みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
思えば今月最後の休みでした。でも結局どこにも行きませんでした。
さて今日は、ここ数日ヘビロテしているアルバムをご紹介します。

DOUBLES BEST(初回生産限定盤B)

スキマスイッチ / アリオラジャパン


01.全力少年
02.アイスクリーム シンドローム
03.ふれて未来を
04.藍
05.螺旋
06.ボクノート
07.雫
08.晴ときどき曇
09.view
10.ガラナ
11.奏
12.ただそれだけの風景

このアルバムは、2012.8.22に発売されました。
ファン投票によって選ばれた楽曲12曲を、スキマの2人がアレンジしたものが
収録されております。

初回限定盤で、シングル曲「ラストシーン」「ユリーカ」が入っていますが、
本人たちが、このアルバムの意向と違うために最後まで頑なに拒否していたけど、
入れることにしたまでの経緯が、大橋くんの直筆でパッケージに綴られております。
そして書き落としたことによって、本人たちも納得の上での収録となったようです。

何より、大橋くんの直筆のパッケージにも度肝を抜かれましたが、
大橋くんの字が旦那さんにそっくりで、そちらに私は心を奪われました。
非常に達筆で読みやすく、女の子みたいな字なんですね。
あんな綺麗な字を書く人に悪い人はいません。
あの字を書いたものを渡されただけで、私は確実に恋に落ちていると思います(笑)

話が反れました。
このアルバム、オリジナルバージョンと違うので、聴き比べるのにもいいと思います。

先月、ap bankでスキマスイッチの生歌を聞いた私ですが、
「全力少年」でテンションがMAXになり、「奏」で号泣。
鳥肌が立ち、想いを込めて歌ってる大橋くんの「奏」に涙が止まりませんでした。
この曲は本当に名曲です。

ファン投票、さすがです。スキマさんの初期の頃の楽曲が多く、
私もデビュー当時から聞いているものとして、何だか嬉しくなりました。
そして改めてスキマスイッチの魅力に触れ、彼らの音楽の良さを再認識しました。

元気が出ない時に「全力少年」を聴いて、自分を奮い立たせ、
泣きたい時に「奏」を聴いて涙して…。聞き方としては間違っているかもしれませんが、
少し落ち込み気味な私に良い刺激をくれるアルバムです。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2012-09-24 19:05 | おんがく | Comments(2)

みなさん、こんばんは。今日は日勤でした、じゅぼんです。
そしてさりげなく、今日で結婚満10周年でした。
色々ありましたが、無事10年元気で迎えられて良かったと思います。
さて今日は、先日無事復活を遂げた2人組のベストをご紹介します♪

ALL SINGLES BEST 2 (初回限定盤)

コブクロ / ワーナーミュージック・ジャパン


【DISC1】
01.蕾
02.風見鶏
03.蒼く 優しく
04.時の足音
05.赤い糸
06.ベテルギウス
07.虹
08.Summer rain
09.STAY
10.WINDING ROAD
11.あなたと

【DISC2】
01.流星
02.Blue Bird
03.君への主題歌
04.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
05.シルエット
06.蜜蜂
07.焚き火の様な歌
08.ココロの羽
09.太陽のメロディー
10.交響曲第5296番

【DVD『ALL SINGLES MUSIC VIDEOS』】
01.YELL〜エール〜
02.轍 -わだち-
03.YOU
04.風
05.願いの詩
06.雪の降らない街
07.宝島
08.blue blue
09.DOOR
10.永遠にともに
11.Million Films
12.ここにしか咲かない花
13.桜
14.君という名の翼
15.未来への帰り道
16.WINDING ROAD(絢香×コブクロ)
17.蕾
18.蒼く 優しく
19.あなたと(絢香×コブクロ)
20.時の足音
21.赤い糸
22.ベテルギウス
23.虹
24.STAY
25.流星
26.Bule Bird
27.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。

このアルバムは、2012.9.5に発売された、コブクロ2枚目のベストアルバムです。
私は初回限定盤を買いました。PV全27曲のDVD付きだったので、それにしました。
見ごたえ満載。聴き応えアリアリ。

ちょうど、このアルバムが届いた頃、本当に精神的に落ち込んでいて、
コブクロの曲が心にも体にも染みました。

特に「ココロの羽」は、当時の自分の気持ちを代弁しているかのような歌詞で、
aikoの「時のシルエット」同様、このコブクロのベストアルバムも、
私が底辺まで落ち込んだ時に、一緒になって落ち込み、這い上がり、寄り添ってくれた
そんな存在です。

小渕クンの難病の兼ね合いで、休業中だったコブクロ。
無事復活を遂げて、休業前までには完全に戻っていなくても、二人の歌う姿に、
ファン共々勇気とパワーをもらっている感じがします。

歌詞にも、曲にも、彼らの心情があって、心の声が、様々な形に派生して、
私たちの元に降り立ってくる。そして時に励まし、支え、パワーの源となる。

ベストアルバムではありますが、オリジナルアルバム位のパンチと、ベストアルバムの
ボリュームがある内容です。

そのうちレンタルも始まりますから、興味がある方は是非お聞き下さいませ。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-09-22 21:27 | おんがく | Comments(2)

みなさん、おはようございます。今日は休みのじゅぼんです。
一昨日、シャワーを浴びて、体を洗ったら、ボディタオルに皮が付いてました。
なんとカサブタをえぐっていて、意外と深い傷で、キズパワーパットのお世話になってます。
さて今日は、今月発売日に購入したものの読んだのは1週間後の先週だった雑誌をご紹介♪

日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 10月号 [雑誌]

日経BP社


現在発売中の「日経WOMAN」の最新号です。

今月は雑誌どころでなかった精神状態ですが、毎月買ってるし、
どこかで精神安定剤な役目も担っていたのだと思い、購入しました。

今月の特集は以下の通り。

話し方、姿勢、メイク、ファッション…
少しの工夫で自信がつく! 信頼感UP!

もっと自分を好きになる!女子力&マナーLesson

実践すれば誰でも貯め上手に!
ラクラク貯まる財布術

美に効く朝ごはんからランチ、週2000円の節約レシピまで!
働く女性600人の「リアルごはん」大公開!


財布事情、節約事情、食生活。
全て見直さなければいけないことばかりなのですが、
私にとって良いカンフル剤になりそうです。

更に毎月連載されてるコラムなどから、思いのほか勇気やチカラをいただいたり、
(挙句の果てには、蛍光ペンで線まで引いて、勉強したり…)
雑誌からも、本から得られるようなパワーが宿っていると、改めて痛感。

お料理も大の苦手ですが、節約レシピで出来そうなものもあったりして、
パワーをいただいております。

この雑誌の定期購読をずっと悩んでおります。
冬まで悩んで、それから考えようかと思います。

最新号、オンザ眉毛の宮崎あおいちゃんの表紙です。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2012-09-21 08:37 | ほん | Comments(2)

時のシルエット  aiko

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
さて今日は、一昨日ライブに行った、aikoの最新アルバムをご紹介します。

時のシルエット (通常仕様)

aiko / ポニーキャニオン


01.Aka
02.くちびる
03.白い道
04.ずっと
05.向かいあわせ
06.冷たい嘘
07.運命
08.恋のスーパーボール
09.クラスメイト
10.雨は止む
11.ドレミ
12.ホーム
13.自転車

このアルバムは、2012.6.20に発売された、aiko10枚目のオリジナルアルバムです。

昨日のライブでも、このアルバムの曲を中心にやって下さいましたが、
今月、本当に精神的にしんどかった私に一番寄り添ってくれたアルバムとも言えます。

落ちる所まで、精神的に落ちて、そこから這い上がって、そんな私を支え、見守ってくれた
楽曲たちです。

「Aka」の中では、「泣いてしまうなんて もったいない」と歌っておられ、
「だけど 泣けてしまうのよ。aiko」と悲痛な心の内を曲にぶつけ、聴いて泣き、
「ドレミ」で「すき きらい」と連呼され、自問自答を続け、私はどこへ行くのだろうと
思い悩み、「雨は止む」で「雨降って地固まる」かぁ、と勝手に腑に落ちたり。

過去彼女のアルバムを聞いてきましたが、リアルに生活に、人生に、
ここまで寄り添ったアルバムはありませんでした。

大げさに言うと、このアルバムの楽曲たちが、自分の細胞になったような、そんな感じです。

どの年代にも、当てはまる感情があって、自分に置き換えて聞くことが出来ると思います。
生歌を聴いて、歌声の凄さを全身で感じて、泣けたのだと思います。

そして絶対に何度も目が合ったのは間違いありません(笑)でも本当、そう思ったし。

毎日生きていて、人に出会って、それが奇跡だし、幸せなことだったのだと、
震災から1年半で、忘れつつあった自分の不甲斐なさに落胆しつつ、
一昨日のライブで思い起こしてくれたaikoに感謝しました。

初夏に出たアルバムですが、秋になる今聴いてもピッタリだと思います。
宜しかったらお聞き下さいませ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-09-20 11:00 | おんがく | Comments(0)

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
今月は色々、本当に色々ありすぎて、ブログをUPする気持ちになれませんでした。
しかし、昨日12年ぶりに生aikoを見て、元気をもらってきたので、大丈夫です。

昨日、「aiko Live tour LOVE LIKE POP vol.15」に行ってきました。
平日、グッズ販売は14時から。
会場から徒歩数分の場所でランチして、10分前に行ったら、あり得ない長蛇の列。
結論からすると、売り方に問題あり。スタッフさんにメールで問題定義しました。
あんなに沢山買ってくれるaikoファンの大切な時間を無駄にしているからです。
全員の並んでいる時間の短縮が可能だと感じたので、もっとちゃんと仕事をして欲しいと
苦言を呈してみました。

結果、2時間並んでTシャツとステッカーとタオルをゲット。
最後まで3000円のバッグ悩んだのですが、辞めました。
ステッカーは、トイレのカレンダーの下に、ビニールのままポスター感覚で貼りました。
イラストも可愛くて、本当に、天は二物以上与えていますね。

そして思いの外、炎天下の2時間待ちが体に堪えたらしく、
電車で1駅分、いつもなら歩くのに、今回は電車を使わせてもらいました。
往復280円で体力温存出来たので、有難かったですし、仙石線初乗車でした、私。

ライブ前に、夕方5時に夕食を済ませ、買い物をして、ライブに行くと、
トイレの長蛇の列。あらかじめ駅で済ませた私たちは、「会場でトイレは無謀」と痛感。

そしてライブの始まりです。
幕が降りた瞬間、私達の場所からaikoは見えなかったけど、歌声は聞こえて、
それだけで感極まって、泣いてしまいました。
「♪泣いてしまうなんて もったいない」と歌ってるaikoに反して号泣。

12年前、名古屋ダイアモンドホールで彼女のライブに行った以来のライブ。
お互い年を重ねました。25歳になる年だった私達は37歳になる年になりました。
でもaikoは、12年前と変わらず元気いっぱいにステージを駆け回ってました。

即興で歌を作ってくれたり、MCも面白かったり、サービス精神旺盛だったり、
「時間大丈夫?」と、本気で心配したりして、結局3.5時間のライブでした。

そして何より驚いたのが、アンケートを書く人の多さたるや。
あらかじめ記入しておいて、ライブの感想だけを書くだけにしていた私たちは、
早く書き終えたのですが、会場の外に、あんなに机とカゴがあって、
そして人だかりで、本当にビックリしました。aiko愛なんだろうね。
そしてaikoが読んでくれると信じているから、みんな一所懸命書くんだろうね。

いいことだけをスポンジのように吸収して、
嫌なことや辛いことは会場に全部置いていって下さい。

そう言った彼女の心意気が、本当に嬉しかった。
人の心は、そうやって前へ向けて、リセットみたくしながら、生きていくものなのだと、
改めて考えさせられました。

ハラワタが煮えくり返るような想い、口からエイリアンのように毒々しいものが
出そうな感情、拉致があかなくて、もがき苦しむ想い。
今月はそんな感情から始まった月でした。
そしてそれを乗り越えて、ライブに挑み、ライブで心が浄化されました。

また機会があったら、aikoのライブに足を運べたらと思います。
本当に楽しい時間をありがとう。aiko、私も頑張るわ。

セットリスト(ネタバレですので、見たい方だけどうぞ)
[PR]
by jyubon | 2012-09-19 10:42 | らいぶ | Comments(4)