きみに読む物語

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けでした。
明けで帰ってきても、旦那さんは熟睡状態で…。多分長距離運転が疲れたのだと思います。
更に、一瞬起きましたが、そのうち私も寝てしまい、両足が一気にツッて、目が覚めました(笑)
今日は、旦那さんがいない夜に見ていたDVDをご紹介します。

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

ハピネット


この映画は、2004年に公開されたものです。
ニコラス・スパークスと言う方が書かれた、小説「きみに読む物語」の映画化されたものです。
このニコラスさんって、「メッセージ・イン・ア・ボトル」の原作の方だったんですね。凄いですね。

さて本題。この物語は、認知症の老女に、同世代の老人(男性)が、
ある恋愛物語を読み聞かせる所から始まります。物語の時代は1940年代。

そして1940年代に、良家のお嬢様が別荘に来ていた所、地元の青年がお嬢様に熱を上げ、
アタックしまくって、意気投合。二人は付き合うことに。
熱い二人はよくケンカをしますが、すぐキスをして仲直り。そんなことを繰り返しながら過ごしていました。
そんな矢先、彼女一家はニューヨークへ行くことになります。

せっかく恋に落ちた二人を大人は無情にも引き裂こうとします。
身分の違い。しかも時代は1940年代。現代とは違うから、携帯もない時代。
彼女は別れる気はなく、でも彼は身を引こうとした。だけど彼女への愛は募る一方。
彼は毎日毎日手紙を書きました。。365日、彼女への手紙を毎日休まず書きました。
でも彼女に届くことはなかった。何故ならば、彼女の母親が彼女に読ませなかったのだ。


話はまだまだ続きますが、この話を老人が、認知症の老女に話終える頃、彼女はこう言います。
「この話、私のことよね?私達のことよね?」と。
この恋愛物語は、認知症になる前、彼女自身が書いたもの。彼女の名前はアリー。彼の名前はノア。
でも彼女は「私どれくら忘れたの?まだ記憶があるうちに、一緒に死ねないかしら?」
そして彼女達は…。


熱い熱い、短い短い、ひと夏の恋。一所懸命だった、ひと夏の恋。
その恋が、彼らの運命をここまで切り開くとは、凄い。
待っていた彼も凄いが、そんな彼にやはり惹かれていた彼女も可愛い。
激しい口づけ、抱擁、むさぼり。その先にあったのは、確かな愛。純粋な愛。キラキラした愛。
涙して見れないとありましたが、確かに泣いてしまいました。

読書の秋ですし、読み聞かせつながりで、秋にこの物語を見るのもいいのではないでしょうか?
オススメです。

さて、明日は親の結婚記念日。35周年って「何婚」なんでしょうね?
あと15年で「金婚式」。頑張れ、両親。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2009-09-22 17:16 | DVD