みなさん、こんばんは。今日は日勤最終日で今月も終わりですね、じゅぼんです。
さて今日は、10日前、旦那さんの誕生日に行ったライブをご紹介します。

10/20・21の2日間、東北文化学園大学で『ロックの学園in 東北』が行われました。
校長先生は忌野清志郎さん(出張中)、副校長は「猪苗代湖ズ」でお馴染みの箭内道彦さん。
私は2日目の第3時限のサカナクションの回に出席しました。
チケットは3500円。公演は1時間程度。
でも中々サカナクションのワンマンライブチケットが入手困難な今、このチケットゲットは奇跡。
しかも旦那さんの38歳の誕生日。
私は待機当番でしたが、帰宅するまでの間同僚に代行を頼み満身創痍で行ってまいりました。

東北文化学園大学へは公共交通機関で行くようにと支持された通り、電車で行きました。
しかし歩くことに慣れてない私。更に夜勤明けで行ったので、もう足は限界を越えてました。
ライブ開演を待つ間も、大学構内の学食で缶コーヒーを飲みながら待ってました。

開演前、番号順に並んでいたら、撮影されておりました。
その日、特別ゲストで元GO-BANG'Sのボーカルの森若香織さんが来る事を知っていた私。
私は仕切りに「森若香織じゃねぇ?」と言っていたのですが、旦那さんが断固否定。
「あんなギャルじゃねぇ」等と言っていたのですが、近くに撮影クルーが来たら、
やはり本人!私達夫婦は大興奮。しかし後ろの若者は「誰ですか?」と質問してきて、
歌まで歌って説明したけど伝わらず、ゼネレーションギャップを心底感じていたら、
前の子連れのママが「あの森若香織ですか?」と乗ってきて、同世代は盛り上がってました。
15cm以上あるヒールを履いて、ギャルのような格好とメイクで颯爽と歩く彼女は、
「かっこいいダーリン」ならぬ「カッコイイ姉さん」でした。

さて会場入り。大学の体育館なので会場は狭く、ちょうど真ん中のバーの前に陣取れて、
夜勤明けの疲労困憊の私には、歩行できない高齢者が車椅子をゲット出来た位の気持ちでした。

生でサカナクションを観るのも初めてで、テクノポップのライブも初めてで、
光と音の演出に口をポカンと開けて見とれてしまいました。
演者であるサカナクションよりも光に見とれている率が高く、演出の凄さに感動してました。
もちろんサカナクションの演奏にも感動してましたし、生歌に鳥肌もたててました。

しかし会場のファン層は明らかに20代前半。
彼らと一緒にジャンプを続けていたら、間違いなく歩行困難になると思った私は
1曲だけ飛んで、後は体を揺らしてノリノリでした。

セットリストは以下の通り。

01.モノクロトウキョー
02.アルクアラウンド
03.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
04.僕と花
05.僕と花 (sakanaction Remix)
06.ネイティブダンサー
07.アイデンティティ
08.ルーキー
09.夜の踊り子
10.目が明く藍色

私が唯一ジャンプした曲「アイデンティティ」


最新曲「夜の踊り子」


次回彼らを生で見るのはいつのことでしょうか。
旦那さんの誕生日を最高の日にして下さったサカナクションに感謝。
そして東北の地で「ロックの学園」を開催してくれた副校長の箭内さんにも感謝。
このライブ会場で箭内さんを目撃しました。真っ赤なコートで現れた箭内さん。
LIVE福島以来1年ぶりに目撃。来年もどこかで会えるかな?

誕生日に好きなアーティストのライブを見れるのは中々確率的にってもないので、
旦那さんにこのライブをプレゼント出来て本当に良かったです。
そして待機当番を協力してくれた職場のみんなにも感謝です。本当に濃厚な1日だったなぁ。
沢山有名人を見れたし、夫婦で楽しい時間を過ごせたし、良い1日でした。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-31 00:00 | らいぶ

みなさん、こんばんは。今日は日勤3連続勤務の中日のじゅぼんです。
職場では毎日行くたびに、小さい事件から大きい事件まであって、
「無」の感情を持ち合わせていないとやっていけない毎日です。
さて今日は、昨日に引き続き、「手帳術」の本をご紹介します♪

仕事で差がつく「超」手帳術 2013 (学研ムック)

学研パブリッシング



この本は、本屋でなくコンビニで見つけました。
更に付録に「付箋」がついております。その付箋をLOFTで見つけた時は感動しました。

スマホが浸透した今、アナログな手帳だけでなく、デジタツツールの導入や併用が
日常となっております。

闇雲にアプリをダウンロードして使うのではなく、やはり目的を持って使うべきだし、
今の自分に合ったものかどうかの見極めが大切だと思います。

情報が錯綜してて、飽和状態で、何が良くて、何が正しいのか、頭の中は毎日混乱状態。
少しでも軌道修正を図ったり、刺激をもらったりすれば、何か開けてくるのだと思います。

既製品では、100%自分にピッタリのものは出会うことが困難だと思います。
だから少しでも100%に近い商品(手帳)を探して、カスタマイズして、
自分に合った自分らしい手帳を作り上げていけばいいのだと思います。

ここには、6名の著名人が手帳術を紹介してくれております。
仕事での手帳術ではありますが、プライベートの時間管理も紹介されています。
1冊の手帳にするのか2冊の手帳にするのか。そのメリット・デメリット。等…。
皆さん、本を沢山出されている著名人ばかり。贅沢な内容が1冊で読める。
こんなお得な事はありません。890円とお高いですが、本を買う事を考えると安いです。

現在私は仕事用に「無印良品」の見開き2週間分が記入できるB5サイズの手帳を使ってます。
以前はA5サイズのノートに書いていた「To Do リストノート」。それを無印の手帳に変えました。
サイズも手頃で、普段使ってるA4のノートと一緒に持てるし、管理もしやすい。
自分が仕事の日が2週間分わかる。そして翌日や次回出勤日にしたいことも書き込める。
ただ「To Doリスト」にしているだけなので、これでいいのか?とも思いますが、
やはり頭の中にずっと忘れずに入れておくのは本当に困難で、これに頼っています。

来年分の手帳もこの内容のもので買いました。
サイズはA6と小さくなりましたが、今の使い勝手には変えられません。

そしてプライベートの手帳。
それは昨日も書きましたが、本当に欲しいのは伊東屋「24時間手帳」←クリック♪
でも一応、今使ってる手帳に近い商品で、何と105円で買えた手帳を発見したので、
それも購入してあります。Seriaでゲットした品です。
カスタマイズをしても1000円もかかりません。安上がりです。

本当に欲しいものか見極めるためにも、この本は色々参考になることが沢山。
ワーキングママ。そうでない人でも、みんな時間は平等であります。

私は絶対に無駄に時間を過ごしています。濃厚さがゼロです。
毎日濃厚では疲れますが、濃厚な日々があってもいいと思っています。
そのためにも、この本を読んで、もう少し手帳に色々書き込んで、「手帳探しの旅」に
翻弄したいと思います。宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-30 00:00 | ほん

みなさん、こんばんは。今日から日勤3日連続のじゅぼんです。
仕事に対する情熱が下降傾向。しかしモチベーション低下が著しいのは確かです。
そんな私が改めなければいけないのが、時間の使い方。
今日は、その管理をしてくれる手帳を特集した雑誌をご紹介します。

日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 11月号 [雑誌]

日経BP社



表紙は、今クールでドラマ主演をされている同じ歳の米倉涼子さんです。
いつでもかっこいいです。年を重ねるごとに彼女に好感を持っていきます。
そして同時に尊敬をしてやみません。
容姿端麗。どこに欠点があるのでしょう。でも本人は自信がないとの事。
同じ人間。ないものねだりは同じ。そして努力すれば欲しいモノが手に入る権利も同じ。
そんな事を彼女を通じて感じております。

さて話が反れました。今月号の「日経WOMAN」は「手帳術特集」です。
毎年この時期には「お決まり」なのですが、毎年色々な手帳も変化があり、
付属品等のアイテムも進化を遂げ、アナログだけでなく、デジタルツールとの併用術も
教えてくれるので、毎年隅々まで読んでおります。今回は付箋も付けまくりました。

中々上手に手帳を使いこなせていない自分がおります。
今年はバーチカルタイプの手帳にしました。
5色ボールペンで色分けで書くのですが、今の私には何が必要なのかと自問自答していると
自己管理でした。

睡眠時間、仕事の時間、家での時間、自由時間。
体重の変動、サイズの変化、読みたい本、欲しいもの、TVからの情報のアウトプット、
本当に様々な内容の情報を手帳に書き留められたらどれだけ楽なんだろう…。
そんな風に思いました。
ここに家計簿の役割も追加したいし、でも中々続けられないし…。


今一番欲しい手帳はこちら…伊東屋「24時間手帳」←クリック♪

やはり不規則勤務の私には、どのシフトの時に、何時から何時まで寝られるのか?
そして、どんなペース配分で無駄がないのか?等把握するには、「24時間手帳」が最適。
そう感じました。

昨年も今使ってる手帳を探して買った後に、見つけて「来年はこれだ!」と思っていました。
だけど結局ちゃんと使えていないし…。でも使いたいし。

手帳を使いこなせれば、自分自身何か変われる感じがするんです。
多分自信がついて、次へのステップになるのかと。

そして嫌な思いや、苛々が減って、楽しくて明るい日々へ向かって走っていける気がするのです。

手帳1冊に全て書くのは無理なので、他にサブノートを設けて、
そちらを「自由ノート」として、なんでも書くようにしたら、少し世界が開けてくるのかと。
私の脳みその中身のような、分身のような。いつでも書けるようにしなければいけませんが…。


熱く語りすぎましたが、個々によって手帳への思いや役割は違うと思います。
色々な手帳がある中で、今の自分に合っている手帳を探すためにも、
この特集は楽しいと思います。ただ手帳を探しに漠然と「手帳コーナー」に行くのと、
「この手帳が欲しい!」と目的を持っていくのでは全く違いますから。

年末にかけて「手帳を探す旅」にそれぞれが出られると思います。
是非自分が気に入った手帳に出会えるといいですね。
皆さんの旅の終着駅がハッピーでありますように。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-29 00:00 | ほん

みなさん、こんにちは。大変ご無沙汰しておりました、じゅぼんです。
中々ここまで記事を書く行為にまで精神的余裕がありませんでした。
少しずつですが、小出しに再開していこうと思ってます。
さて今日は、決して表紙に一目惚れして買った訳でなく、特集に心奪われて買った雑誌を
ご紹介します♪

ダ・ヴィンチ 2012年 11月号 [雑誌]

メディアファクトリー



現在発売中の雑誌です。
表紙は「梅ちゃん先生」でお馴染みの松坂桃李クンです。イケメンで見とれてしまいますね。

今回、ドラマ&映画で大賑わいの「男女逆転『大奥』」の作者でお馴染みの、
よしながふみさんが特集だったので速攻この雑誌を手にレジに向かいました。

昔、月9ドラマ「アンティーク」の原作者でもある彼女の、連載中の「大奥」。
本当改めて歴史を勉強したくなるし、もの凄く切なくて、胸が痛む内容。
ドラマは、まだ録画して見ていませんが、見たら金曜日が待てない感じがして、
勝手に私の中で封印しているのです。

この雑誌を読んで、改めて「よしながふみ作品」を読み返しておりました。
どこか切ないけどハッピー。ハッピーだけど悲壮感があるのに明るい。
そして何よりも食べ物が美味しそう。

姿こそ出されていませんでしたが、対談内容といい、作品紹介といい、
今回のダ・ヴィンチ、捨てられない(涙)もっともっと読みこなそうと思います。

原作マンガを読むことに抵抗のある方や、どんな内容か知りたい方は是非
この「ダ・ヴィンチ」はオススメです。
ただ、表紙に惹かれて買ってる読者も多いと思われるので、完売しているかもしれません。
私ですら見とれてしる始末ですから…(^_^;)

11月12月と見たい映画が目白押しです。
映画熱も冷めつつあった私ですが、また通う日々が始まるのかもしれません。
宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-28 16:55 | ほん

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
もう10月ですね。あと2ヶ月で今年も終わってしまいますね。早いものです。
さて今日は、怒涛の7日連続勤務を乗り越えるため、私のパワーの源になったアルバムをご紹介♪

ベスト・コレクション ~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~(30周年記念生産限定特別価格盤)

中森明菜 / ワーナーミュージック・ジャパン


【DISC1】
01.スローモーション
02.セカンド・ラブ
03.目をとじて小旅行
04.トワイライト-夕暮れ便り-
05.SAND BEIGE-砂漠へ-
06.SOLITUDE
07.ジプシー・クイーン
08.Fin
09.駅
10.BLONDE
11.難破船
12.恋路
13.AL-MAUJ(アルマージ)
14.LIAR
15.乱火
16.水に挿した花
17.忘れて…

【DISC2】
01.少女A
02.1/2の神話
03.禁区
04.北ウイング
05.サザン・ウインド
06.十戒(1984)
07.飾りじゃないのよ涙は
08.ミ・アモーレ [Meu amor e...]
09.DESIRE-情熱-
10.LA BOHEME
11.危ないMON AMOUR
12.ノンフィクション エクスタシー
13.TANGO NOIR
14.TATTOO
15.I MISSED “THE SHOCK”
16.Dear Friend
17.二人静 -「天河伝説殺人事件」より

このアルバムは、2012.7.11に発売されました。
明菜ちゃんデビュー30周年を記念して、リメイク音源され、非常に良い音、
更に「静」「動」と2つのコンセプトに分けて構成されております。
なんと、2500円で購入出来ます♪

昔、まだCDプレーヤーが我が家になく、ラジカセで聴いていた時代。
もう30年近く前でしょうか。
↑の「飾りじゃないのよ涙は」のカセットを、お父さんのお友達が、
クリスマスプレゼントで買ってくれたり、明菜ちゃんのカレンダーをくれたり、
私の小学生時代の女性アイドルは中森明菜ちゃん一色でした。
(キョンキョンも好きだけど…)

明菜ちゃんは衣装も振り付けも素敵で、歌声ももちろん、憧れる要素が満載でした。
小学生の子供だった私は、彼女の恋愛事情までは理解しがたいものがありましたが、
いつまでたっても、明菜ちゃんの幸せを願う気持ちは、デビュー当時7歳だった私も、
30年経って、37歳になった私も、常に願っております。

現在、休業中の明菜ちゃんですが、
↑のアルバムを聞いて、首を長くして待ち続けようと思っております。

憂鬱で気が重くなる、職場への道のり、仕事を終えて、気分爽快で帰る帰り道。
明菜ちゃんを流しているだけで、気づくと気分は当時の小学生~中学生の頃を思い出します。
Mステに出てた頃や、夜ヒットのDVDとか…、やっぱり明菜ちゃんは素敵です。

このアルバムを聞き込んだら、職場の人にもこのアルバム貸そうかと思います。
明菜ちゃんと同世代の方々に…。明日は9/24以来の休み。じっくり堪能します。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-01 21:56 | おんがく