3週間ぶりの入浴。

昨日から、震災後初めて入浴を開始し始めた。
人手も少しずつ増えて、いないなりに休日返上で、ひとまず始めた。
1日15人程度。10日未満で終わる計算だ。それまでは休日返上。

今日の入浴メンバーは約3週間ぶりに入浴した認知症女性利用者。
1回の洗髪では泡立たない。2回目でやっと泡立つ。
入念に丹念に体も洗い、本人好みのお湯の温度で入浴をする。
普段、流れ作業で入浴気分を味わう暇なく介助をしているので、
今日のように、ゆったりと介助できたことは、お互いにプラスになった。

事故もなく、みんな美しくなった。
髪の毛はサラサラ。カサカサ肌も温かくなった。
チアノーゼ気味(冷たくて紫色になっている皮膚状態)の足も血行が良くなって良い色に。

久しぶりの入浴介助も本当に楽しくて、被災ムードを払拭できた。
これからも介助に加われるときはやりたいと思う。

これからは、この少ない人数で当たり前の事をいかにこなしていくかが問題。
その問題を1つ1つずつ解消していけたら、人員も気づいたら増えているのかもしれない。

そんな中、嬉しいことが…。
今年初め、東京浅草の甥っ子さんの所に退所していった利用者さんの家族から
「職員の皆様へ お疲れのない様にして下さい!」と言うメッセージを書いて
オムツ1箱、パット1箱、紙パンツ1箱の贈り物があったのだ!
オムツ庫(オムツを保管している倉庫)で介護職の職員と2人泣きそうになった。
そのコメントが書かれたダンボールを切って、ナースステーションのホワイトボードに
立てかけておいた。こんな有難いメッセージはない。

更に更に…このブログの記事を書いている最中に、宅急便が届いた。
独身時代働いていた同僚の子から、大きなダンボールで届いた品は、
夜勤で差し入れがあったら嬉しい品々が盛り沢山で、本当にビックリ!
このブログを読んで、自宅に宅急便が届くようになったのを知って、送ってくれたそうだ。

お礼の電話をして、10年近くぶりに話をして、懐かしくてテンションMAX!
もう思いがけない出来事で、仕事の疲れも、被災の疲れも一気に吹き飛びました。
本当に言葉に言っても言い表せなくくらいに感謝です。
この場を借りて、本当に本当にありがとうございます。
いつかそちらに伺って、盛り沢山なお土産話をしたいと思います。
いただいた品は、夜勤で小出しに持っていって、夜勤の疲れを癒そうと思います。

先日、職場の薬剤師先生と「人って大事にしなきゃダメだよね」って話をしてました。
普段から人付き合いを怠らなければ、困っている時に助けてもらったり、
声をかけてもらったりしてもらえる。
今回の被災で先生もそう感じたって話してみえました。
先生もお兄さんが津波にのまれて、先日見つかって、今日火葬されました。
そんな時に「家がなければ家に来い!」と言ってくれる友人がいたことに感謝したそうです。
私も人付き合いを大事にしなきゃと思った矢先にサプライズで、本当にそう思いました。

私が住んでいる市は、随分活気付いてきました。
スーパーも大体普段行く所は、時間制限などあったりしますが、開いてきました。
ローソンも開きました。開いてることが嬉しいのです。
自衛隊の災害派遣の大きな車ばかり行きかっていた道路も、
一般車両が沢山行きかうようになりました。
復興の兆しが確実に一歩ずつ見えてきている証拠だと思います。
皆さんの熱い想いに感謝。遠くから見守ってくれている人達の想いに感謝。

もうじき4月。
春はお別れの季節だと、おニャン子クラブが歌っていたけど、こんなお別れはもう沢山です。
遺体で見つかった元同僚が今日火葬されました。
骨になった彼女にも仕事で対面出来なかったけど、心から冥福を祈るばかりです。

今日は懐かしい声を聞け、大きな喜びを得て、想いをいただき、
心から感謝しつつ、寂しいお別れを自分の中でした1日でした。
[PR]
by jyubon | 2011-03-29 18:26 | 東日本大震災