ!~薫ちゃんと歌おう!(薫パート歌入りバージョン)
04.マル・マル・モリ・モリ!~友樹くんと歌おう!(友樹パート歌入りバージョン)
05.マル・マル・モリ・モリ!(フルサイズカラオケ)
06.マル・マル・モリ・モリ!(テレビサイズカラオケ)

【DVD】
マル・マル・モリ・モリ!(フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)

このCDは、2011.7.13に発売されました。
初回限定盤がバージョンアップされて、「薫と友樹の振り付き映像」が付いております。
諦めないで良かった(涙)

この映像を見ていると本当に癒されます。
気づいたらTV画面の前で、来月36歳になるアラフォー女が真剣に踊っています。
最近始めたベリーダンスを見られるより恥ずかしい画だと思います(汗)

この時期に、この映像は本当にこんな時だからこそ売れたのかなぁと思います。

友達の子供はずっと踊りっぱなし。
子供相手に最高のアイテムです。

エンドレスで流していても飽きない。
大人も癒される。子供は喜ぶ。
一石二鳥とは、このことでなかろうかと思います。

今年の紅白には出てくれると信じて、このCDを大切に持っていようと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-23 21:51 | おんがく

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
昨日は夜勤明け。連日夜勤です(笑)
利用者に「また夜勤なの?」と言われると苦笑いするしかありません(汗)

昨日の雨風、凄かった。震災の被害以上に酷い被害が西日本中心にありました。
早く復興されますように。それにしても昨日は寒かった。
長袖長ズボンでないと眠れませんでした。そんな眠れないとある夜に読んだ本をご紹介♪

愛がいない部屋

石田 衣良 / 集英社


この本は、2005.12.5に発売されています。
ちなみに、2008.6.26には文庫本化されております。
私はBOOK OFFで105円でハードカバーの方をゲットしました。

石田衣良さんは「池袋ウエストゲートパーク」の原作者で有名ですけど、
あの物語の原作は未だに読めておりません。
どちらかと言うと、恋愛モノの方が私好きなんです。

この本は10編の短編集から構成されております。
本の帯に各物語に対し、その物語とタイトルに合った登場人物の台詞が抜粋されてます。
以下にUPしますね。

01.「空を分ける」…面倒なこと全部捨てちゃって、どこかに逃げちゃおうか
02.「魔法の寝室」…待って。なんだか、今のがすごくいいみたい
03.「いばらの城」…若い男のまえじゃ、もう裸になる勇気ないもの
04.「ホームシアター」…どうして生きてることって、こんなにつらいんだろう
05.「落ち葉焚き」…いったいいくつから、恋をするとみっともなくなるんですか
06.「本のある部屋」…身体の関係がないのは、あなたに魅力がないからじゃないの
07.「夢のなかの男」…男と会うまえに浴びるシャワーって、最高なんだよね
08.「十七ヶ月」…そのまま、もうすこしママに時間をちょうだい
09.「指の楽園」…結婚ってバカンスじゃなくて、毎日の仕事と同じなのかな
10.「愛がいない部屋」…なにがあっても、あの子を幸せにしてあげないといけないのよ

この本を読んだのが丁度10日前。
↑のフレーズを読んで、内容まで一気に思い出せたのが約半分。
タイトルとフレーズだけで。

この物語は架空のお話だけど、似たようなお話は世の中にあり得るのだと思うと
「自分が知ってる世界の狭さ」の愕然とする。
自分の価値観だけで相手をどれだけ判断しているのか?と自分を卑下したくもなる。
色々な世界と価値観が集まって、世の中が構成されている訳で、
どれもこれも、今置かれてる状況も、全て乗り越える事が可能であるから
そこにいる。

寂しいのは自分だけじゃない。辛いのは自分だけじゃない。そう思える。

それにしても男の作家さんで、こんな様々な恋愛に関するお話を書けるなんて凄いなぁ。
女の作家さんが書いたみたいな雰囲気がしました。

今日も夜勤。明日は明けですが、夜ナースなし夜勤だから待機。
何事もなければ呼び出しがないのですが、呼び出しがあったら、
いつでも出動せねばなりません。寝落ちしそうで怖いので、DVD沢山借りてきました!
でも寝てしまいそうですけどね(笑)ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-21 11:11 | ほん

みなさん、こんにちは。今日は休みのじゅぼんです。

昨日は夜勤明けで、だめもとで「ap bank fes'11 パブリックビューイングat仙台」へ
向かいました。そしたら、オープニングのBank Bandだけ見れないだけで、
あとは全部見れました。奇跡です。
途中、熱中症になりそうでしたが、水分補給で最後まで楽しむことが出来ました。

無料で、過去にチケットは取れたけど台風で行けなかった「ap bank」を見れて
全てに感謝する1日でした。

諦めなかった自分。平和だった夜勤。頑張ってくれた夜勤の面々。
おかげで定時に上がれました。そんな自分を連れて出かけて付き合ってくれた旦那さん。
会場のお客さん。スタッフさん。そしてわざわざ来てくれた一青窈さんなど。
本当に全てに感謝でした。

感動して泣けたのは一青窈さんの歌った「時代」。中島みゆきさんが作ったこの名曲。
過去に何度も何度も、色々なアーティストの方々が歌われていたのですが、
生で、感情を思い切り込めて魂の叫びとも言える歌声で歌われて、
歌っていた本人も涙で歌が詰まる程の「時代」涙が溢れてしまいました。
改めて「歌の力」を痛感しました。

そして一番初め、既に泣きそうになったのは、ナオトでした。
ナオト・インティライミの「今のキミを忘れない」を聞いて、5月の復興支援ライブが
シンクロして、更に歌の力も加味して、涙ぐんでいました。
初めて聞いた旦那さんも「ナオト面白いね」って言ってました(笑)

最後の最後、泣いた曲は総出演者で歌った「to U」でした。
旦那さんが「震災後に作った曲みたいで、震災後からこの曲は何度聞いてもダメだ」
と言ってました。私は会場で休憩中に流れていても、頭に入ってこないで、共感できず。
しかし、みんなで歌っている姿と歌詞を再度聞き込んで涙がポロポロ。夫婦で泣いてました。

トータス松本さんが、自分の出番の時のMCで言っていた言葉があります。
「歌を聞いて元気が出ましたとかもらうけど、自分は歌って元気が出んねん。
 聞いて元気の出る人は聞いて、歌って元気が出る人は歌ったらいいねん。」と。

アーティストと言う立場の方々が、今回の震災で自分の無力さや
「歌を作っている場合じゃない」などと立ち止まってしまったりと、
様々な葛藤と戦って見えたのを、皆さんの言葉から感じました。

だけど、私の場合、震災後数日間は「歌なんて聞いている気分じゃない」と思いましたが、
やはり救われたのは「歌」でした。「歌が聞けるんだ」と思えました。
歌を口ずさめて、歌えた自分に喜べました。

そんな頃を、トータス松本さんの話を聞いて思い出しました。
そして昨日のパブリックビューイングに参加させてもらって、痛感しました。
「歌の力は凄い。繋がりを感じられる。みんなの熱い想いが伝わるモノが歌なんだ」と。

平穏な毎日が過ぎていく中で、今朝の「なでしこJAPAN 世界一」と
元気のない日本を背負って、日本に元気を送ってくれる方々が日本に、世界に沢山いるのだと
本当に感動しました。

私は昼に起きたので、起きて旦那さんに聞いて全身の毛穴が開いたかと思えるくらい
ビックリしました。そして目が覚め、感動しました。

世の中3連休最終日。私は今日しか休みじゃないけど、色々考えさせてもらえて、
そして感じる事が出来た、良い休日でした。本当に全てに「ありがとう」です。

皆さんにも、良い1日1日が過ごせますように、お祈り申し上げます。ではまた。

ap bank fes'11 Fund for Japan パブリックビューイングat仙台(2日目)
[PR]
by jyubon | 2011-07-18 14:15 | らいぶ

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
肩書きがついて初出勤です。おかげで熟睡感がありません(笑)
普段夢を殆ど見ない私が連日夢を見ます。何かの兆候なのでしょうか?
そんな私に勇気と元気をくれた作品をご紹介します♪

Let's try again(DVD付)

チーム・アミューズ!! / 株式会社アミューズ


01.Let's try again
[DVD]
01.Let's try again(Music Video)
02.Let's try again(making)

このCDは、2011.5.25に発売されました。
「被災地に支援を!日本中に元気を!」と言う目的で、
アミューズと言う事務所の面々が集まって作られたCDであります。

計3日間と言うスケジュールでレコーディングとミュージックビデオの撮影が行われました。
既に発売日からレンタルショップではレンタルが開始になっており、
先に配信もされていたので、聞かれた方も多いかと思います。

病み上がりのサザンの桑田さんが深夜にまで及ぶ作業で3日間練りに練って作られました。
福山雅治さん発信の桑田さん発起人と言う形で、このチームが結成されて、出来上がりました。

このニュースを聞いた時に嬉しくて、自分も絶対に買おうと、予約して買いました。
曲は届いたその日からずっと聞いていたのですが、DVDを中々見れずに今日に至り…。

本当に素敵なPVで、メイキングも楽しく、「チーム・アミューズ」の熱い想いが
ひしひしと伝わってきました。色々ありがとうって気持ちになりました。

震災から4ヶ月。
毎日震災で亡くなった方々の葬儀が次々に行われており、
「おくやみ」に3/11に亡くなって葬儀される方の名前が連なる毎日。
元職員で亡くなった3名のうち2名の葬儀も無事済みました。

完全にお店が全部開いて、以前のペースに戻った訳ではないけれど、
以前に戻っているように感じます。

マックは24時間営業には中々戻らないし、南相馬市のマックは再開しないし、
まだまだ復興への道のりは遠いけど、このDVDを見て、元気が出ました。

震災のことを思うと、「初心に戻らなければ」と言う思いになります。
生かされている意味を忘れかけてしまっていました。
生かされている以上、進み続けなければいけない。毎日半歩でも進む。

初めて肩書きがついた今日。
業務は変わりないかもしれないけれど、自分に厳しく、
少しでも前向きにやっていこうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-16 14:26 | おんがく

明日から副主任。

みなさん、こんばんは。1週間ぶりの更新でございます。じゅぼんです。
風邪もすっかり良くなり、元気に過ごしております。

しかし今朝、出勤早々上司に呼ばれ、事務長補佐から呼び出されているとお達しが。
恐る恐る行ったら「明日付けで副主任をやってくれないか」と言う話。

開設当初からいる私。
私の直属の上司は私を高評価してくれていたらしい。
ただ私の問題点は接遇の悪さ。言葉遣いが良くない。感情的になってしまう。
その点が上司的にネックだったのだと思った。
しかし上司は、確かにそれがなければ最高の指導者になれると思うとまで褒め称えてくれた。

上司があそこまで思っていたのだと初めて知った。はっきり言って驚いた。

だが経営者は違う。
私の接遇の悪さばかりに気をとられているらしく、芳しくない態度だった。
ただ経営者として厳しい態度を取ったのかもしれないが、非常に顔つきがこわばっていた。
「出来るの?出来ないの?」と言う質問に対して
「出来る限り倒れない程度に頑張らせていただきます」と答えたんです。
だけど「結局出来るの?出来ないの?」と言われてしまう始末。
あの~って言いたくなるけど、日本人じゃないから仕方がないと割り切りました。

手当てはたったの5000円。
仕事内容は、今までその役職のような仕事をこなしていたので、責任が付いて回るだけ。
あとは態度(意識)改革しなきゃいけないんでしょうね。

「笑顔は素敵なのに」と経営者に言われましたが、
経営者に笑顔振りまく時点で媚を売ってるだけだと思う私は、
利用者以外に笑顔を振りまかないのです。

「24時間誰かが見ているんです。それを分かってください。
 いないからいいとかじゃないんです。」

経営者のお言葉です。自分は何もかも知っているのよといわんばかり。
ただ経営者のスパイがチクっているだけに過ぎない話。
しかも利用者の中にもスパイがいるし(笑)笑ってしまう。

そのスパイの利用者と仲良しな人は、上司の評価も高い。
私は逆で嫌われていて、挙句の果てに、そのスパイの利用者に
「お前がいるから、この施設は最悪なんだ。お前のせいだ。」とまで言われて、
退職まで考えました。先月の話です。

考え事して感情的になって、眉間にシワを寄せているだけで「おっかない」と言われ、
髪の毛をキッチリまとめている髪型を罵られ、自分を全否定。
それからその利用者と必要最低限しか話しません。
愛想良く、笑顔でバカ喋りなんて出来ません。全身鳥肌が立つ。

利用者の言葉を100%信じることは必要。
でも鵜呑みにしてはいけない部分もあるのに、経営者は鵜呑みにして、職員批判をする。
偏った見方に過ぎない。

批判してても何も生まれないので、ひとまず、やれるだけやってみようと思います。
倒れたら辞めればいいですし。

経営者は嫌々私を副主任にした感が否めない。
本当に「何だかなぁ~」って気分で、憂鬱な感じは残りますが、
今夜は一人で祝杯!?をノンアルコールであげたいと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-15 21:32 | おしごと

生まれる森  島本理生

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
暑いですね。でも風邪はまだ治りそうにありません。早く治さねば。
さて、今日は先日の夜一気読みした本をご紹介します。

生まれる森

島本 理生 / 講談社


この本は、2004.1.29に発売されております。
文庫本としては、2007.5.15に発売されております。

この物語は、大学生の女の子:野田ちゃんの忘れられない恋の話。
彼女が高校時代通ってた予備校の先生:サイトウさんとの恋。
でもそれが、自分にとって体調を壊すほどの影響を及ぼしていき、
中々体からまとわりついて離れない。

そんな時に、高校時代に割と仲の良かったキクちゃんと心を通わせるようになり、
彼女と彼女の家族と関わるようになって、自分自身を省みようとしていく話。

風邪で体調が悪いのに、眠れなく、そんな夜に一気読みした本です。
作者は、「厳密には、この物語は恋愛小説とは言えないかもしれない」と言ってます。
確かに言えない部分もあるかもしれない。でも恋愛小説だと思う。
彼女の描く特性が現れている作品だと思う。

彼女の作品は結構BOOK OFFで105円で売られている。
興味が沸いたら手に取って読んでいただきたいです。
そして現在、直木賞候補にあがってる「アンダー・スタンド・メイビー」が
直木賞になるといいなぁと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-08 14:38 | ほん

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
本当は義妹と遊ぶ約束をしていたのですが、風邪を引いてしまいまして、断念。
医者に行き、買い物に行き、夜に緊急会議に参加しに職場へ行きました。
そんな私にパワーを注入してくれたアルバムをご紹介します。

Mind Travel(初回限定盤)(DVD付)

Superfly / ワーナーミュージック・ジャパン


01.Rollin' Days
02.Beep!!
03.Fly To The Moon
04.タマシイレボリューション (Extended ver.)
05.Eyes On Me
06.Deep-sea Fish Orchestra
07.Secret Garden
08.Sunshine Sunshine
09.Morris
10.Wildflower
11.Free Planet
12.悪夢とロックンロール
13.Only You
14.Ah

このアルバムは、2011.6.15に発売されました。
7/2~全国レンタルも開始されております。
待望の3rdアルバムであります。

タイアップ曲も沢山あり、何と言っても元気いっぱい、パワー炸裂のナンバーが目白押し。
聞いていて元気が出ます。
56分ちょっとの長さなのですが、気づくと1周あっと言う間な感じです。

最後の「Ah」は「あぁ」と言う歌詞しかありませんが、癒しの境地です。
疲れた心にはジ~ンと来ます。

あんな小さい体で、あんなにパワフルな歌声が出るだなんて、本当に凄い。
カラオケで1曲熱唱しただけでスタミナ切れるのに、彼女はライブで歌い続ける訳でしょ?
本当に頭が下がります。

ここ2~3日ずっと聞いておりました。心は元気になりました。
ただ風邪ばかりは歌では治せないので、おとなしく寝ようと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-05 21:20 | おんがく