みなさん、こんばんは。大変ご無沙汰しておりました。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は、1週間限定で上映中の「山下達郎シアターライブ」を見てきました。

「山下達郎 シアターライブ PERFORMANCE 1984-2012」HP←クリック♪
(↑から曲目も知ることができますので、気になる方はお調べくださいませ。)

映画予告はこちら…↓



この映画がある事を、1週間前の日曜日に、利用者さんのラジオから知りました。
たまたまその部屋にいた時に、達郎さんのラジオ番組で、そしてたまたま奥様も出演。
奥さんの竹内まりやさんも、この映画を絶賛しておりました。

私はその日、家に帰り、速攻調べて、いつも行かない映画館でしたが、
自分で行ける範囲の映画館での上映がわかり、更に唯一見れるのが8/27のみ。
そして18:10の回だけしか観るチャンスがないことが分かりました。

旦那さんに伺いを立てて「いいよ」と夜遊びの許可をいただけたので、即チケットを購入。
そして今日に至った訳であります。

元々、好んで山下達郎さんの曲を聴いていた訳ではありませんが、
街中やラジオやTVから流れていれば聞く程度でありました。
私の山下達郎さんの印象は、「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」でした。

しかし約2300円で90分間とは言え、最高のサウンドで大画面で見れる訳ですから、
行かないと損だと思い、行きました。

やはりお客さんは、往年のファンの方々が多く、私より若い感じのお客さんは少なかったです。
しかし平日、今日は月曜日の夕方に関わらず、結構人が入っていました。
ちなみに当日券は2500円。

曲目は、HPから調べられます。
私は調べずに、「どんな曲なのかな?」といった感じで見ておりました。

まず、1曲目から、面食らいました。
動く山下達郎氏を見た衝撃と同時に、ギターの凄さに圧倒されてしまったのです。
30年近く前の映像と今年の映像では、風貌も雰囲気も変わってきます。
だけど歌声は全く変わらないのです。
あの声の伸び。淡々と熱くエネルギッシュに歌う達郎氏。
ただただ釘付けでした。

真剣な眼差しで歌う顔も、はにかんだ笑顔を垣間見せる顔も、とにかく素敵でした。
夏フェスで歌った曲が、映画の最後の曲でしたが、フェスの会場に来ていた若いお嬢さんが
達郎氏の歌声を聴いて涙している姿がアップで写り、それでもらい泣きした私。

小学生の頃、AMラジオでカウントダウン番組で、当時のヒット曲を一所懸命聞いてました。
「明星」の歌本を片手に、流れて来る曲に耳をすませ、歌詞を目で追って、聞いていました。
そんな30年近く前の事を思い出しました。

聴きたい曲が1曲だけ聞けませんでしたが、来月発売のベストアルバムを買おう!と
この映画を見て思いました。


「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」は、本当に凄い人でした。
改めて「山下達郎と言う人は凄い!」と言っておきます。
もし8/31までの期間に見れるチャンスがある方は、是非映画館でご覧下さい。
一見の価値、大アリですよ。もう1度見たいくらいですもん。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-27 22:25 | えいが | Comments(6)

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。

今日は待ちに待った「ap bank fes '12 Fund for JAPAN みちのく」に行ってきました。
セットリストは、後日色々調べたりしてUPするとして、
まだ興奮冷めやらぬ心を持っている間に、感想をUPしようかと思います。

bank band登場。
ナオト・インティライミでボルテージは最高潮。
全力疾走しました。飛んで跳ねて、タオルをブンブン振りまくりました。
息も上がり、だけど、ナオトから最高のチカラをもらいました。

スキマスイッチの番。大橋クン痩せた?顔が…首がちゃんとある(汗)スッキリしてました。
「全力少年」「奏」と来て、もう「奏」のイントロで一気に自分の世界に浮遊。
最後のサビで涙が頬を伝い、改めて「奏」の名曲ぶりに脱帽。歌のチカラ圧巻。
そして自分たちで「ap bankの準レギュラー」と言い(←全く悪気もなく大橋クンらしい)、
「ミスチルの代表でここで歌ってます」と言い放ち、ミスチルの「いつでも微笑みを」を歌い、
最後に新曲の「ユリーカ」を歌いました。

続いてはポルノグラフティ。新曲は曲名が聞いたことがあるのにわからない私。
そして「アゲハ蝶」「ハネウマライダー」で終わりました。
「僕たちは野外でのライブで雨を降らせてきました」とMCした頃から小雨が…。
自分たちを卑下して「雨は僕たちのせいです」と、なんとまぁ低姿勢なアーティストでした。

そして最後に吉川晃司!!!今日が誕生日。47歳おめでとうございます!
COMPLEX時代の曲「BE MY BEBY」「1990」を歌うとは!(音源は↓)

最後に「モニカ」で〆。
「1990」を代表でUPしておきます。職場の今日夜勤頑張ってる同僚がこの曲好きなので。

そしてBAND Actは「ACIDMAN」「くるり」は殆ど聞けなかったので、スル~。

最後のミスチル。
名曲から始まり、名曲で終わりました。渾身のチカラを込めて歌い腕を振り続けました。

最後の最後は、ポルノと吉川氏以外のアーティスト総出で「to U」を熱唱。
女性パートを歌う女性アーティストがいなかったので、会場のみんなで歌いました。
この曲は、やはり反則です。泣きながら歌ってました。
昨年の震災後に、この曲を聞いて号泣してたのを思い出します。


かいつまんでではありますが、サラッと感想を書きました。
最後に、bank bandで紹介された「奥野敦士さん」について、少し話をします。

1990年代のバンドブームの中にいたバンド「ROGUE (ローグ)」
そのボーカルをしていたのが奥野さんでした。
毎年この曲がap bankで歌おうと出るのですが、最終的に選考から落ちていました。
それが今年、桜井さんが色々調べたら、奥野さんは数年前に事故で半身不随になっていて、
その状態でも歌手として懸命に生きている事を知って、ある曲を会場で一緒に歌いたかったと。
でも奥野さんの体調が優れないので、ネットでUPされてる今現在の奥野さんの歌と
bank bandがコラボして歌い、最後に歌った曲が↓

ROGUE (ローグ)「終わりのない歌」


この曲を聞いて懐かしく、当時聞いたことがあったと痛感しました。
縁やタイミングとはすごい絆でつながっていますね、本当。

今日、行けてよかった。神様からの誕生日プレゼントだと思って明日から頑張ります。
ではまた。

セットリストはこちら…
[PR]
by jyubon | 2012-08-18 23:43 | らいぶ | Comments(2)

100歳は本当に長生き

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
更に夜は、超行きたくありませんが、職場の納涼会です。
何故か〆に、「世界にひとつだけの花」を歌わされる始末。もう何年前の曲やねん。
私の職場の人たちは、SMAPの名曲のイントロを聞いただけで、寒気や嫌気を生じます。

さて本題です。
もうじき102歳を迎えるおばあちゃんがいます。
しかし今朝、もういよいよな感じでありました。
私が帰ろうとすると、物凄く嫌な顔をして引き止めます。
「よく頑張りました」と耳元で言ったら、なけなしのチカラで「ありがとう」と言いました。
そのばあちゃんの顔に似ているのが、↓の成田きんさん107歳の写真。

きんも100歳100歳、ぎんも100歳100歳(写真は107歳)←クリック♪

写真をクリックして、きんさんぎんさん以外にも、かまとばあちゃんだったり、
やはり長寿のばあちゃんたちは、何故か可愛い。
今は、その長寿の方を相手に仕事をしているから、同じ写真でも、色々な角度で見てしまう。
そして何度見ても、きんさんぎんさんは飽きない。

100歳を超える事は、本当に大変な事だと、過去の利用者さんを見て思ってきました。
現在満101歳が2名。うちひとりが↑に記した人。もうひとりの人はまだまだ元気。
やはり下肢筋力は大事ですね。もうひとりは歩けますからね。

看取りをすることに慣れはないですけど、どんどん衰弱していく姿を見ると、
心が痛みます。施設でいいのか、家にいたいのではないか?色々考えます。

家で家族に見守られながらス~ッと亡くなれるのが、私は幸な最期だと思うのですが、
現実は中々厳しいです。

不謹慎な発言かもしれませんが、102歳の誕生日を迎えられなくてもいいから、
苦しさから早く解放してあげたい…そんな気がします。

ばあちゃん、よく頑張った。101歳にして、突然の施設生活。本当によく頑張った。
短い時間だったけど、心がやさぐれてる私を慕ってくれて、本当にありがとう。
私とは真っ赤な他人なのに、「おまえの家に連れて帰れ」とか言って、
困らせる発言とかもあったけど、本当のおばあちゃんみたいで、
疑似体験が出来て嬉しかったよ。どうぞ、苦しまないで…。


[PR]
by jyubon | 2012-08-17 15:51 | おしごと | Comments(2)

エイトレンジャー

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今日・明日と怒涛のナース1人で乗り切ります!
さて今日は、昨日2本目に観た映画をご紹介します♪

映画「エイトレンジャー」HP←クリック♪

この映画は、2012.7.28~全国公開しております。

今年、関ジャニ∞はデビュー8周年。
その集大成にライブでお馴染みの「エイトレンジャー」をモチーフに、
「20世紀少年」「トリック」「SPEC」でお馴染みの堤幸彦監督が
映画を作ってくださいました。

ライブではコントでしかなかったものが、映画になると、非常に引き込まれて、
更にみんなそれぞれの個性もリアルに出ていて、細かいところでは必ず笑わせてくれて、
良い所取り満載の映画です。

今回、ベッキーが一切笑顔を封印しております。黒ベッキーです。
それが映画の良いスパイスになっております。

この物語、続編イケるんちゃう?なんて思うのは、ファン心理ですかね?
横山裕クンが二枚目の主役で、かっこよかったです。

渋いはずの館ひろしさんが、痛いおじさんで面白かったです。
石原軍団でいつもピシッとスーツで決めている館さんは封印されておりました。
地味なおっさんでもかっこいいんですけどね(笑)

それにしても石橋蓮司さんという役者さんは、要所要所に良いポジションで
スパイスをふりかけてくれる。すごい役者さんだなぁ。

エイターとして、この映画化は本当に嬉しく、更に映画館で見て、
更に∞の虜になってしまいました。これからの彼らの活躍、目が離せません。

「エイトレンジャー」は、関ジャニ∞に興味がない人でも楽しめる映画だと思います。
そして見終えたら∞の虜になること、間違いなし!是非映画館へGO!
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-11 00:00 | えいが | Comments(0)

おおかみこどもの雨と雪

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
今日は、本当に久しぶりに一人で映画鑑賞と買い物を満喫してきました。
今日1本目に観た映画を、ご紹介します♪

映画「おおかみこどもの雨と雪」HP←クリック♪

この映画は、2012.7.21~全国公開されております。
おおかみおとこ(狼男)に恋をした女の子と、その二人が家族を作り、子供を育てていく話。

非現実的な設定だけど、実際にありそうな気もしなくはない。
好きになった人がたまたま「おおかみおとこ」だっただけ。

しかし狼と人間の血を持った子供の子育ては非常に困難。
様々な壁にぶちあたりながらも、子供を育てていく花ちゃん(主人公)。

私は子供がいないので、涙までは出ませんでしたが、非常に良いお話だと思いました。
親離れ、子離れを映像で見て学べる…そんな映画でした。

TVで放送されたら絶対にまた観ようと思います。

個人的に老人が気になるので、韮崎のおじいちゃん(声:菅原文太さん)を好きになりました。
口下手なのに、本当は好意を持っている様なんて、本当微笑ましくて…。

アニメで癒し系でもなく、だけど胸に響く映画に出会えました。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2012-08-10 19:59 | えいが | Comments(2)

これは保存版!

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
夜勤に行く前の昨日、やっと見つけて、今まで以上に虜になった映像をご紹介♪

2012.7.13の「僕らの音楽」で藤井フミヤさんの回で、対談相手が親友の木梨憲武さん。
そして2曲コラボして歌まで披露しております。

1曲目が「白い雲のように」


2曲目が「迷惑でしょうが…」


この2曲目は完全保存版です!
イントロのセリフ部分はタカさんのパートなので、ノリさんは絶対に言わないのです。
この2人の歌声がハモった部分も非常にイイ!
本当に胸に、心に沁みます。

しばらくネットしながらこの曲を流しながらやってる私でしょう(笑)
[PR]
by jyubon | 2012-08-05 10:30 | おんがく | Comments(0)

みなさん、こんにちは。今日も夜勤のじゅぼんです。職場の夏祭りです。
私は室内待機なので、暑さにやられることは限りなく少ないと思いますが、
脱水にならないようにきをつけます。
さて今日は、その脱水予防も兼ねた水分補給の仕方が学べる本をご紹介します♪

日経 Health (ヘルス) 2012年 09月号 [雑誌]

日経BP社


太らない!美肌になる!魔法の飲み方
■発表!「魔法の飲み方」5つの基本ルール
■水飲みデトックス
■サラダより美肌に!野菜♥果物スムージー
■疲れがとれる“フルーツ酢”ドリンク
■体質別お茶の選び方
■酵素ドリンクできれいにやせる!
■コーヒーの正しい飲み方


水にも「軟水」「硬水」「炭酸水」とあるように、飲む時間や目的によって、
選ぶ水も変わってくる。同じ量でも飲む時間で全く効果が違う。

自分が今まで好きで飲んでいた「ジャスミン茶」も非常に効果的だったことが判明。
リラックス効果があるので、苛々が募ったり、緊張感が要される仕事の時に適している。

コーヒーも然り。色々勉強になって読んでて楽しかったです。
飲み物1つで全く違うのだと、改めて「へぇ~」と思って読みました。

また、飲み物の種類や、値段、色々自分がすぐに実行できるようなものばかりなので、
宜しかったら読んでみてください。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-04 13:29 | ほん | Comments(0)

MELODIES 織田哲郎

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
明日も夜勤、しかも職場の夏祭りなので、早めに出勤しないといけません。
更に明後日は明け、明々後日も日勤と、怒涛の連続勤務が続きます。倒れられません。
さて今日は、そんな私を癒してくれるアルバムをご紹介。

MELODIES

織田哲郎 / ユニバーサルJ


01.負けないで
02.シーズン・イン・ザ・サン
03.ボクの背中には羽根がある
04.愛のために。
05.碧いうさぎ
06.突然
07.世界中の誰よりきっと
08.この愛に泳ぎ疲れても
09.Anniversary
10.世界が終るまでは…
11.恋心
12.このまま君だけを奪い去りたい

このアルバムは、2006.9.20に発売された、織田哲郎氏のセルフカバーアルバムです。
先日TSUTAYAで見つけてレンタルしました。

昨日UPしたアルバムに似てて、非常に流していて邪魔にならない音楽であります。
織田さんが歌っているのですが、静かでジャズの要素だったりフラメンコの要素だったり、
原曲と違うアレンジの曲調で、新しい曲に聞こえてきます。

意外に「え?この曲も作曲が織田哲郎なの?」と言った曲もチラホラ。
90年代ドストライクの私達世代には堪らない楽曲の数々ではないでしょうか?

暑い夏に、この涼しげな音楽を流して、少し涼んでいただけたら幸いです。
アイスを頬張って、この音楽を聴くと、更に清涼感が漂うと思います。

改めて懐かしい音楽の良さ、歌詞の良さ、再認識します。
名曲はいつまで経っても名曲で、色褪せない。本当実感します。

このアルバムの中で一番を決めるのには、好きな曲ばかりで難しいですが、
原曲も、アレンジバージョンも全然違うのにイイ!って思えるのは、
「この愛に泳ぎ疲れても」でしょうか。

全体を通して言えるのは、聴き終えると「カラオケ行きたい!」って思うことですかね(笑)
今月、1回は行けるといいな。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-03 11:10 | おんがく | Comments(2)

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
朝から何故か目覚めてしまって、午前中から活動しておりました。
今日は、今の私にピッタリのCDを見つけましたのでご紹介します。

働く人の通勤音楽~ストレス緩和

加藤敏樹 / デラ


01.Mornin'
02.朝もやの向こう
03.Interlude~Green Drops~
04.Sunny Days
05.やわらかな陽のもとで
06.Interlude~Blue Breeze~
07.夢のかけら
08.Misty Sunlight
09.Smile for
10.Green Growth
11.輝きの中に~alive~
12.新しい一日~A Peaceful Day~

このCDは、2012.3.23に発売されております。
現在レンタルもされております。詳しくはこちら…↓
働く人の通勤音楽~ストレス緩和←クリック♪

この手の歌詞のない音楽は、個人差もあって、受け入れられる人とそうでない人と
ハッキリ分かれると思います。

ただ、車で聞いていて、本当に穏やかな気持ちになれて、自分自身ビックリしたので
今日UPしてしまいました。

ただB.G.M.として流しているだけで、心に余裕が生まれてくる感じとでも言いましょうか。
今の私の精神状態にも肉体状態にも最適な音楽な感じがしました。

このようなCDを無意識に求めてしまってるあたり、
本当に自分の状態が色々な意味でMAXなのかと自覚しつつも、
このCDに出会えた事がラッキーにすら思えます。
流していて全く耳障りもなく、邪魔にならない、そんな感じです。

働いていようがいまいが、毎日はあっという間に過ぎていきます。
でも、その中で、自分に少しでもプラスになるものはないか、
アンテナを張り巡らせているだけでも、違うと思うのです。

今日も、昨日ブログでUPした「しあわせのパン」をメールで知らせてくれた先生に
偶然に会えて、本当にビックリ。

やはり、自分が動くと動くだけ、偶然や出会いも引き寄せるのだと思います。
そしてみんなに心配してもらったり、教えてもらったりして、
1日1日を終えていくのだと、改めて再認識しました。

毎日は、ぼ~っとしていても、ただ働いていても、過ぎていきます。
ぼ~っとした時間も本当に必要です。でも毎日そればかりではいけません。
自分の中で、上手く色々な事を切り換えていきながら、楽しみも見つけつつ、
一歩一歩進んでいけたらいいなぁと思います。

本当に猛暑。暑さだけで、体が蝕まれそうですが、このCDを流しながら仕事に向かい
何とか頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-02 13:52 | おんがく | Comments(4)

しあわせのパン

みなさん、こんばんは。今日は7/20以来の休みでした、じゅぼんです。
1日家で過ごしておりました。仕事に行かないで家にずっといられる幸せを感じておりました。
更に今日はその気持ちを増大させてくれた映画をご紹介します♪

しあわせのパン [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


この映画は、2012.1.28に全国公開されて、2012.7.6にDVD発売になりました。

原田知世さんと大泉洋さん演じる夫婦が経営する「CAFE マーニ」
焼きたてパンに淹れたてコーヒー、時にお食事ももてなしてくれ、
場合によっては宿泊も可能な「CAFE マーニ」
そこに訪れる人と、水縞夫婦の心模様を描いたお話です。

実は、この映画、本当は映画館で見たかった映画でしたが、行けずに公開終了。
DVDを心待ちにしておりました。
先月の初めに「もうすぐ出るんだ!」と期待に胸を躍らせていたのに、
あまりの仕事のハードさに、すっかり私の記憶から抜け落ちておりました。

そんな時、元職場の同僚のリハビリの先生から、この映画を勧められました。
「観た後に幸せな気持ちになれます。どうぞご自愛ください」と。

確かに、心の傷や様々な乗り越えなければいけない壁、それらに立ち向かえない自分。
そんな葛藤を抱えた人達の集まりが私達だと思うのですが、
このカフェに来ると、雰囲気、淹れたてコーヒー、焼きたてパンに癒され、
心が解きほぐされていくのです。

最後に流れてくる主題歌で、久々に忌野清志郎氏の歌声を聞きました。
全てにおいて、静かに月日は流れていても、それが必要な時間で、無意味な事は何もないと
この映画を見て気づかされました。

そして「美味しいものを食べたい」と言う当たり前の感情(食欲)も必然で、
それを継続していくことの大切さ、有り難さも改めて実感できました。

この映画を観ると、もれなくコーヒーが飲みたくなって、
焼きたてパンを食べたい衝動に駆られていきますが、
知世ちゃん洋ちゃん演じる夫婦のような、お互いを尊重し合って、
信じ合える夫婦っていいなぁと思えました。しあわせ感じました。

この映画を見て、心が浄化されていきました。このタイミングでみれて良かったです。
映画館で観るのも素敵ですが、一人の時間、一人の部屋で自分の好きな時間に見れる映画も
いいなぁと思いました。よろしかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-01 23:58 | えいが | Comments(0)