シカゴ

みなさん、おはようございます。今日は日勤のじゅぼんです。
昨日は全く寝ないで早番をしたので、仕事を終えて帰宅したら速攻寝ておりました。
更に夕食食べても大好きな「アメトーク」も録画しないと無理な程眠くて…。
寝る前に本を読んでたら、電気をつけっ放しで寝てまして…。しかも旦那さんまでも…。反エコ(涙)
さて昨日朝方に見たDVDを今日はご紹介します。

シカゴ [DVD]

ハピネット


この映画は2002年に公開されたものです。
ミュージカル「シカゴ」を映画化したもので、この手の映画でアカデミー賞を初めて受賞したような
そんな気がします。

ずっと気になっていたものの、中々見る機会を失っておりまして、やっと見ました。
これもTSUTAYAの「名作100選」で100円でレンタルしました。ウフ。

ジャズダンスのショーを見て憧れてる主婦が、口利きがあるという男と恋に落ちて、
旦那さんが14時間労働をしている中、不倫します。
でもその相手が口利きがある訳でなく、ただの寝たい口実だと解った瞬間、彼女は射殺してしまいます。
そして牢獄へ。

牢獄へ入った瞬間、ミュージカルが始まります。
最初訳が解らなかったのですが、徐々に慣れていきます。
看守に賄賂を渡して、色々してもらって、無罪確実な弁護士を調達してもらいます。
そしてマスコミを巻き込んで、自分を悲劇のヒロインに仕立て上げていきます。
そして判決へ…。

牢獄の中の上下関係、ありえないようで、ありえそうな内容でした。
本当は笑ったりしてはいけない、牢獄と言う場所なのですが、滑稽でした。
いつもは甘いイイ男のイメージのリチャード・ギアが、金さえ積めば、無罪の弁護をしてくれる弁護士役。
彼も歌って踊ってて、いい意味でイメージが変わりました。

あんなに歌って踊れたら気持ちいいんだろうなぁと思いながら見てました。
最後は気持ちよく終わります。1920年代のお話。気分転換に見るにはいい映画だと思います。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2009-09-25 05:37 | DVD