震災から半年が過ぎて

みなさん、こんにちは。今日は夜勤のじゅぼんです。
先週から全く更新が出来ずにすみません。ネタ不足もありますが、色々バタバタしてました。

9/11 東日本大震災から半年が経過しました。
各局特番がやっておりました。ブルーレイのHDDに録画したものの、まだ見れておりません。
あっという間の半年で、「あの頃は…」と色々考えさせられる日でもありました。

9/12 東日本大震災で津波の被害にあった子の葬儀に参列してきました。
既に3/29に火葬は済んでおり、葬儀と納骨だけでした。

頭では理解しているのですが、焼香をすると、泣けて泣けて…。
心で理解していないと、理解したくないと痛感させられました。

その子は、今の職場で開設当初から数年、一緒に働いてた子でした。
出会った時は、20代前半だった彼女も、今月で30歳の誕生日を迎えるはずでした。
彼女のお父さんは「悔しい思いだけです」と述べておられました。

ただ彼女のお別れ会と言う場ではありましたが、元同僚達と久々に再会できたのは、
彼女のおかげ以外何者でもありませんでした。
そしてあれだけの面子が偶然にも休みや夜勤明け等で、参列出来たのも、
彼女の人徳だったと思います。

9/13 前日の葬儀を経て、前向きに頑張ろうと思っていたのですが、
あまりの忙しさに、両手を挙げて「降参!」と言いたい状況でした。

でも肩書きもついてしまいましたし、自分が諦めないで働かなければいけません。
8時過ぎに出勤して20時近くまで約半日働いて、クタクタでしたが、
私以上に旦那さんが片道3時間の道のりの場所から帰宅している最中と知り、
ムチを打って、夕飯の準備に取り掛かりました。

そんな時に、知らない番号から電話が…。そしたら主任でした(笑)

男衆5人で飲み会をしていたようで、酔っ払いの5人と電話で会話しながら、
夕飯の支度や台所の片づけをして、気分良く飲んでいる奴らを、
現実の谷底に突き落としておきました(笑)
ただ、人を介してではありますが、色々肩書きがついている者同士で語れたので
良かったように思います。

9/14 珍しく日勤2日連続。
職員だけでなく、利用者にも「泊まりでないの?」と言われる始末(笑)
仕事は無事にほぼ定時に終われて、旦那さんも同じくらいに帰宅しました。

そして10/14~10/17まで岐阜に帰省する事を決めました。


震災から半年。
福島県内では「風とロック」と言う音楽フェスが昨日から始まりました。
相馬には18日。でも私達夫婦は17日の郡山に参戦してきます。
楽しんで、泣いて、笑って来ようと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-09-15 13:10 | 東日本大震災