「ほっ」と。キャンペーン

コクリコ坂から

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
もう明日から9月ですね。早いものです。
さて今日は、昨日見たもう1本の映画をご紹介します♪

映画「コクリコ坂から」HP←クリック♪

この映画は、2011.7.17~全国公開されております。
スタジオジブリ映画です。宮崎駿監督の息子さんである宮崎吾朗監督作品です。

物語の時代背景は、1960年代の高校生の男女の事を描いた内容になっております。
時代を感じられる運動や、道具。
そして電化製品や車など、東京オリンピック前と言う事で様々な成長を伺える背景。

どこか懐かしくて、ほのぼのしているようで、高校生らしく快活な女子高生:海。
彼女は下宿を営んでいる管理人さん的存在で、朝誰よりも早く起きて、家事をこなし、
お手伝いさんに託し高校へ通っている。お弁当ももちろん自分で作って。
更に出納長をつけ、祖母に提出、確認してもらう。主婦として完璧である。
それなのに学生もちゃんとやってる。あの時代は、そんな人が沢山いたのだろうか。

そんな中、同じ学校内で出会う人と恋に落ちる。
今のようにすぐ肉体関係などと安易な行動はしない。
完全にプラトニック。だけど深く熱い。そんな印象がした。
みんなが確固たる強い意志を持った者同士が集まってる。そんな感じ。

せっかく出会って恋に落ちた二人に障害が立ちはだかる。
一体その障害とは?そして二人はどうなるのか?

「大人が泣けるジブリ映画」とキャッチコピーがあったので、泣く準備をしていたけど、
実際泣く暇はなかった。泣けなかった。

切ないけれど、テンポが速くストーリー展開されていくので、泣く暇(間)を与えなかった
そんな感じでしょうか?

だけど泣けなくても、私的には好感が持てる映画でした。

見習うべき点もあり、若いから無知だからこその無鉄砲さも危なっかしいけど
どこか憎めなくて、羨ましくて、素直になりたくなって、
こんな時代だからこそ、見られて良かった映画でした。

職場の先に観た人の感想は「だから結局どうなるの?って感じだった」と言う感想でした。
その感想も理解できます。
確かに「その後の、もうひとつの展開」を見る側としては無意識に求めてしまいます。
でもあえてそこまで作らなかった事に意味があって、見た人の想像の世界で「その後」を
設けてストーリーを創り上げていけばいいのかなぁと勝手に解釈しました。

大森南朋さんの声にドキドキが止まらなかったです。あの声は色気がムンムンしてます。
まぁ、私はそう感じるだけなんでしょうけど(汗)

DVDになって、一人でじっくりもう一度観たい映画だなぁって思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-31 14:29 | えいが

神様のカルテ

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
半分諦めていたのですが、ようやく思い腰を上げて見て来た映画を、今日はご紹介します♪

映画「神様のカルテ」HP←クリック♪

この映画は、2011.8.27~公開されております。
小説「神様のカルテ」の映画化されたものです。

「神様のカルテ」を読んだ記事はこちら←をクリック♪

原作を読んで、確か泣いてしまいました。
勝手に涙が出てきたんです。

初めは、夏目漱石を愛する主人公:栗原一止(いちと)先生の漱石口調に馴染めずに、
読み進めるのが苦労した覚えがあります。
でもどんどん読み進めると、医療の話でもあるので、一気に読んだように記憶しています。

心を救う医師である栗原先生。技術も知識も大学病院の医師に認められる程の腕がある。
だけど地元密着の病院に根付く決意をする。それはそれは悩んで悩んで。

医療や福祉は何が正しくて何が悪いのか、その人の価値観によりけりな世界である。
誠意と熱意があっても、相手に届かなければ空回り。
相手の事を思って対応しても、自分の意見を押し付けてはいけない。
患者さん(利用者さん)の意見を聞いて、受け入れて、その上で対応する。
これがベターでベスト。そして中々実行に移すのが容易でない。

その世界で、理想とも思える対応をされたのが栗原先生だ。
だけど、考え方によっては「えこひいき」に過ぎないかもしれない。
でも1人の人に真摯に向き合って、答えを出していく様は、見習うべきだし、
本来そうあるべきなんだと反省した。

今ほど仕事がスピードも速く、スムーズに出来なかったあの頃の私に出来ていた事。
患者さんの話を傾聴して、出来る限り叶えてあげようと努力した、あの頃。
今はそれが出来ていない。あの頃を思い出させてくれた。

実際本を読んだ時以上に、涙が溢れて、3回も泣いてしまった。
演技派が沢山揃ってる映画だったし、内容も素晴らしかったから泣けたのだと思う。

震災後、心がささくれてて、最低な言葉掛けしか利用者に出来ていなかった。
今度何かあった時は、出来る限り相手が望む言葉をかけられる看護師でいたいと思った。

原作は2冊出ているので、是非映画も「神様のカルテ2」を制作して欲しいなぁと思いました。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-30 22:33 | えいが

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
昼に委員会のために、今から勉強会のために職場に出向きます。
うたた寝しましたが、まだ眠いですzzz…
しかし今日は、肩書きを含め、勉強会で重要な役割を担っているので、行ってきます。
さて今日は、そんな疲れた私を青春時代に引き戻してくれるマンガをご紹介します♪

純愛ラビリンス 4 (花とゆめCOMICS)

なかじ有紀 / 白泉社



現在4巻まで出ているマンガです。
なかじさんの絵が昔から好きで、こんな可愛い子だったら…こんなキレイな子だったら…
と思いを馳せてしまう36歳、イタイアラフォー。

この物語は現在連載中で、話は完結しておりませんが、
萩原羽美(うみ)16歳高校1年生が主人公。
パパはバラエティ番組プロデューサー、ママはハンガリー人。
お兄ちゃんは、萩原美斗(ハルト)18歳。売り出し中の俳優。
そして羽美ちゃんは、超ブラコンで、お兄ちゃんのファン1号。おばあちゃんも大ファン。
お兄ちゃんっ子の羽美ちゃんは、気づけば、お兄ちゃんの寝床で寝てしまう無防備な子。

そして荻原ハルトのライバルとして売り出し中の、貴島レイラ(♂)が隣人として来て、
羽美ちゃんを巡って、恋の三角関係が始まります。

このお兄ちゃんを本気で好きな羽美ちゃん。実は両思いだったりします。
でも兄妹。永遠に叶わぬ恋。禁断の関係…と思いきや、実はお兄ちゃんが血縁でないと判明。
これから、どんな展開になるか、ますます目が離せません!

36歳の私でもドキドキして読むので、中高生はもっとじゃないかと思います。
逆に今の子の方がクールなのでしょうかね(笑)

少女マンガは大人でも夢中にさせてくれる魔法があります。
いつでもキュンキュンさせてくれる何かが、そこにはあります。
非現実的な世界観かもしれないけれど、
私はそこに時間を委ねる時があってもいいと思うのです。
胸キュンはいくつになっても必要なコトであります。

このマンガを読者として見届けたいなぁっと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-29 18:10 | まんが

みなさん、おはようございます。今日は日勤のじゅぼんです。
今日は、一昨日から始めたマッサージが掲載されている本をご紹介します。

きれいの魔法 2011年 08月号 [雑誌]

NHK出版



この本は、多分最新刊が「9月号」になっていて、
本屋によっては置いていないかもしれません。

だけど、この「8月号」に掲載されている「静脈マッサージ」が良かったのでご紹介。

皮膚科専門医の非常に品の良い女医さんが教えてくれた「静脈マッサージ」
主に顔から頚部にかけて行うマッサージなのでありますが、
医学的にも解剖生理学的見地からも良いマッサージとして紹介されました。

世の中には「リンパマッサージ」が主流で、老廃物の排出など、むくみ取りにも良いとされ
誰もが信じて疑っていなかったと思います。私もその一人でした。
しかし、「リンパマッサージ」が1だとすると、「静脈マッサージ」は10の効果がある!
と教えて下さいました。

そしてその「静脈マッサージ」を行った所、アゴがとがって、目が開いて、頬も上がり、
VIVA!アンチエイジング!って感じであった訳です。

昨日会った友人にも「スッキリしてると思いました」と言われ、メイク前に行うマッサージに
最適かと思いました。

先生は、全部毎日やるのは大変かもしれないけど、どれか1つでも続けて行うことが良いと
おっしゃっていました。

皆さんも宜しかったらどうぞ♪
Eテレ「きれいの魔法」も併用してご覧下さい!結構良いですよ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-27 06:49 | ほん

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。

8/22は私の3回目の年女の日でございました。36歳になりました。
何事もなく、平凡な1日になる予定でした。

しかし、職場で緊急事態が発生し、休日の私でしたが、昼間に職場に出向き、
勤務表を変更したりして、一旦帰宅。

その夜は「待機」の当番。
しかしそれが運のツキ。夜に一度職場に呼び出され、実質2度目の出勤。
そして具合の悪い利用者さんの処置をしておりました。その後、安定したので、帰宅。

帰宅して、慌てて夕食を食べて、ケーキもいただきました。
そしたら、再度出動要請が…。

その利用者さんは元気なのですが、超低血糖で意識があるのが信じられないくらいの状態。
しかも糖尿病の既往がない。不可思議な現象であります。

結局朝まで泊り込んで状態を見届けて、早番者が来る前に帰路に着きました。

それでも30分くらいの仮眠を取っただけで、私は友達と出かけました。
友達の子供2人連れで。充実した1日…いや2日間でした。

おまけに親とメールでケンカをして
(と言うより私の言い分を今まで理解できていなかっただけ)
親が謝罪の電話をかけてくる始末。

とんだ連休でありました。

だけど、そんなこんなで気づけば30代後半。
自分を大切に、いつまでも元気良く頑張ろうと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-26 00:58 | ひとりごと

日経 Health 09月号

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
給料日。そして夕方から会議ラッシュです。先程2時間程、仮眠してました。
今日は、最近私の寝る前の「聖書<バイブル>」的な雑誌をご紹介します。

日経 Health (ヘルス) 2011年 09月号 [雑誌]

日経ヘルス編集部 / 日経BP社



現在発売中のこちら。

話題のストレッチ以外にも注目すべきストレッチが多々ある。
1日1項目で1ヶ月かけて行うストレッチ。
寝る前に安眠と快適な寝起きを促すストレッチ。

柔軟は得意だと思っていたのに、左右差だけでなく、柔軟性が著しく低下しており、
自分自身かなりショックが隠せませんでした。

そのため、自分の体が動かせるように、ストレッチを行っております。
体を伸ばしたり、関節を動かしたり。

すぐにダイエットに繋がらないとしても、無意識に狭まっていた関節可動域を広げ、
眠っていた体を目覚めさせて、しなやかに動けるようにと、毎日ストレッチしてます。

質の良い眠り、そして目覚めの良い朝。体も軽く感じます。
途中で投げ出さないように、ボチボチ頑張って行こうと思います。

9/12、元同僚ちゃんの葬儀が決まり、多分喪服がデブったので着れない為、
その服も探さねばならないし、それまでに少しでもダイエット頑張ります。
ある意味「同窓会」のようになりそうな葬儀になりそうです。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-25 14:57 | ほん

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今日からドリカムが被災地で無料ライブしますけど、一体どこで何時からやるんだろう。
って調べたら、詳細は公開しないようです。(詳しくは「ドリブログ」←クリック♪)
さて今日は、先日UPした関ジャニ∞のマンガと一緒に購入した小説をご紹介します♪

九月が永遠に続けば (新潮文庫)

沼田 まほかる / 新潮社


この本は、2005.1.26にハードカバーが、2008.1.29に文庫本が出版されております。

『おすすめ文庫王国2008』国内ミステリー部門で第1位。
第5回ホラーサスペンス大賞受賞作なんだそうです。
更に書店の店員のPOPに「鼻血が出るほどエロくて怖い」とありました。

文庫本の裏にあるあらすじを以下に掲載します。

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。
愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。
息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、
雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。
悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか…。 


エロイと店員がPOPに書いていたのは、多分性描写。
作中、忌まわしい過去の部分で、目を背けたくなるような描写があって、
その部分を店員は指したかったのかなぁと思いました。

最後まで読んで「その終わり方があったんだ」と思いました。
人が次々と亡くなっていくし、見たくない部分も見えてきて、
決してハッピーエンドとは言い難い。でも前進は出来てる日を送れる。
そんな意味ではハッピーエンドと言っていいのかもしれない。

作者さんは、現在63歳。主婦、僧侶、会社経営を経て、作家の道に入られたようです。
今までに読んだことのない雰囲気の文面で、彼女の作品を読んでみたいと思いました。
宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-19 11:09 | ほん

みなさん、こんにちは。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は久々に「餃子の王将」でランチをしました。美味しいですね。
さて今日は、本屋で思いもかけずに出会ったマンガをご紹介します。

おおきに関ジャニ∞!!(1) (講談社コミックスフレンド B)

みやうち 沙矢 / 講談社


このマンガは、2011.7.13に発売されました。600円です。

「ほんまに関ジャニ∞」<全5巻>が終わり、1年半。
関ジャニ∞のマンガが再連載!

今日本屋でたまたま見つけて知った私は、速攻手に取っておりました。
早速読みましたが、彼らの成長が著しく伺える、だけどどこまでも自然体。

今週末、24時間テレビのパーソナリティを初めてやる彼ら。
それを見届けようと、休み希望を出した私(笑)

以前のように「キャ~」って叫ぶほど熱狂的ではないですけど、
楽しんで、色々命に向き合って、24時間テレビを見ようと思います。

初めてチャリティーTシャツも買いました。バッチも買いました。
それを着てTVの前から離れないでいようと思っております。

今回の連載の再開、本当に喜ばしいです。
「おおきに…」を越えて5巻以上の連載をお待ち申し上げております。

久々の2連休も今日で終わり。明日から仕事に頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-16 18:16 | まんが

伊集院静の流儀

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
今日は職場の夏祭りでした。無事に何事もなく終われることが出来て、本当に良かったです。
そんな疲れた体に「喝!」を入れてくれそうな、そんな本をご紹介します。

伊集院静の流儀 (文春MOOK)

オール讀物編集部 / 文藝春秋


この本は、2011.7.13に発売されました。

震災後、「情熱大陸」で伊集院静さんの回がありました。
その前に、震災後に寄せた今回の震災の手記が非常に印象強く残っておりました。

家もある。命もある。ライフラインが滞っている状態な人間は「被災者」ではない。
そんなニュアンスの文面が、そこにはありました。

そうだ、私は被災者じゃないんだ。そう思えた瞬間でもありました。

伊集院さんが考えることが全て正解で全てだとは思いません。
でも時に的を得てて、ストンと腑に落ちる瞬間があったりするのです。

確かに被災地に住んでおります。
でも自分は地震を体験したけど、それだけ。
津波に飲まれたのは舅だし、でも助かったし、生きてるし、元気だし、
今生活するにあたり、困っていることはない。
舅や姑は津波で職を失った。そんな人は被災者だけど、私達は失ってはいない。
だから伊集院静的思考で言えば、私達夫婦は被災者ではない訳なんです。

周囲が心配するほど大変でもない。
大変だと思えば大変かもしれないけど、そんな生活がガラリと変わった訳でもないし、
変えなければいけない訳でもなく、平々凡々に暮らせている毎日。
感謝せねばなりません。前に進まなければいけません。
そして今後、これからの人達に色々伝えていかなければなりません。

伊集院さんのこの本を読んで、人間臭いけど、説教もあるけど、心地よい気分になりました。
様々な経験をした彼だからこそ書ける内容だと思います。

村山由佳さんとの対談をはじめ、小説や人生相談など、様々な内容が盛り込まれたこの本。
楽しかったです。

60代になり、ますます活動的な伊集院さん。
考えてみれば、自分の親世代に近い人なんですね。
そんな彼の別の本をまた手にしたいと思いました。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-14 22:34 | ほん

幻夜   東野圭吾

みなさん、こんばんは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今日は、木曜日~金曜日にかけて読み終えた本をご紹介します。

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

東野 圭吾 / 集英社


この本は、2004.1.26に発売されております。
文庫本は、2007.3.20に発売されております。

「白夜行」の続編でもあります。
でも途中まで続編だとは思えませんでした。

物語は1995年阪神・淡路大震災が起こった前日、つまり1995.1.16から始まります。
この時点で「白夜行」の時代背景、いつの時代で終わったなどと忘れていました。
物語に思い切り入り込んでいたんですね。

東日本大震災と違って直下型だった阪神大震災は、行方不明者もごくわずかの人数でした。
それも今になって「そうだったったんだ」と思い知りました。
私が知っているだけでも利用者の家族が行方不明な方が何人もいますから、
その時点で、全く質の違う地震被害だったと理解できました。

その震災を機に、それをバネにして自分の野心のため、利用できる男をみつけ
その男を散々利用し、自分は「白夜」に羽ばたき、「幻夜」を見届けた彼女。
一言で言ってしまえばそんな話。

「白夜行」より「幻夜」が面白かったのは確か。
主人公の彼女からしたら、彼女の真実を追い求めている人間が「白夜行」では1人だったのが
「幻夜」では2人になったから。それも途中から。

あの終わり方で、「その後の彼女」を知りたくないはずがない。
読者はきっと「白夜行」「幻夜」の主人公の彼女のその後を知りたいはずです。
私は知りたい。彼女の本当の本音を知りたい。そして彼女の目指すべき未来も。

自分の手は殺人には決して染めない。
彼女の凄すぎる能力・才能の行方を知りたくて仕方がない。

この2つの物語を読んで、旦那さんにどんな話か、解説しようと試みた。
でもダメだった。「読んで」と言いたくなってしまう。
トリックだらけで、読んだものでしか味わえない感覚が解説だけでは伝わらないから。

綿密で隙がない。念には念を。そして冴え渡る閃き、女の勘の鋭さ。
洞察力・観察力が長けている。そんな主人公がどんな人生を送って終えるのか。
彼女の終焉を読者として見届けたい、と純粋に思ってしまった。

昔負った心と体の傷が、彼女の強さを築き上げた。
そんな強い精神力があったら、どんなことでも正面から立ち向かっていけるだろうなと
思ったし、努力を努力と思わずに続けていける強い人だとも思った。

読み終わって1時間経過するが、興奮がおさまりそうにない。
明日は夜勤。日曜日は夜勤明けで職場の夏祭り。それを終えれば連休だ。頑張ろう、私。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-13 00:00 | ほん