<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

店員16日目。

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。

新しい月になり2日目。
色々商品の入れ替わりがあって、せっかく覚えた場所も覚え直さないといけない
そんな時期でございます。

今日は、店長がいらっしゃる前は、前日分の返却処理をやりきって、
膨大なコミックを棚に戻す作業を行いました。
中々スピードも乗らずに困難を極めてましたが、
90分くらいかけて、なんとか最初の量から2/3減らしました。

休憩を終えて、掃除当番。私は掃除と片付けが一番苦手。
それでも仕事です。黙々と淡々とやりました。
ウェーブを使って、職人技みたく、ホコリ取りに勤しみました。
その時間だけで、店内全部は難しいですけど、自分が担当した時は、
順番に売り場を責めていけば、いずれ店内を制覇できると思って、頑張ります。

今日は、あまりレジに立ちませんでしたが、
勇気を持って、いつもワンピースのDVDを借りていかれるお客様に話しかけました。
「私もこのあたりの話好きで、見てしまいます。涙なしでは見れませんよね?」と。
そうするとお客様も笑顔で答えて下さいました。

少しずつではありますが、そうやってコミュニケーションを取れていけたらいいなぁと
自分なりの見解ではありますが、そう感じました。

先輩店員さんで、年下の若い娘さんが数人いらっしゃいますが、
そのうちの1人の子と今日は一緒に仕事でした。

そして今日は何故か、いつも彼女の言動をスル~出来る私が、スル~できずに、
カンに触って、イライラしてしまいました。

本音と建前が一切なく、メリハリもなく、本業なら罵声を浴びせている所でした。
「あんた、ふざけてるの?何考えてるの?仕事なめんじゃねぇーよ!」と。
あくまで私は後輩で、店長が本当に大人で、大人の対処をしていらしたので、
私はうつむいて、彼女の話を聞き流すことが精一杯の対応でした。

先輩方も彼女に対して、色々な思いがあって、いきさつもあって、
言動には人一倍配慮に配慮を重ねている話を伺っていたので、
ノドの奥まで罵声がこみ上げてきましたが、飲み込みました。

人を教えることも、認識させることも、本音と建前も、常識非常識も
全てにおいて「1から10」を200%教えても、覚えない人種に対して、
大人な対応をし続けることは、ある意味拷問ですね。
今日、心底そう思いました。そしてこれも人生勉強だと思いました。

別の先輩にも、私の苦手分野を克服する術を教えていただいたり、
店長にも「DVD10枚返却3分」という課題を与えてもらって、
自分を鼓舞して頑張れました。これは続けて行かねばばりません。

お給料頂いているのですから、誰が何と言おうとプロとして、
意識を高く持って、極めていかなければいけませんから、当たり前体操なのです。

今日は、いつもと違った勉強が出来ました。
毎日の社会勉強、本当にありがたいです。
問題児ちゃんに「(私の仕事を見て)本当にプロみたい」と言われましたが、
「あなたが先輩なんですから、私よりもっと出来て当然ですよ。私は全然です。」と
申しました。実際、かなり先輩な訳ですし、そうでなくては困りますから。

明日、明後日も仕事です。頑張ろうっと。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-10-03 22:52 | おしごと | Comments(0)