みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
今日は先週購入した雑誌をご紹介します♪

日経 Health (ヘルス) 2014年 08月号

日経BP社



日経 Health (ヘルス) 2014年 08月号HP←クリック♪

今月号は「骨盤ヨガ♡ストレッチバンド」の付録つきで、700円です。

柔軟性が高い事だけが自慢だった、私の体。
後ろで両手を簡単に組めたのは、昔の話。
肩甲骨周辺が凝り固まってる…。もう片方が組めても、もう片方が組めない現状。

ここでさすがに奮起一転。
先週より約1週間続けております。「骨盤ヨガ」を。
腹筋がなくて、全身が超バイブ状態になっても1分キープをしてみたり、
苦痛だと思う「骨盤ヨガ」も、iPadで好きな曲を流して、耐え忍び、
最初は苦痛に感じていた動きも、心地良い疲労感に代わってきました。

何より、やや便秘気味だったお腹の調子が、大変良くなりました。

「骨盤ヨガ」も勿論良いのですが、それ以外の情報も非常に参考になるので、
宜しかったら手にしてみて下さい。
ちなみに私は、寝る前の30分間は「骨盤ヨガ」の時間にしております。
[PR]
by jyubon | 2014-07-14 23:09 | ほん | Comments(1)

好きっていいなよ

みなさん、こんばんは。台風一過の後、今朝は地震と地震中に鳴るメール音、
更には津波注意報のけたたましいサイレンで完全に早い朝を迎えました。
何事もなく一安心。そんな中、トキメキを求め見た映画をご紹介します♪

映画「好きっていいなよ」HP←クリック♪

この映画は2014.7.12~全国公開されております。
コミック「好きっていいなよ」の実写版です。

小学生の頃、イジメに遭って以来、友達も彼氏もいないヒロインが、
同じクラスの男子に悪戯をされて、その男子の隣にいた学校イチのモテ男を回し蹴り!
そこから、モテ男がヒロインに心奪われ、物語が展開していきます。

恋愛はおろか、友情も知らなかった女の子が、少しずつ前へ前へ踏み出して、
トキメキを知り、恋をして、嫉妬を覚え、友情も育めるようになっていきます。

キスシーンが多々ありますが、色々な意味のあるキスを表現していく様は、
「高校生で、そこまで経験値があるってこと?私よりキスに詳しいんじゃねぇ?」
等と心の中で突っ込みたくなりつつ、キュンキュンしながら見ておりました。

男の子目線で見ても、男子の心理描写も描かれているので、見応えがあると思います。

若いカップルだらけでしたよ。お隣さんもカップル。
隣がおばちゃんでごめんね、ごめんねぇ~って感じでした。

お隣さんのカップルはおりこうさんでした。
でも通路挟んで隣のカップルはマナー違反でしたね。
感想は映画を見終えてから、二人の時間にどうぞって感じでしたよ。
家でDVD見ている訳ではないのですから。公共の場である事をお忘れなく。

ただ、私もヒロインの母親役が渡辺満里奈で、驚きのあまり「満里奈ちゃん」と
声が出そうになりました(汗)
満里奈ちゃんが高校生のお母さん役なんて…。
♪もう一度 マリーナの恋~ と「マリーナの夏」を歌っていたのは30年くらい前なのか…。
早いわぁ。

コミックの実写版で、高校生の恋愛ものと言えば「君に届け」「潔く柔く」が
記憶に新しいですが、また違った内容でキュンキュンします。
コミックも更にキュンキュンして、ほろりと涙もしますので、おススメです。

来週から夏休み。若者でない人も、「花子とアン」風に言うと、パルピテーションを感じる
そんな映画でございます。宜しかったらご覧下さいませ。おきげんよう、さようなら。
[PR]
by jyubon | 2014-07-12 23:48 | えいが | Comments(2)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
昨日のaikoライブの余韻に浸っております。
そんなaikoの最新アルバムをご紹介します♪

泡のような愛だった (特典CD付通常仕様盤)

aiko / ポニーキャニオン


01.明日の歌
02.染まる夢
03.Loveletter
04.あなたを連れて
05.距離
06.サイダー
07.4月の雨
08.遊園地
09.透明ドロップ
10.君の隣
11.大切な人
12.キスの息
13.卒業式

このアルバムは2014.5.28に発売されました。先月からレンタルも開始しております。
今回は、歌詞が大人な感じがする曲もチラホラ。

私が好きな曲は、「明日の歌」「染まる夢」「Loveletter」「君の隣」
中でも一番好きなのは「染まる夢」かな?テンポと歌詞の内容が好きです。

以前のaikoの曲の傾向として、20~30代独身女性に向けた歌詞の内容だったのが、
今回は等身大の内容で、未婚既婚問わずに共感できる歌詞が、随所に散りばめられてます。

時に熱く静かに迫る女性だったり、儚い恋だったり、歴代の彼に嫌味を言ってみたり、
純愛だけのくくりに当てはまらない女性の姿があります。
是非、お聞き下さいませ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2014-07-11 00:50 | おんがく | Comments(0)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
aikoのライブに行ってきました。

約2年ぶりのライブ。aikoは28歳で年が止まってるって言ってたけど、
秋に39歳になるとは思えない若さと元気とはつらつさに満ち溢れておりました。
常に感謝し続ける姿勢に感服いたしました。

視力2.0のaikoの視界に確実に入っていた私達。
仙台サンプラザホールは、アーティストの間でも「小さな武道館」と言われている場所。
ステージから観客の顔がよく見えるのだそうです。
そんな中、視力2.0のaikoさん。2F席の最前列だった私達が見えないハズはない。
確実に目が合いました。(旦那さんにはバカにされますけど…)

ファンクラブに入会していた友達に感謝。aikoに感謝。
会場のみなさんにも感謝。

でもフレンドリーと、馴れ合いは違うよなぁと感じる場面もあったりしましたが、
アンコールを待つ間、「aiko aiko」と男子顔負けの低音ボイスで連呼していると、
後ろの席の若い娘さん達が「大丈夫?無理してない?」的な発言をしていて、
あまりの低い声での声援に、ノドを潰しているのに無理してると思われたのですかね、
何だかうれしさがこみ上げながら「aiko aiko」と連呼してました(笑)

私の本音は、
「こんなオバちゃんの心配してくれてありがとう。あまりの声量に驚いた?
オバちゃんは、ノド潰してないのよ。腹式呼吸してるから。普段から大声だから平気よ。
ご心配して下さってありがとうね。」って感じでした。
aikoに届いていれば、それで良いのです。そして届いていると信じて疑っておりませぬ。


セットリストは後にして、感想は、おなかがいっぱい。
懐かしいナンバーが聞けて、20代半ばの頃に戻りました。
無意識に笑顔になって、口角もほっぺたも重力に逆らって上向きになるのですね。
恐るべしaikoマジック!!!

即興も良かったですよ。切ないナンバーで。
タイトルは「なすびとにんにくと玉ねぎ」。「部屋とYシャツと私」的なネーミング。
でも超ラブストーリーなのです。
会場の6人に1つずつお題を言わせて、それを取り入れた曲を即興で仕上げるaiko。
もし私が当てられたら「骨盤ヨガ」か「万歩計」と言うつもりでした(笑)

実際採用されたのは、「卒業設計」「玉ねぎ」「子供が生まれたよ」「萩の月」
「バスケ」「実印失くしました」の6ワード。
これで学生結婚した2人に子供が生まれて、小坂明子の「あなた」を彷彿とさせる
素敵なお家を建てる話が出来上がりました。
オチは、婚姻届を書いてから「実印を失くしてしまったの」でした(笑)

セットリストは、多分こんな感じ?
[PR]
by jyubon | 2014-07-10 23:44 | らいぶ | Comments(2)

そして父になる

大変ご無沙汰しておりました。じゅぼんです。
何とか元気に生きております。相変わらずコミックからパワーをもらって生きてます。
さて今日は映画をご紹介します♪

そして父になる DVDスタンダード・エディション

アミューズソフトエンタテインメント



2013年公開。2014.6.23~レンタル開始になってます。

子供の取り違えを題材にした内容で、福山雅治さんが父親役でも話題になりました。

泣けるであろう内容で、安易にレンタルして観るにも、心づもりが必要な気がして
中々レンタルできないでいました。

そんな矢先、元同僚の50代の奥様から今朝「映画見ない?」と誘いが。
地元の会館で無料で見れるチケットが手に入ったからという理由。
即決して、久々の再会も味わう時間なく映画開始。

観客層が60~70代が多く、笑える場面で結構大声で笑っていたり、
アットホームな映画鑑賞でしたが、やはり親になっている人は、みなさん泣いてました。
親になったことがない私ですら泣きましたから。

時間、絆、情、見えないもので繋がっている関係は、
崩しがたく、割り切れるものでもなく、色々考えさせられました。

母親と子供。父親と子供。
何が正解で何が不正解かなんて、ありませんが、十人十色の関わり方があって、
その積み重ねで家族という関係を築いていくのだと思いました。

久々の仲間と観て、そのあとお茶して、実りある話をして、
やはり「人の縁には意味がある」という結論で帰ってきました。
今日この映画を見た意味も、彼女と再会した意味も、全て意味がある。
そんな気持ちで、今日はこの辺で。
[PR]
by jyubon | 2014-07-06 22:37 | えいが | Comments(0)