東日本大震災 被災

2011.3.11(金) 14:46

今までに体験したことのない地震を体験した。
日勤業務だった私は、悠長に先生に臨時薬の処方箋を書いてもらっている最中で、
「先生、揺れますね」などと、のんびりした会話をしていた。

地震に慣れていたし、別にそのうち止まるでしょ?と安易に考えていたけど、
中々止まらないし、自家発電に切り替わって、警報アラームが鳴って、
施設内騒然とした。

避難経路を確保しようと扉を開けて、点呼を取ろうと思ったが、
走るのもままならず、立っていられず、車椅子の利用者と座り込んだ。
職員も「○○○さん、私も怖いです」と利用者と一緒に怖がっている。

私はそれでも怖いと言うより、全員の安否が優先で、全員無事だと分かり一安心。
それから避難するべきか否や、情報を待った。
結局、全員2Fへ避難して、一般棟、認知棟関係なく、排泄面での区別を付けて、
停電の中、ベッドの移動をして、ひたすら寝せて、終わったように思う。

この時、地震の津波が凄かったと話で聞いただけで、みんなの家が流されたりしている
だなんて想像もつかなかった。

私は子供もいないし、旦那さんから地震直後にメールが届いていたので、
旦那さんが無事であると思い、私は仕事に没頭した。
仕事を終え、帰ろうとしたら、旦那さんが職場に来た。
そして一緒に帰宅した。

家の中は思ったより被害がなく、TVやPCやラックが倒れていた程度で、
水槽の水はこぼれていたが、「ふぐこ」は無事で、ヤツの生命力の強さを感じた。

そして両親の捜索が始まった。
避難所にいるはずだと信じていたが、全部の避難所を探してもいなかった。
それよりも、道路に船や車が散乱している状況に絶句してしまった。

両親の安否はわからないまま、3/11は帰宅して、床に就いた。
[PR]
by jyubon | 2011-03-11 23:46 | 東日本大震災