クリスマスの約束2009

みなさん、おはようございます。今日は休みのじゅぼんです。
風邪は良くなりましたが、昨日夜勤明けで殆ど寝ないで、夜会議だったので、睡眠不足です。
睡眠不足の理由はもうひとつあります。それはこちら…。

クリスマスの約束2009←クリック♪

これを見ていたからです(笑)
今年は毎年のように数組のアーティストとコラボするというものでなく、
計20組のアーティストの曲を全20組のアーティストと、
1コーラスずつ組み合わせて歌うと言うものでした。

小田和正さんの思い描いているもの。他のアーティストととのズレ。
そして創りあげていく様。どんどん小田さんが思い描いていた世界観に近づき、
いよいよ本番。

アーティスト自身も「超感動すると思う」と言っていましたが、
会場のお客さんが「キャ~」と言ったり、感動して泣いていたりする姿を見て泣いて…。
更に、中村中ちゃんの「友達の詩」では、やはり感極まって泣いてしまいました。

22'50"

やり終えたアーティストの皆さんは、誰よりも達成感と感動で胸がいっぱいのようでした。
それ以上に小田さんは、その気持ちを味わっていたのだと思います。
泣いた小田和正を初めてみました。言葉にならない小田和正を初めて見ました。
この気持ちを言いたくないと言った、小田さんの言葉が全てのように思いました。

小田さん世代の山本潤子さんも「小田クンの涙を見たのは2回目」とおっしゃっていましたし、
財津和夫さんも「自分の加齢臭大丈夫かなぁと思ってた」とか、
「こんなに若い人達とすることが何十年ぶりだし、仲良くなれて楽しかった」とか
おっしゃっておりました。

更に他のアーティスト達も感動を語っていました。
私的には、小田さんが「いきものがかり」のvoの子を「聖恵ちゃん」と呼んでるのが
ツボでした。優しいパパと朗らかで可愛い娘のように写りました。

そして最後、全20組で小田さんの「たしかなもの」をユニゾンで歌って終わりました。
歌いながら感動して泣いてるアーティスト達を見て、本当にいいものを見せてもらった
と言う気持ちでいっぱいです。

あの「22'50"」は完全保存版だと思います。
小田和正さん、そして参加された全アーティストの皆さん、本当に素敵な時間をありがとう。

今日はもう一度↑の映像を見て、Mステライブを見て、
「人志松本のすべらない話」を録画して、吉川晃司さんのライブに向かいたいと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2009-12-26 09:09 | てれび