江 姫たちの戦国   暁 かおり

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
久しぶりにカラオケに行きました。絶不調でしたが、楽しかったです。
遠出はいいですね。明日は買い物に出かけます!
さて今日は、遠出する前にTSUTAYAでレンタルしたマンガをご紹介♪

江 姫たちの戦国(1) (KCデラックス)

暁 かおり / 講談社


このマンガは、2010.12.20に発売されております。

今月から始まった大河ドラマの原作を基に、マンガで描かれております。
非常に読みやすく、分かりやすい内容になっております。

1巻では、現在の大河ドラマよりも、内容が先に行っておりますが、
非常に気の強い女子として江は描かれております。

今回はガイドブックを買わないでいるのですが、結構毎週見ていると欲しくなりますね。
父にも読み終わったら上げればいいですし…。

大河ドラマの影響でしょう。新書でも「江」の著書が多く出ております。
でもまだ1冊も買っていないですし、読んでもおりません。
そのうち「読みたい!」と思えたら、買ってでも読もうかと思います。

その前にワンクッションとして、このマンガを読めたことはラッキーでした。
大河ドラマ同様、このマンガも追い続けていこうと思います。

生きることは女の戦い。

織田信長の妹であり、茶々、初、江の母親である、お市の方が言う言葉です。
生き抜くことの大変さは、戦国時代に比べたら容易かもしれませんが、
ある意味容易でない部分もあったりする訳です。

自分らしく行きぬく江の姿を見て、自分も自分の生活を省みることが出来たらと思います。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-01-31 23:15 | まんが